99式自走155mmりゅう弾砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
99式自走155mmりゅう弾砲
99式自走155mmりゅう弾砲 (8464256105).jpg
性能諸元
全長 11.3m
全幅 3.2m
全高 4.3m(積載状態)
重量 40.0t
速度 49.6km/h
行動距離 300km
主砲 52口径155mm榴弾砲 ×1
副武装 12.7mm重機関銃M2 ×1
エンジン 三菱6SY31WA
4ストローク直列6気筒液冷ディーゼル
600hp
乗員 4名
テンプレートを表示

99式自走155mmりゅう弾砲(きゅうきゅうしきじそう155ミリりゅうだんほう)は、日本陸上自衛隊75式自走155mmりゅう弾砲の後継として開発した自走榴弾砲である。

防衛省は広報向け愛称を「ロングノーズ」、略称を99HSPとしており、配備部隊内では99式15榴SPとも通称される。

開発[編集]

1985年(昭和60年)から、75式自走155mmりゅう弾砲の後継として研究開発が開始された。当初は75式の砲身長(30口径)を、39口径に換装することを検討していた。しかし、射撃管制装置の更新などの要求が出たために、車体も1987年(昭和62年)度から89式装甲戦闘車をベースに新規開発される事となり、車体は三菱重工業主砲砲塔日本製鋼所が開発を担当した。

1992年(平成4年)度までに、50数億円を費やし部分試作を完了し[1]1994年(平成6年)度には装備化を前提とした開発に移行。

1996年(平成8年)度までに技術試験、1998年(平成10年)度までに実用試験を完了させ[2]1999年(平成11年)度に教育部隊向けの4両を皮切りに調達が開始された[1]

設計[編集]

車体[編集]

側面より

75式自走155mmりゅう弾砲の後継車両であり、車体は89式装甲戦闘車の車体を流用し、転輪を上下各1つ加えて延長している。車体前部の右側に操縦席があり、3基のペリスコープが備えられている。その左側には機関室が配置されており、89式と同じディーゼルエンジンを搭載する[1]

機関室の上面は、排気口と給油口になっている。車体後部は戦闘室となっており、その上に日本製鋼所が製作した大型の箱型砲塔が載る。砲塔はアルミ合金[1]で、上面左右に昇降用ハッチがあるが、側面にも左右2枚ずつの扉を有する。

砲塔の配置は、右側に前から砲手車長が座り、左側に装填手が座る。砲塔後部のパネルはボルト留めになっており、自動装填装置の整備時には取外すことができる[2]

兵装[編集]

主砲には砲固定アームが2組付いており、駐退復座機構の油圧を制御することで、砲身を後座して格納した状態にすることが可能になっている。口径は、75式自走155mmりゅう弾砲と同じ155mmで、砲身長は30口径から52口径に延長され、最大射程は約30kmと75式の1.5倍以上に延びている。長射程弾(ベースブリード弾)使用時の最大射程は約40km。一時は、散布式の子弾を有する03式155mmりゅう弾砲用多目的弾を国内開発し[3]、配備されていた[4]。子弾は成形炸薬であり、軽装甲車両に対する攻撃力も有し[5][6][7]、被害範囲は100m四方とされている[4]クラスター弾に関する条約に抵触するため[7]、廃棄が進められている。

自動装填式であるが、装填は任意の角度で行うことができ、主砲を一定の角度に戻して装填する必要があった75式に比べて、迅速な装填を可能にしている[1]。さらに、砲弾のみ自動装填であった75式に対し、砲弾と共にユニ・チャージ式の装薬も自動で装填され、最大で毎分6発以上、3分間で18発以上の発射速度を有する。

アメリカ陸軍自走榴弾砲であるM109A6は、機械的な補助はあるものの砲弾、装薬火管の装填がすべて手動であり[8]、99式は技術的に進んでいるといえる。特に装薬の装填も自動化した自走榴弾砲は世界的にも珍しく、ドイツPzH2000[9]イギリスAS-90でも実用化には至っていない。

また、砲塔右後部のハッチ前に、本車への給弾専用に開発された99式弾薬給弾車を連結することで、自動で弾薬を補給し、継続的な発射速度を向上させる事ができる[2]。照準は、砲手席のパノラマ式照準器でも行なうことができる。射撃管制装置は、野戦特科射撃指揮装置(FADAC)にデータリンク対応しており、さらに高度な機能として、射撃指揮所の遠隔操作による自動標定、自動照準、自動装填、自動発射が可能とされる[10]

このほか、自衛用として、砲手ハッチに12.7mm重機関銃M2を1丁装備する。

配備[編集]

高性能だが、一両あたりの調達価格が9億6,000万円と高額なため、年間の調達数は数両に留まっている[10]。調達した車両のうち2両が2001年(平成13年)に発生した貨物船の沈没事故で海没している。現在は第7師団第7特科連隊に配備が進められており、第2師団第2特科連隊第1、第2大隊など、北海道特科部隊に配備され続けると予測されている[1]。なお、平成25年度をもって北海道内での換装を終了し、全ての師団等特科部隊は99式を装備運用している。

ただし、「平成23年度以降に係る防衛計画の大綱について」(22大綱)において火砲の定数が400門に削減され、「平成26年度以降に係る防衛計画の大綱について」(25大綱)では、300門に削減されたため、全ての75式を更新するほどの生産は行なわれない模様である[1][11]

土浦駐屯地に展示されている試作車
99式自走155mmりゅう弾砲の調達数[12][13][14]
予算計上年度 調達数 予算計上年度 調達数 予算計上年度 調達数
平成11年度(1999年) 4両 平成18年度(2006年) 7両 平成25年度(2013年) 6両
平成12年度(2000年) 7両 平成19年度(2007年) 8両 平成26年度(2014年) 6両
平成13年度(2001年) 6両 平成20年度(2008年) 8両
平成14年度(2002年) 7両 平成21年度(2009年) 8両
平成15年度(2003年) 8両 平成22年度(2010年) 9両
平成16年度(2004年) 8両 平成23年度(2011年) 6両
平成17年度(2005年) 7両 平成24年度(2012年) 6両 合計 111両

配備部隊[編集]

JGSDF Director Directly Controled Unit.svg武器学校 JGSDF Director Directly Controled Unit.svg富士学校

JGSDF Northern Army.svg北部方面隊

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『2010陸海空自衛隊最新装備 JSDFニューウェポン・カタログ』 『』新春2月特別号別冊付録 潮書房 2010年
  2. ^ a b c 日本兵器研究会 編『世界の装軌装甲車カタログ』アリアドネ企画 ISBN 4-384-02660-9 2001年
  3. ^ 装備品等の技術研究開発に係る課題について 平成20年1月 防衛省資料
  4. ^ a b 陸上自衛隊特科火砲史 荒木雅也 スピアヘッドNo.10 P28-43 アルゴノート社
  5. ^ 平成14年度 政策評価書(事後の事業評価)155mmりゅう弾砲用多目的弾
  6. ^ 平成14年度 政策評価書(事後の事業評価)155mmりゅう弾砲用多目的弾 別紙
  7. ^ a b クラスター弾の軍事的有用性と問題点―兵器の性能、過去の使用例、自衛隊による運用シナリオ― 国立国会図書館レファレンス2007-09 福田毅
  8. ^ 8 round mission at Ft.Sill(youtube)
  9. ^ Panzerhaubitze 2000 - Kurzfilm(youtube)
  10. ^ a b 田中義夫 編『戦車名鑑 1946~2002 現用編』光栄 ISBN 4-87719-927-6 2002年
  11. ^ このため、当該自走砲を装備予定の北海道内の各特科連隊(特科隊)では射撃大隊及び中隊の整理を行い、これまで1個特科大隊につき3個射撃中隊を保有し全般支援を行う5大隊は4個射撃中隊編成であったのを、基本的に特科連隊の隷下大隊は2個射撃中隊、特科隊は直轄の3個射撃中隊で運用する方式に変更となり、全国的にも最大級の中隊(5個射撃大隊16個射撃中隊)数を持っていた第2特科連隊も整理縮小し5個射撃大隊11個射撃中隊へ整理縮小となっている。また第5特科隊も射撃中隊を1個廃止した他に、11特科隊も99式に換装の際に中隊内の射撃班を整理縮小している。第7特科連隊も本装備に換装する以前に連隊を改編し1個射撃大隊を整理統廃合している(旧4大隊と旧5大隊を統合し4大隊を再編成)
  12. ^ JapanDefense.com
  13. ^ 防衛白書の検索
  14. ^ 防衛省 予算などの概要

参考文献[編集]

関連項目[編集]

同世代の自走砲

外部リンク[編集]

  • 99式 - YouTube貴重映像 99式自走155mm 75式自走155mm M110A2 自走203mm