AML装甲車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AML装甲車
Panhard-AML-90-latrun-2.jpg
イスラエルの博物館に展示されているAML 90
基礎データ
全長 4.15m
全幅 1.97m
全高 2.07m
重量 5.5t
乗員数 3名
装甲・武装
主武装 60mm後装式迫撃砲(AML 60)
GIAT F1 90mmカノン砲(AML 90)
副武装 NF-1 7.62mm機関銃
12.7mm重機関銃M2
機動力
速度 90km/h
エンジン パナールModel 4HD 4気筒空冷ガソリン
90hp
懸架・駆動 4×4
行動距離 600km
テンプレートを表示

AML装甲車フランス語l'AutoMitrailleuse Légère)は、フランスパナールPanhard)社で設計された4輪の装輪装甲車偵察戦闘車である(パナールにおける社内コードはAML 245)。

機動性が高いためにAML 60/90共に迅速な偵察行動と火力支援が可能であり、高性能な無線機を装備し、夜間作戦時には暗視装置の装備も可能であった。

開発と概要[編集]

1950年代フランス軍偵察任務にイギリス製のフェレット装甲車を装備していたが、機関銃1挺のみという貧弱な武装ゆえに威力偵察を行うのに難点が多かったため独自に偵察用装甲車の開発を行うことを決定し、パナール社は1960年にAML装甲車の開発を開始した。

AML装甲車はフランス軍に制式採用された上に、輸出においても30ヶ国以上で4,000両以上が導入されるという大成功を収めた。さらに、南アフリカEland 60/90として1,300両がライセンス生産された。

フランス軍ではEBR装甲車よりも小型軽量である点を買われて空挺部隊や山岳部隊、海外駐屯部隊などに配備されていたが、1970年代末から新型のERC 90 Sagaieに更新されて退役した。

派生型[編集]

AML装甲車の派生型は、基本的に武装の違いだけであり、車体の構成(前部に操縦士砲塔車長砲手が乗り込み、左右に昇降用ドア、後部にエンジン)は共通である。

AML 60
60mm迫撃砲と2挺の7.62mm機関銃を装備。
AML 60 HE60-7
60mm迫撃砲と2挺の12.7mm重機関銃を装備。
AML 60 HE60-12
60mm迫撃砲と1挺の12.7mm重機関銃を装備。
AML 60 HE60-20
60mm迫撃砲と1門の20mm機関砲を装備
AML 60 S530
2門の20mm機関砲を装備した自走式対空砲ベネズエラで運用された。
AML 90
主武装に90mmカノン砲を装備。
AML 90 Lynx
GIAT F1 90mmカノン砲を搭載したイスパノ・スイザ社製の砲塔を装備した派生型で、暗視装置とレーザー測距儀を装備している。
AML 20
比較的最近開発された派生形。AML 60の砲塔を搭載しており、60mm迫撃砲を20mm機関砲に換装している。アイルランド国防軍のみで運用されている。
Eland 60
AML 60 HE60-7相当の、南アフリカ製派生型。
Eland 90
AML 90 Lynx相当の、南アフリカ製派生型。
パナールM3(Panhard M3
AML装甲車の車体を流用した装甲兵員輸送車。部品の95%が共通であるため、調達維持費用の削減と共通の予備部品による整備性と稼働率の向上のためにAML装甲車とセットで購入する国が多かった。

運用国[編集]

ヨーロッパ
中央南アメリカ
アジア地域
アフリカ


実戦投入[編集]

AML 60/90は、以下の戦争や地域紛争で実戦投入された。

さらに、フランス軍もレバノン内戦やチャドの内戦への介入などで使用した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]