M18 (駆逐戦車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M18 ヘルキャット GMC
M18 Hellcat (2) Turanj.jpg
性能諸元
全長 6.66m砲身含む)
車体長 5.28m
全幅 2.87m
全高 2.56m
重量 17.7t
懸架方式 トーションバー方式
速度 80km/h
行動距離 161km
主砲 52口径76.2mm M1(45発)
副武装 12.7mm重機関銃M2×1(800発)
装甲 砲塔
防盾19mm、前面25.4mm
側・後面12.7mm
車体
前面12.7mm、側・後面12.7mm
エンジン コンチネンタルR-975-C1(後にC4)
空冷星型ガソリンエンジン
400馬力(後に460馬力)
乗員 5名
テンプレートを表示

M18(76mm Gun Motor Carriage M18:76mm自走砲車 M18)は、第二次世界大戦中に生産・使用されたアメリカ合衆国対戦車自走砲戦車駆逐車)である。

非公式の愛称は"ヘルキャット"(HallCat:性悪女の意)。

開発[編集]

アメリカ陸軍において対戦車戦闘を行う戦車駆逐大隊の装備として、M4中戦車のシャーシを流用し3インチ(76.2mm)砲を搭載したM10とはまた別に、より軽装甲で高速なヒット・エンド・ラン戦法向きな車輌の開発が進められていた。

当初予定されていた37mm砲は対戦車用途としてはもはや使い物にならないため、57mm砲を普通の戦車と同じ密閉型旋回砲塔に搭載し、クリスティー式サスペンションを持つ対戦車車両、T49 GMCが試作された。これは算盤の弾型のオープントップ砲塔に3インチ砲を搭載するT67 GMCに発展。さらに大幅な改良が加えられ、砲塔形状が変更されサスペンションをトーションバー式に、起動輪を後部から前部に移動したT70 GMCとなり、これが76mm GMC M18として制式化され、1943年7月-翌年10月までに、合計2,507輌がビュイック社によって生産された。

構成[編集]

車体[編集]

M18は圧延鋼板を溶接して組み上げた構造で、当時のアメリカ戦車のずんぐりしたスタイルとは異なる、戦後戦車風の洗練されたシルエットであった。エンジンM4およびM4A1と同じ空冷星型のコンチネンタルR975だが、ユニバーサルジョイントを介して伝導シャフトを床板に這わせ、また、エンジングリルだけを盛り上がった形状にしてスペースを確保し、車高を抑えている。更に車体後部を開き、ガイドレールに載ったエンジンを引き出すことができるなど、整備性も大変優れていた。

装甲が一番厚い砲塔前面部で1インチ(25.4mm)、他の部分でも0.5インチ(12.7mm)と薄く、重量は18t以下に抑えられ、これに加えトーションバー式サスペンションの性能もあって、路上最大速度80km/h という、第二次世界大戦装軌装甲戦闘車両としては世界最速を誇った。また、後のM24軽戦車同様に車体前部には操縦士と副操縦士が並んで座っており、どちらにも同じ操縦装置が設けられていた。

武装[編集]

射撃を行うM18
イタリア戦線での撮影
初期の生産車両で、主砲にマズルブレーキが装着されていない

M18の主砲である76mm M1A1、M1A1C、M1A2戦車砲(名称では76mmだが、正確には口径76.2mm)は、M4A1(76)-M4A3(76)中戦車に搭載されたものと同じで、おおむねドイツ軍7.5 cm KwK 40戦車砲7.5 cm PaK 40対戦車砲に匹敵する装甲貫徹性能を持ち、HVAP弾を用いることでより高い性能を発揮した。

M1A1CとM1A2には、後に装薬量が多く反動が大きいHVAP弾に対応するため砲口にダブルバッフル型のマズルブレーキが追加されたが、大戦中の車輌の多くには未装備のままであった。

また、敵戦車との遭遇率が下がるにつれ火力支援用に駆り出されたが、この任務においては76.2mm砲よりも榴弾炸薬量の多い75mm砲の方が有効であり、あまり適役とはいえなかった。この他にも砲塔上部のリングマウントに12.7mm機銃を搭載、現地改造で7.62mm機銃を砲塔右側に増設した車輌も確認できる。

運用[編集]

第二次世界大戦中の実戦参加[編集]

M18の実戦参加は1944年1月の、イタリアアンツィオ上陸作戦以降である。本車はドイツ軍軽戦車を改造して作ったような、即席の対戦車自走砲とは比較にならないほど完成度が高く、機動性もズバ抜けていたが、かつて米軍がチュニジアで遭遇し苦戦したティーガー重戦車は当然のこと、新たに遭遇したパンター中戦車に対しても、正面きって撃ち合うには力不足であった。また、見た目より装甲は貧弱であり、砲弾はおろか近距離(70m)ではライフル機関銃から放たれる7.92mmの鋼芯徹甲弾にすら貫通されてしまう有様だった。

更に、1944年のフィリピン戦や翌年の沖縄戦などの太平洋戦線でも実戦参加しているが、日本軍戦車に対してオーバーキルな攻撃力、小口径砲にも簡単に撃破される防御力はアンバランスであり、ほとんど支援砲撃用の自走砲として使われた。

M18は開発時の要求スペックどおり、戦場に急行し待ち伏せを行うのに適した性能を発揮し、また、完成度が高く兵器として扱いやすかったが、その本領を発揮できる場面が少なく、出現時期と活躍すべき戦場を誤ってしまった車輌といえる。しかし一方、バストーニュの戦いにおいて第705戦車駆逐大隊の4輌が、その機動性を生かして活躍したことも記録されている。

第二次世界大戦後の実戦参加[編集]

M18は大戦後、ユーゴスラビア連邦に供与された。これはイタリアの戦争映画『特攻大戦線』(Corbari)にドイツ戦車役で登場したり、中にはM18の砲塔T-55に載せた整備訓練用の戦車に改造されたものもあった。その後、連邦からの各共和国の独立を巡るユーゴスラビア紛争に実戦参加している。

台湾中華民国)にも供与され、その後M42対空自走砲の車体にM18の砲塔を搭載した合体車両が50両ほど製作され、「64式戦車(六四式輕戰車)」の名称で制式化されて装備されている。

派生型[編集]

90mm砲搭載試験型 スーパーヘルキャット(仮称)
90mm砲を持つM36系の砲塔をそのまま搭載した火力強化型。一見強力なドイツ重戦車に対抗しての改良に見えるが、ヨーロッパでの戦いが終了した後の1945年6月に作られた車輌である。日本戦車に対しては無駄に強火力で、装甲は砲塔の変更で厚さが倍以上になったが、車体はそのままである。試験の結果、実用に問題なしとされ履帯幅を広げる改良も予定されたが、太平洋での戦いも終結し量産には至らなかった。
T88 105mm 自走榴弾砲
火力支援任務に適した武装に変更されたもの。M4榴弾砲を搭載したT88と、軽量なT12榴弾砲を搭載したT88E1が試作されたが、完成前に終戦となり計画はキャンセルされた。
M39多目的装甲車
工場に戻された初期型M18の砲塔を撤去し、新しい車体上部と車内構造に改造された、76.2mm M6対戦車砲用の装甲牽引車、または8人乗りの装甲兵員輸送・指揮車輌。1945年3月までに640輌が生産され、朝鮮戦争でも使われている。
T41 高速牽引車
M18と共通の車体を持つ砲兵牽引車型。試作されたもの能力不足と判断され、同様のコンセプトでM41軽戦車と共通の車体を使用したT42(後のM8 高速牽引車)が開発されたため試作のみに終わった。
T65 火焔放射戦車
M39にカナダ製イロコイ火焔放射器を搭載したもの。試作2輌のみで終わった。
64式戦車(六四式輕戰車)
台湾(中華民国)軍で使用された、M42の車体にM18 ヘルキャット対戦車自走砲の砲塔を搭載した車両。
アメリカより供与されたM42及びM18の車体と砲塔を結合して約50両が製作された。

関連項目[編集]