T30重戦車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
T30重戦車
T30 Heavy Tank.JPG
性能諸元
全長 11.57 m
車体長 7.38 m
全幅 3.81 m
全高 3.223 m
重量 65.7 t
懸架方式 トーションバーサスペンション
速度 35.3 km/h(整地
不整地
行動距離 160 km
主砲 155mm L/40 T7砲(原型車輛)弾薬34発
155mm L/40 T7E1砲(T30E1)
155mm L/40 T180ライフル砲(T58)
副武装 7.62mm M1919重機銃 3挺
装甲 最大280mm
エンジン コンチネンタル AV1790-3 空冷式12気筒
810 馬力
乗員 6名
出力重量比 10馬力/t
テンプレートを表示

T30重戦車は、第二次世界大戦において、ドイツ国防軍の新型戦車への対抗として開発が進められたアメリカ軍戦車の計画である。

概要[編集]

T30はT29重戦車と同時期に設計された。先行試作車輌が1945年4月に開発開始され、1947年に完成した。155mm砲T7は分離装薬と弾頭からなる弾薬を発砲した。装填棒が動力化された機力装填装置によって装填手の負担が軽減された。また砲弾の搭載には動力のついたホイストが用いられた。

T30E1と呼称された型の車輛は、追加ハッチを砲塔後面に備え、砲弾の薬莢を排出した。ほか、別の型式であるT30E2が存在する。T30の砲弾は43kgの重量があり、分離装薬は18kgに達した。弾薬は双方を合計して61kgの重量があり、これは人力での装填を難しいものとした。戦後の時期の型式ではT58と呼称され、伝統的な砲塔を外し、機力装填装置を装備した揺動式砲塔(砲耳や防楯を持たず、砲塔自体が上下へ可動して操砲する)へと換装した。

12輌が生産され、今日、残存車輛がケンタッキー州のフォート・ノックスに所在するマーシャル・ホール前に展示されている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]