M728戦闘工兵車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M728戦闘工兵車
M728 Combat Engineer Vehicle woodland from right.jpg
M728 CEV (Combat Engineer Vehicle)
諸元
重量 52.2 metric tons
全長 8.83 m
全幅 3.7 m
全高 3.3 m
要員数 4 (車長, 砲撃手, 装填手, 操縦手)

装甲 13–143 mm
主兵装 165 mm M135 Gun 1門
(弾薬搭載数30発)
副兵装 12.7 mm M85機関銃 1丁
(弾薬搭載数600発)
7.62 mm M73機関銃 1丁
(弾薬搭載数2,000発)
エンジン コンチネンタル英語版 (現ジェネラル・ダイナミクス) AV1790英語版 V12, 空冷ツインターボ ディーゼルエンジン
750 hp (560 kW)
出力重量比 13.2 hp/t
懸架・駆動 トーションバー・スプリング
行動距離 280 マイル (450 km)
速度 30 mph (48 km/h)

M728戦闘工兵車(M728 Combat Engineer Vehicle)は、M60パットンのシャシーをベースとした戦闘工兵車である。

装備[編集]

油圧操作ドーザーブレードを前部に備え、A字型フレームクレーン砲塔の両側面ヒンジ接続され、ウィンチを装備する。さらに地雷除去作業用レーキの装着も可能である。

砲塔はM60/A1/A3戦車が標準的に装備する105 mm M68から、M135 165 mm短砲身に交換され、粘着榴弾弾薬30発が搭載される。これは、イギリス陸軍FV4003センチュリオンMk.5 AVRE(Armoured Vehicle Royal Engineers)戦車に搭載されたL9A1 165mm英語版のライセンス生産品である。

さらに、同軸機銃のM73機関銃には7.62 x 51mm NATO弾2000発、司令塔に配置されたM85機関銃には12.7x99mm NATO弾600発を、それぞれ搭載する。

配備[編集]

291両が製造され、ベトナム戦争中の1965年に最初のM728が配備された。1990年から1991年の、砂漠の盾作戦及び砂漠の嵐作戦でも使用された。M1エイブラムスといった、より新型の装甲車両に随伴するにはあまりにも速度が遅いことが判明してからは、現在部隊において運用されてはいない。現在、サウジアラビア及びシンガポールにて運用中である。1993年に、M728はテキサス州ウェーコで行われたブランチ・ダビディアンの包囲作戦に用いられ、クロロベンジリデンマロノニトリル催涙ガス)を流し込む、壁面を破壊する等の目的に活用された姿を撮影された[1]

運用国[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]