ストライカー装甲車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ストライカー装甲車
Stryker ICV front q.jpg
M1126 ストライカーICV
基礎データ
全長 6.95m
全幅 2.72m
全高 2.64m
重量 16.47t(ICV)
18.77t(MGS)
乗員数 2名+兵員9名(ICV)
3名(MGS)
装甲・武装
装甲 14.5mm機銃弾に堪える
主武装 12.7mm重機関銃M2
7.62mm機関銃M240
40mm擲弾発射器Mk 19(ICV)
105mm砲M68A1E4(MGS)
副武装 12.7mm重機関銃M2
7.62mm機関銃M240(MGS)
備考 NBC兵器警報検知器
対NBC兵器空気清浄器
機動力
速度 100km/h(整地)
60km/h(不整地)
10km/h(浮航)
エンジン キャタピラー製3126
ディーゼルターボ
350hp
懸架・駆動 八輪独立懸架
八輪駆動または四輪駆動
(任意切替)
行動距離 500km(搭載燃料200L)
外部燃料タンク使用時:935km
テンプレートを表示

ストライカー(Stryker)は、アメリカ陸軍装輪装甲車ファミリーである。LAV(ピラーニャ)の一つであるLAV-IIIをベースに開発され、様々な派生型がある。

製造は、米ジェネラル・ダイナミクス社の子会社であるジェネラル・ダイナミクス・ランド・システムズ社(GDLS:General Dynamics Land Systems)が行っており、アメリカ軍向けの生産台数は現在2,988両。

概要[編集]

アメリカ陸軍が進めている再編計画(トランスフォーメーション)の一環として計画された装甲車1999年10月に地域紛争テロに対して迅速に戦力を展開するミディアム旅団戦闘団、後のストライカー旅団戦闘団(SBCT:Stryker Brigade Combat Team)の構想が発表され、それに続く各種試験車両の部隊運用実験により同旅団の中核として選定された。

当初こそ、ストライカー旅団構想の要求からC-130輸送機に搭載が可能な重量に押さえることが求められていたが、計画の進行に従い空輸による戦力投射については次第に話題とならなくなっていった。

大まかに言って従来のハンヴィーのみで移動していたアメリカ陸軍軽歩兵装甲火力、戦術機動力を与える存在と評価できる。また、軍のネットワーク化の部隊実験にも好適であり、各種通信装置、ネットワーク情報システムなどが装備されている。典型的なRMAに対応した装備といえる。

歴史[編集]

ジェネラル・ダイナミックス・ランドシステムズ(GDLS)が自社ベンチャー開発したものであった。ベースの「ピラーニャIII」八輪装甲車カナダ向けに再設計された「LAV-III」のシリーズがアメリカ陸軍のストライカー旅団の戦闘車両として採用された[1]

ストライカーの名称は、2名の議会名誉勲章受章者から来ている。第二次世界大戦で活躍したスチュアート・S・ストライカー一等兵Stuart S. Stryker)と、ベトナム戦争で活躍したロバート・F・ストライカー四等特技兵(Robert F. Stryker)の両名である。アメリカ陸軍の装甲戦闘車両(AFV)に愛称をつける場合は功績の高い将官の名をとるのが通例であり(パットンパーシングエイブラムスブラッドレーなど)、議会名誉勲章受章者とはいえ一般歩兵からその名が取られるのは異例であるといえる。車輌そのものはキャンセルされたが、下士官の名前だった例として第一次世界大戦の名射手ヨーク軍曹en:Alvin York)から取られたM247サージェント・ヨーク対空戦車がある。

武装[編集]

プロテクターM151 RWS(12.7mm重機関銃M2装備型)
スラット装甲を装着したM1126 ICV

各種派生型中最も生産車両数が多く、主力となるのは兵員輸送車型(ICV)で、車体上面にノルウェーのコングスベルグ・ディフェンス&エアロスペース(Kongsberg Defence & Aerospace)社製「プロテクターM151」RWS(Remote Weapon Station)が設置されている[2]。RWSの台座には12.7mm重機関銃M2(400発)、7.62mm機関銃M240(3,400発)、40mm擲弾発射器Mk 19(120発)のいずれか一つが取り付け可能となっている。RWSに取り付けられたカメラの映像を車内のモニターで見ながら操作可能であり、射手が体を曝す事無く目標を攻撃できる事から、SBCTが都市戦闘などにおいて威力を発揮する。また、熱線映像装置が組み込まれており、夜間の戦闘も可能となっている。

兵員輸送車として装甲防御力はある程度考慮しなければならないが、C-130による空輸を想定しているため、非常に軽装甲である。しかし、最低限度の装甲防御力は有しており、高硬度鋼板の上にはドイツのIBDダイセンロト・エンジニアリング社(IBD/Deisenroth)で製造されているセラミックス製Mexas(メクサス)複合装甲パネルが装着されている。この装甲は、2種類の特殊セラミック複合材が積層され内側の鋼板に直接溶接され全面に取り付けられており、300m以内からの14.5mm弾と、155mm砲弾の至近炸裂に耐えられる性能を有する。また、直撃弾による内部剥離を防止するアメリカのデュポン社が開発したケブラー繊維内張りが搭乗員席および兵員室内側全面に装着されており、乗員の生存性を高めている。この他には、対戦車地雷対策として車両下部にもメクサス装甲が装着されているが、被害を完全に防げる性能はなく、乗員の生存性をある水準内に確保する程度である。

また、イラクに派遣されている車両に見られる檻の様な装甲は、スラット装甲と呼ばれる追加装甲で、ゲリラテロ組織が使うRPG-7対戦車擲弾を防ぐことを目的に使われている。

空輸性[編集]

C-5に搭載されるM1128 MGS
C-17から降りるM1126 ICVと歩兵

ストライカー装甲車は、C-130戦術輸送機に1両、C-17戦略戦術輸送機には4両、C-5戦略輸送機には最大7両搭載可能となっている。追加装甲はC-130の最大積載量との兼ね合いで重量増となるため、オプションとなっている。RPG-7の直撃に耐えうるERA装甲(リアクティブ・アーマー)も装着可能だが、C-130で空輸する場合、こちらも重量オーバーとなるため現地での後付式となっている。

1999年10月のAUSA(アメリカ陸軍協会)にて当時の陸軍参謀総長エリック・シンセキ大将が演説した時点では戦略機動性が非常に強調されていた。しかし、その後、開発が進展し部隊が整備され装備車両が選定されてC-130と実車を使っての実験が行われるに従い、C-130に搭載して戦域内を輸送するのは現実性に欠ける場合が多々あることが明らかとなるが、それでも調達され続けているのは装輪の特徴による路上での長距離行軍による戦域内移動が十分に実用性があること、つまり、対内乱作戦において戦場間機動する能力を軽歩兵部隊に与える能力ゆえであろう。

実際に2003年末に始まるイラク派遣をストライカー旅団戦闘団は3個旅団で合計4回経験している(2006年8月時点)。ところが、重装備をアメリカ本土から運ぶ場合においてほぼすべてのとき、RO-RO船により海上輸送されている(例外は報道されている限りでは派遣中の部隊に全損車両の代替をC-17輸送機で運んだ時のみ)。また、2006年にアメリカ西海岸フォートルイスから欧州ドイツへ1個旅団戦闘団が移転したが、この際も同旅団の重装備はストライカー装甲車を含めて海上輸送により運ばれた。

派生型[編集]

以下は全て実車が存在する。機動砲システム(自走砲)についても低率初期生産に入り、部隊配備が開始された(ただし、試験は平行して続けられているとの報道あり)。そして、2007年にてイラク派遣されるストライカー旅団が初めて機動砲をイラクに27両持ち込むという報道がある。

配備先についてはアメリカ陸軍のストライカー旅団戦闘団の場合である。

M1126 ストライカーICV
Infantry Carrier Vehicle - 兵員輸送車
ストライカー旅団戦闘団の3個歩兵大隊に配備され、歩兵を輸送するための車両。車体上面にカメラ付き遠隔操作武器ステーションが取り付けられている。
M1127 ストライカーRV
M1127 ストライカーRV
Reconnaissance Vehicle - 偵察車
ストライカー旅団戦闘団のRSTA(偵察、捜索、目標捕捉)大隊に主として配備され、偵察員を輸送するための車両。車体上面に偵察用光学機材が取り付けられている。


M1128 ストライカーMGS
M1128 ストライカーMGS
Mobile Gun System - 機動砲システム
各歩兵大隊隷下歩兵中隊のMGS小隊(3両編成)に配備される火力支援/対戦車自走砲型。装填装置の不具合から開発が遅れたが、2006年から米国内への配備が進められた。専用に開発されたシャーシの車体に、105mm砲M68A1E4を装備したGDLS社製の「105mm低姿勢砲塔」(105mm Low Profile Turret)を搭載している。搭載砲の種類については米軍のサイトではM68A1E4と書かれているが、GDLS CanadaのサイトではM68A1E1と書かれている。試作車の主砲にはマズルブレーキやサーマルジャケットが付いていた物も見られたが、現在イラクで活動している車両にはそれらの存在は見受けられない[3]副武装主砲同軸7.62mm機関銃M240と、車長用の12.7mm重機関銃M2。主砲左右に4基のM6発煙弾発射機、計16発が備えられている。
砲塔の形状から、一見無人砲塔のように思われるが、砲塔バスケット内の右側に車長・左側に砲手が搭乗するため、厳密には無人砲塔とは言えない[4]。砲塔は全周旋回可能で、主砲は+18度の仰角、-8度の俯角を取れる。砲手用照準潜望鏡は砲手席の上の砲塔上面に設置、車長用照準潜望鏡(全周旋回可能)は主砲後方上面に設置される。砲塔はTeledyne Continental Motors(Teledyne Vehicle Systems)社が1985年頃に試作したとされる「AGS」(Armored Gun System)[5]が大元になっている。Teledyne Vehicle Systems社が1996年ジェネラル・ダイナミクス社に買収された事で、AGSは1997年にGDLS社によって「Expeditionary Tank」(Prototype)とされた。そして、GDLS社はASCOD歩兵戦闘車軽戦車バージョン試作車に、Expeditionary Tank(Prototype)の改良型と見られる砲塔を搭載して試験を行ったが、この砲塔は後のMGSに搭載された砲塔と外観的特徴がほとんど同一であった[6]
砲弾は砲塔バスケット内の回転式弾倉に8発と、車体後部に設置される回転式の砲弾補充装置(Replenisher)に10発の計18発を搭載している[7]。砲弾は車体後部の砲弾補充装置に人力で搭載し、砲弾補充装置から回転式弾倉へは自動で給弾できる。ただし、物理的に考えて自動給弾は砲塔バスケット(回転式弾倉)が12時方向を向いている時しか行えないと見られる。自動装填装置の装填システムは、砲塔バスケット内の回転式弾倉が一番上の砲弾を斜め上に持ち上げ、その砲弾をラマーが掴んで引き上げて主砲に装填する機構である[8]。サイクルレートは6秒で、射撃後の薬莢は主砲後方の車外に排莢される。
M1129 ストライカーMC
M1129 ストライカーMC
120mm迫撃砲搭載型
Mortar Carrier - 迫撃砲搭載車
ストライカー装甲車の車体内に迫撃砲座を設けている。ストライカーMCは120mm迫撃砲M121を搭載しており、更に各歩兵大隊に直属する迫撃砲小隊に配備される車輌は81mm迫撃砲M252を、歩兵中隊の迫撃砲に配備される車輌には60mm迫撃砲M224をそれぞれ牽引しており、乗員が降車して随時使用する。


M1130 ストライカーCV
Command Vehicle - 指揮車
M1131 ストライカーFSV
M1131ストライカーFSV
Fire Support Vehicle - 砲兵前線観測車


M1132 ストライカーESV
M1132 ストライカーESV
Engineer Squad Vehicle - 工兵車
工兵の作業用のアタッチメント装備が用意されている派生型。旅団直属の工兵中隊に配備される。


M1133 ストライカーMEV
M1133 ストライカーMEV
Medical Evacuation Vehicle - 野戦救急車


M1134 ストライカーATGM
M1134 ストライカーATGM
Anti-Tank Guided Missile Vehicle - 対戦車誘導ミサイル車
車体上面にTOW対戦車ミサイルの2連装発射装置を備えている。旅団直属の対戦車小隊に配備されるほか、一部の旅団では機動砲が配備されるまでの間、代替を務めているとの報道があった。


M1135 ストライカーNBC RV
Nuclear, Biological, Chemical Reconnaissance Vehicle - NBC偵察車両
RSTA(偵察、捜索、目標捕捉)大隊に配備される。

アメリカ陸軍での配備部隊[編集]

現在、アメリカ陸軍では既存の師団隷下旅団をもとに旅団戦闘団を増設し、ドイツから2個師団を本国に帰還させ、イラクアフガニスタンへの派遣旅団をやりくりする過程にあり、旅団名称と駐屯地は変更されている最中である。陸軍現役6個と陸軍州兵1個の合計7個旅団が編成済みあるいは編成に着手している。

  • 第2歩兵師団
    • 第2旅団 - 2007年以前は第5旅団と呼称
    • 第3旅団 (駐屯地:ワシントン州フォートルイス)
    • 第4旅団 (駐屯地:ワシントン州フォートルイス) - 第2機甲騎兵連隊から部隊名称を変更
  • 第25歩兵師団
    • 第1旅団 (駐屯地:アラスカ州フォートウェインライト; 旧 第172歩兵旅団)
    • 第2旅団 (駐屯地:ハワイ州スコーフィールドバラックス)
  • 第7軍
    • 第2ストライカー騎兵連隊 (駐屯地:ドイツ) - 第25歩兵師団第1旅団から部隊名称を変更
  • 陸軍州兵

ストライカー旅団の編制[編集]

SBCTの編制図

アメリカ陸軍においては、ストライカー装甲車ファミリーを主装備として、ストライカー旅団戦闘団(SBCT)が編成されている。旅団長は、他のタイプの旅団と同様に大佐(O-6)であり、定員は約3,900名とされている。

他国での導入[編集]

過去にイスラエル国防軍が導入を検討したが中止されており、カナダ陸軍レオパルトC1戦車(レオパルト1戦車のカナダ軍仕様)代替としてM1128 ストライカーMGSを導入する計画もあったがこちらも中止されてしまった。

イラクイラク治安部隊用に400両を対外有償軍事援助(FMS)で購入することを計画したが、ウクライナからBTR-4を調達することになったため、中止された。

アメリカ陸軍選定時点での他候補車[編集]

IBCT(Interim Brigade Combat Team)がアメリカ合衆国本土西海岸のフォートルイスにて編成されるのと平行して米国内外から様々な車両を集めて評価試験を行い選定した。このうちM113A3については同車のメーカーが選定に異議を唱え、GAOなどは両者を比較した報告書を作成するなどしている。

参考文献[編集]

  • Initial Impressions Report: Operations in Mosul, Iraq/Stryker Brigade Combat Team 1, 3rd Brigade, 2nd Infantry Center for Army Lessons Learned 21 Dec 2004 [PDF 412KB]

http://www.globalsecurity.org/military/library/report/call/iir-mosul-ops_stryker-bde_21dec2004.pdf

2003年12月からイラクに1年間派遣され、北部の大都市モスルにて主に活動した第2歩兵師団第3旅団(1SBCT)の当初所感報告書。 ストライカー装甲車に関して装甲、通信、整備など様々な面からの評価、所感が盛り込まれているとともに、旅団の編制、ことに情報収集能力などについてもかなり筆を割いている。

Army’s Evaluation of Stryker and M-113A3 Infantry Carrier Vehicles Provided Sufficient Data for Statutorily Mandated Comparison

http://www.gao.gov/new.items/d03671.pdf

M113A3とストライカー装甲車の比較について調査し纏められた報告書。

登場作品[編集]

ゲーム
独立拡張パック"Operation Arrowhead"にICV、MGS、MC、CV、CEV、ATGMなど各種バリエーションが登場し、プレイヤーやAIが操作可能。
アメリカ陸軍兵器としてICV(M2機銃搭載型とMk19 自動榴弾発射機搭載型の2種類)とATGMが登場する。全てプレイヤー、AI共に操作可能。メインキャンペーン"Armed Assault"の一部のミッションではプレイヤーの指揮下に入ることもある。
サン・エスペリート軍と麻薬カルテルが所有している。プレイヤーは両方とも乗車することや入手することが可能。
キャンペーン第1章"チームプレイヤー"でMGS、第2章"エクソダス"でRVが登場し、第2章のみレーザー照準器で攻撃目標を指示できる。搭乗はできない。その他、博物館にMGSの模型が置いてある。
ICV、MGS、ATGMが登場。
ダウンロードコンテンツ「ArmerdKill」にて追加されたマップに戦車駆逐車としてMGSが登場。
「ガーディアンAPC」という名称で登場する。
PMC兵士がACT1でICV、ACT2でMGSを使用。
また、ドレビンはオクトカムの機能が搭載されたストライカーをストーリーを通して使用している。
漫画
物語中、ピクルを捕獲するためICVで構成された部隊が登場。しかし、装甲に穴を空けられて大破した[9]
アニメ
第21話『ガリンペイロ』においてゴルゴ13武器を調達した企業の社内で待機している形でMGSが多数登場。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 軍事研究 2007年3月号 「機動戦闘車と外国製装輪装甲車」
  2. ^ Remote Weapon Station - Kongsberg Gruppen
  3. ^ イラクで活動中のMGSの写真 (1) / イラクで活動中のMGSの写真 (2)
  4. ^ 砲塔が旋回する様子(上から撮影)や、回転式弾倉の動作を撮影した動画。
  5. ^ Teledyne Continental MotorsのAGS (Armored Gun System) の写真
  6. ^ GDLS社のLow Profile Turretを搭載したASCOD軽戦車バージョンの写真。
  7. ^ NDIA公式資料 (PDF) 。33ページに「Autoloader with 8rd Carousel, 10 Rd replenisher」との記述。
  8. ^ 自動装填装置の動作の模様が分かる動画。00:40~00:53を参照。
  9. ^ 戦闘シーンそのものはない
  10. ^ 時速100キロ「機動戦闘車」 空輸も可能に 防衛省”. 朝日新聞. 2013年10月10日閲覧。

外部リンク[編集]