M114装甲偵察車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M114装甲偵察車
M114.jpg
第11装甲騎兵連隊の識別表示を施したM114
基礎データ
全長 4.46m
全幅 2.33m
全高 2.39m
重量 6.8t
乗員数 3名
装甲・武装
装甲 44.5mm
主武装 M2 12.7mm重機関銃 1挺
副武装 M60 7.62mm機関銃
機動力
速度 58km/h
エンジン シボレー283 V型8気筒ガソリンエンジン
160hp
懸架・駆動 トーションバー方式
行動距離 443km
出力重量比 23hp/t
テンプレートを表示

M114装甲偵察車は、ベトナム戦争時にアメリカ陸軍で使用された装軌式の偵察戦闘車である。本車は1960年代ゼネラルモーターズ傘下のキャデラック部門によって製造された。

M114の設計は高速性と隠密性に重点を置いた。より大型のM113装甲兵員輸送車のように、本車も浮航能力が付与され、落下傘降下が可能なように作られている。しかしM113が最も成功した装甲車輛の一つであるのと異なり、本車はベトナム戦争の運用において不適であることが確かめられ、偵察任務はM551シェリダン空挺戦車に変更された。

1973年には本車は失敗作であるとみなされ、アメリカ陸軍から退役した。しかし少数車輛が余剰として放出され、警察部門で使用され続けた。

概要[編集]

M114は軽量・低姿勢の車輛であり、M113の指揮や偵察任務の補助として設計された。M113を小型低姿勢化にしたように見えるが、本車は浮航能力を持ち、推進は履帯によって行われる。また、輸送機によって運ぶには十分に軽量であり、パラシュート降下も可能であった。

M114の車長キューポラは、M2 12.7mm重機関銃の射撃時にはハッチを開くことが必要であり、車長用ハッチは備えつけのM2 12.7mm重機関銃とともに360度旋回可能。派生型のM114A1では、手動の旋回・俯仰機構の操作によって、内部からM2 12.7mm重機関銃の射撃ができ、また、M114A2(またはM114A1E1)は油圧駆動のキューポラを持ち、M139 20mm機関砲を据砲した。車体後部の観測手は台座に据えられた1挺のM60 7.62mm機関銃を受け持った。後部ドアには、M72A1対戦車ロケット(LAW)を3基収納する場所が設けられた。

M114はアルミニウム装甲で構成され、重量は空虚重量が5.94t、戦闘重量は6.846tに達する。

本車は容積283立方インチの、シボレーV型8気筒エンジンによって駆動する。このエンジンは160馬力を出力する。本車は3名の搭乗員で動かされ、最高速度は58km/hである。

ベトナム戦争[編集]

ベトナム戦争は兵装の試験場となった。しばしば改善がアメリカ合衆国内で行われ、ベトナムへ試験のために送られた。また、時には計画がベトナムで始まることがあった[1]。(例えば、この戦争の特別なニーズに適するものであったACAV(M113M551シェリダン用のArmored Cavalry Assault Vehicleキット。直訳すると装甲騎兵突撃車輛キット)が車輌に装着されるなど)しかし、M114は後述のとおり不適格であることが確かとなり、ベトナムから撤退させられることとなった[2]

M113は1962年にベトナム戦争へ投入され、成功を収めた。これにより同様の小型車輛であるM114が同年中にベトナム戦争へ投入された。M113は、ベトナム共和国陸軍(ARVN)機械化歩兵大隊を搭乗させて運用された。M114では1個偵察大隊が配属された。1個ARVN偵察大隊は、指揮中隊および3個中隊から成り、各部隊に6輌のM114が配備される。80両のM114が4個偵察大隊のために使用された[3]

M114はベトナムで作戦に従事した間、馬力不足で機械的信頼性に欠けることを露呈し、縦走能力を要求される作戦活動において極度の困難を生じた[4]。さらに致命的であったのは対戦車地雷に対する防御力の欠如だった。地雷1個は標準的なM113 ACAVをほぼ大破させ、半分に相当する威力でもM114を文字通り吹き飛ばした[5]1964年11月までにM114はベトナムから引き下げられ、より信頼性のあるM113 ACAVに変更された。

アメリカ陸軍には不幸なことであったが、ベトナムにおけるM114の戦訓は最高司令部によって無視され、M114はベトナム以外の国々、ヨーロッパ韓国、アメリカ合衆国、その他において偵察部隊に配備された[6]1973年クレイトン・エイブラムス将軍はM114が失敗作であることを宣言し、本車をアメリカ陸軍から退役させるよう命令した[7]

派生型[編集]

T114
試作車両。
M114
量産型。
M114A1
新規に人力駆動の車長キューポラと、M2 12.7mm重機関銃を内部から発射できる兵装ステーションを設けた。トリムベーンが補強された。
M114A2
1969年当初、M114A1E1と呼称された。兵装を撤去し、イスパノ・スイザ HS.820 20mm機関砲を装備。この砲はM139とアメリカ軍では呼称される。キューポラは油圧式駆動となった。

注記[編集]

  1. ^ Starry
  2. ^ Dunstan
  3. ^ Dunstan
  4. ^ Starry
  5. ^ Dunstan p. 43
  6. ^ Starry
  7. ^ Starry p. 38

参考文献[編集]

  • Dunstan, Simon. "Vietnam Tracks-Armor In Battle." 1982 edition; Osprey Publishing; ISBN 0-89141-171-2.
  • Starry, Donn A., General. "Mounted Combat In Vietnam." Vietnam Studies; First printed 1978-CMH 90-17.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]