M24軽戦車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M24チャーフィー軽戦車
M24-Chaffee-latrun-1.jpg
性能諸元
全長 5.56m
車体長 5.03m
全幅 3m
全高 2.77m
重量 18.4t
懸架方式 トーションバー方式
速度 約56km/h(整地
約40km/h(不整地
行動距離 161km
主砲 40口径75mm戦車砲M6×1(48発)
副武装 12.7mm重機関銃M2×1(440発)
7.62mm機関銃M1919×2(3,750発)
装甲 砲塔防盾38mm
砲塔側・後面25.4mm
砲塔上面13mm
車体前面・側面前部25.4mm
車体側面後部・後面19mm
車体上面13mm
車体底面10-13mm
エンジン Cadillac Series 44T24
4ストロークV型8気筒水冷ガソリンエンジン×2基
110+110hp(220hp/164kW)
乗員 5名(砲塔:3名)
テンプレートを表示

M24チャーフィー軽戦車英語:Light Tank M24)は、第二次世界大戦においてアメリカ軍が開発した軽戦車である。

愛称はアメリカ軍戦車開発のパイオニアであったアドナ・R・チャーフィー・ジュニア将軍にちなみチャーフィー(Chaffee)と名付けられた。

概要[編集]

M3/M5軽戦車シリーズの更新用として、機甲作戦においてより広範囲な任務を遂行できる新型戦車として設計・開発が行われた。GMCキャデラック・モーターカー製造部とマスセイー・ハリス社により約4,700輌が生産され、アメリカ軍の他に戦後は西側諸国に広く供与されて長らく使われた。

開発[編集]

M24 上方より
避弾経始を考慮した砲塔形状がわかる

アメリカ陸軍では1942年北アフリカにおいてドイツ軍と戦闘を行なったイギリス軍所属のM3軽戦車の運用実績などの調査を行ない、新に開発される軽戦車には「75mm程度の戦車砲を装備し、強力な装甲を持たせる」ことが要求された。これは従来の37mm砲では、徹甲弾による対戦車戦闘にも榴弾による対戦車砲の制圧にも、全くの威力不足であったことが理由となっている。これを受けて75mm砲搭載の軽戦車としてT7が試作されたが、あまりにも多くの要求を盛り込んだ結果、T7は重量は最終的には25トンに増大、M7中戦車として採用されはしたものの、ひどく中途半端な車輌となってしまった。

そのため、M7中戦車の車体レイアウトと、M5軽戦車の操行装置とエンジンを用いた新たな軽戦車・T24の開発が決定された。ツイン・キャデラック・シリーズ 44T24エンジン(グロス出力286馬力、ネット出力220馬力)は従来通りだが、変速機はキャデラック製ハイドラマチック自動変速機(前進4速後進1速)にハイ・ロー切替の副変速機を追加、サスペンションには垂直渦巻きスプリングのボギー式を止めトーションバー式を採用した。これらの組み合わせは、後のM41軽戦車に採用された超信地旋回もできるクロスドライブ式ほどではないにせよ、路外機動性・操縦性に優れた機構となった。また、副操縦手兼前方機銃手の席にも操縦装置が備えられ、こちらの側でも同じように操作できた。重量を抑えるため装甲主要部は25.4mmと、M3軽戦車やM5軽戦車に比べても薄いが、車体、砲塔共に格段に避弾経始が優れた物となっている(もっとも、軽戦車の限界でもT-34の85mm砲の榴弾で容易に撃破されるレベルであった)。また、M4中戦車用の75mm砲と同じ砲弾を使用しながら、同心駐退複座方式でコンパクトにまとまった軽量な75mm戦車砲 T13E1が試作され、試作型のT24ではM5、量産型のM24ではM6と命名して搭載された。これは当時使用されていたB-25H爆撃機に搭載されていたAN/M9がベースとなっている。

T24の試作車は1943年10月に完成し、運用試験が行われた。翌1944年3月より生産を開始、1944年4月-1945年8月までに4,731輌(GMCキャデラック・モーターカー製造部:3,961輌、マスセイー・ハリス社:770輌)が生産された。

実戦投入[編集]

M24
1945年イタリアでの撮影

本車両は1944年末より部隊配備が開始され「バルジの戦い」で初陣を飾った。機甲師団戦車大隊と機械化騎兵偵察大隊の軽戦車中隊に配備され、ドイツ軍IV号戦車を撃破している。以降、配備された車輌の少数が実戦を経験している。しかし、それまでのずんぐりしたアメリカ戦車と異なり、敵のパンター戦車のようなスマートな形状ゆえ味方から誤射されることもあり、「パンサー・パプス」(仔豹)などとも呼ばれた。また、イギリス軍へも289輌が供与されたが、実戦投入前に終戦を迎えた。

第二次世界大戦後アメリカ陸軍は主力軽戦車としてM24軽戦車を使用していたが、朝鮮戦争においてT-34-85を相手に苦戦を強いられ、第二次大戦後に開発が始まった戦後型軽戦車のM41軽戦車にその座を譲ることになる。また、フランス軍に供与された車輌は分解されてベトナムに空輸され、ディエンビエンフーの戦いベトミンと戦った。その後、南ベトナム軍フランスやアメリカから供与された本車を装備して、北ベトナム軍南ベトナム解放民族戦線と戦ったが、1965年から供与の始まったM41と交代して後方任務に回されていった。

前述の国以外にも、M24軽戦車はイタリアイラクイランウルグアイエチオピアオーストラリアオランダカンボジアギリシャサウジアラビアスペインタイ台湾トルコノルウェーパキスタンベルギーポルトガルラオスといった西側諸国他に供与され、1970年代-1980年代まで使用され続けた。

台湾軍中華民国国軍)の車両は金門島及び馬祖島2000年頃まで現役装備としてトーチカに収容されて配備されていた(現在は引き揚げられて博物館に展示されている)。

日本におけるM24[編集]

高崎市の市街地を行進する保安隊のM24特車
アメリカ軍の白星が描かれたままになっている
1953年1月の撮影

日本には警察予備隊の創設とともに重装備の一つとして本車の供与が決定され、1952年3月-8月にかけて最初の引渡しが行われた。ただし、同年10月の保安隊発足に伴い、実質的な訓練と部隊編成は保安隊発足以後に行われることとなった。

最初の40輌は相馬原で編成された特別教育隊と普通科連隊第14中隊に少数ずつ分散装備された。後に各師団戦車大隊向けに375輌が供与され、同じく供与されていたM4A3E8と共に、初期の陸上自衛隊の機甲兵力を担った。小柄な車体からM4に比べて日本人の体格に合い、操縦性、踏破性などテケ車に近いと高く評価された。

大型のM4が在北海道部隊などに優先配備されたのと異なり、小型軽量の本車は全国の部隊に広く配備され、創設間もない陸上自衛隊の代表的な「戦車」(装備当時の呼称は"特車")となった。1961年からはM41軽戦車及び61式戦車の導入が進められて本車との装備更新が進められ、1974年には最後の車両が退役している。

退役した車両は順次返還が行われたが、少数が現在も日本国内に残存しており、富士駐屯地を始めとして陸上自衛隊駐屯地の展示品として保存されている。

派生型[編集]

M24は車体を流用した各種の派生型が開発された。40mm連装高射機関砲を搭載したM19 GMC(Gun Motor Carriage)、105mm榴弾砲を搭載したM37 105mm HMC(Howitzer Motor Carriage)、155mm榴弾砲を搭載したM41 155mm HMCなどの自走砲車台が制式化された他、75mm高射自動砲を搭載したT2212.7mm重機関銃M2 6丁を装備した砲塔を搭載したT77 MGMC(Multiple .50 caliber Gun Motor Carriage)、4.2インチ迫撃砲を搭載したT38 自走迫撃砲、変わったところではM27 105mm無反動砲4門を搭載した対戦車車両(T19)など、各種の車両が試作されている。

多くの国では、旧式化したM24はM41などに更新されたりして退役していったが、ノルウェーでは近代改修型のNM-1161973年に試作、これはM24から79輌が改造され、1970年代後半に部隊配備された。武装はレーザー測遠器付きのフランス戦車砲D/925 90mm低圧砲に換装、同軸機銃も12.7mm重機関銃M2に変えられていた。車体機銃は廃止され、副操縦手席は弾薬を置くスペースとなった。また、エンジンは6V53-T水冷ディーゼルエンジンに、変速機もオートマチックのアリソンMT650に変更、夜間暗視装置も搭載されていた。本車は軽駆逐戦車として扱われたが、既に退役している。

陸上自衛隊でもM24をベースとして戦後初の自走砲となるべく「SY(試製56式105mm自走砲)」を開発したが、一次、二次試作車共に充分な性能を発揮することが叶わず、計画中止となっている。

採用国[編集]

M24 採用国
インドシナ紛争におけるフランス軍のM24

登場作品[編集]

YOSHII LOVINSONの曲『CALL ME』のPV。M24に乗って歌っている。フランス在住のコレクターの所有物を借りたもので、撮影もフランスで行われた。
陸上自衛隊の装備車両がソビエト戦車役で登場。
この他、1960年代-1970年代にかけて製作された日本の戦争映画には自衛隊の装備車両が登場する作品が多数存在している。
ジョー・ダンテ監督のTV映画。州兵の装備として登場。当作品にはM4A3E8(105)も登場している。どちらもアメリカ軍の装備としては時代がおかしいが、これは予算の都合上からレンタルできる車両がそれらしかなかったためである。
イタリア軍戦車として登場。市街地での戦闘で怪物『イーマ』に主砲から火炎放射を浴びせ、コロッセオでの決戦においては主砲およびM2重機関銃で攻撃した。
第1作『ゴジラ』と第2作『ゴジラの逆襲』に、防衛隊の陸上兵力の中核としてM4中戦車と共に登場。この他、『空の大怪獣ラドン』(1956)を始めとした初期の東宝特撮作品にも数多く登場している。
実際に自衛隊の車両を撮影したライブフィルムの他、特撮用の自走式のミニチュアも製作されており、これらは後に61式戦車90式戦車のミニチュアに改造されている。
撮影用に砲周りが改修されたもので、他の作品にも登場している。
シチリア島攻略作戦のシーンにおいてイギリス軍戦車役で登場。その他のシーンでもアメリカ軍の戦車として度々画面に写っている。また、バリエーションの1つであるM37 105mm自走榴弾砲北アフリカ戦線のシーンで登場する。『バルジ大作戦』同様、ロケ地のスペイン軍の車両である。
外観を改造された車両がパンター及びM10役で登場する。
なお、パンター仕様に改装された車両は他にも数本の映画に登場しており、現在でもソミュール戦車博物館に当時の状態のまま保管されている。
撮影場所であるスペイン軍の装備。キングタイガー役であるM47に対し、M4シャーマンの役である。M24のバリエーションの一つであるM37 105mm自走榴弾砲も登場している。
米軍戦車として登場。冒頭、対岸からの砲撃を受け、行進射撃で応戦するシーンは当作の印象的なシーンとしてよく語られる。
なお、当作はチェコスロバキアでロケが行われているが、登場するM24はオーストリア軍の装備車両である。

参考文献[編集]

  • 丸MARU 第55巻1月号「体験的機甲史 自衛隊の戦車」雑誌08307-1 T1108307011008

関連項目[編集]