M3 75mm対戦車自走砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M3 75mm対戦車自走砲
M3 GMC.jpg
種類 戦車駆逐車自走砲
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
諸元
重量 9.1t
全長 6.24m
全幅 2.16m
全高 2.44m
要員数 5名(車長、砲手3名、操縦手)

装甲 6mmから16mm
主兵装 M1897A4 75mm砲
携行弾薬59発
副兵装 なし
エンジン ホワイト160AX
142.5hp
出力重量比 15.71hp/t
懸架・駆動 半楕円形渦巻きバネ
行動距離 320km
速度 70km/h

M3 75mm対戦車自走砲75 mm Gun Motor Carriage M3、M3 GMCとも略される)は、第二次世界大戦中のアメリカ合衆国戦車駆逐車である。また自走砲の一種としても用いられた。本車はアメリカが北アフリカとフィリピンの決定的な戦闘において任務に投入した、最多の戦車駆逐車である。またシチリアでは、1944年の初期に旧式化が通達される前まで、より少ない台数の車輌が継続して投入された。その後1944年から1945年のサイパンの戦いペリリューの戦い、また沖縄戦において、M3 GMCは連隊付きの兵器中隊としてアメリカ海兵隊連隊に用いられた。

開発[編集]

1940年のナチス・ドイツのフランス侵攻では機甲師団が深い研究のもとに投入され、アメリカ陸軍に強い印象を与えた。戦車に対する防御の実現は必須であり、アメリカ陸軍用の戦車駆逐車を至急開発するよう要望が提出された[1]。1941年6月、M3ハーフトラックM1897A4 75mm砲を搭載した。この砲は第一次世界大戦時の評判で広く知られた「フランス75mm砲」のアメリカ製バージョンだった。この試作車輌はT12として知られており、開発時の速度性能が与えられ、際だってよく働く[要出典]ことが確認された。1941年8月に「75 mm Gun Motor Carriage M3」として制式化され、1943年4月までに2,200両以上のM3 GMCが量産された。しかしながら、これらのうち相当数が一線部隊へと配備される前に普通のM3ハーフトラックへ再換装され、結果、842輌のみが実戦投入されることとなった[2]。M3A1対戦車自走砲は異なる砲を搭載した派生型である。M3 75mm対戦車自走砲の制式化は限定的なものとして再分類され、後の1944年に旧式化が宣告された。

詳細[編集]

M3 75mm対戦車自走砲はM3ハーフトラックの車体後部にM1897A4 75mm砲を搭載したものである。この主砲は8,400mの間接射撃能力を持ち[3]、射程460mで8.1cmの貫通能力を持つAP M72(徹甲弾)砲弾を射撃する。APC M61(被帽徹甲弾)砲弾は射程460mで7.1cmの装甲を貫通し、またHE M48(高性能榴弾)砲弾は歩兵や非装甲目標に対して用いられた。M3 GMCは59発の75mm砲弾を車内に携行した[4]。乗員は自衛用に1挺の小銃と4挺のカービンを装備した。

アメリカ軍の使用[編集]

様式化された「M3 75mm対戦車自走砲」。アメリカ陸軍の戦車駆逐車部隊の兵員に記章として用いられた。

日本との戦争が間近に迫り、M3 GMCとT12は「Self-Propelled Mount」(SPM)ハーフトラックと呼ばれることになった。1941年9月、(第二)暫定SPM旅団を編成するため、これらは船でフィリピンの島々へ輸送された。フィリピンに日本軍が侵攻した際、これらの車輌は戦闘に投入され、後に少数の車輌が日本軍に捕獲された。これらは1944年にアメリカ軍に対して用いられた[5]

1942年後期および1943年初期のチュニジア作戦中、M3 GMCはアメリカ戦車駆逐大隊において最多配備された対戦車自走砲であり、シディブジッド、カセリーヌ峠の戦いとエルゲタールでの戦闘中に有名となった。こうした戦闘で多数のM3 GMCが失われたが、アメリカ陸軍はこうした損失の内のいくらかは不適切な投入がもたらしたと結論した。1943年7月、シチリアの作戦においてM3 GMCは対戦車自走砲の任務に再び使われた。その後、M3 GMCは戦車駆逐大隊から段階的に退役し、砲塔を装備して最新の3インチ砲を搭載した戦車駆逐車であるM10と代替された。なお少数が特殊任務、例としてはブルターニュのシュガー特殊部隊の隊員達によって突撃砲に用いられた[6]

ドイツの戦車に対する投入には旧式であると考えられたものの、M3 GMCは日本軍が装備する軽戦車を破壊するには充分強力であり、そこでM3 GMCは太平洋戦線で使用が続けられた。主な配備はアメリカ海兵隊の連隊付属の兵器中隊であり、サイパンの戦いペリリューの戦い沖縄戦また他の島嶼戦で実戦参加した。日本軍ではしばしば戦車が配備されていなかったため、ときおりM3 GMCは自走砲の一種として用いられるか、もしくは日本軍の防御物に対する直接砲撃を行って友軍を支援した。1945年、海兵隊で運用されるM3 GMCは105mm砲装備のM7自走砲によって代替された[7]

連合軍・その他兵力の使用[編集]

75mm砲を装備した2両のM3ハーフトラック。王立竜騎兵部隊、1944年5月。
75mm砲を装備したイギリスの自走砲。イタリアで間接射撃に用いられた。1945年2月18日。

1943年初期、約170両のM3 GMCがイギリス陸軍に提供された。イギリス軍はこれらの車輌を自走砲の一種とし、司令部付きの装甲車や戦車部隊の兵力に採用した。イギリスの命名法ではこれらの車輌は「75mm SP,オートカー」とされており、チュニジアやイタリアの作戦に投入された[8]。フランス陸軍もまた、西部戦線のいくつかの根拠地でM3 75mm対戦車自走砲を用いた。また第二次世界大戦中、1942年から1945年まで日本軍の支配下にあったフィリピンでは、M3 GMCがフィリピン軍やフィリピン警察軍に用いられた。さらに1945年から1960年代の戦後期にかけて、フクバラハップの反乱では地方自治組織の兵力がフク反乱組織に対して投入した。朝鮮戦争ではPEFTOK(韓国派遣フィリピン軍)が用いた。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Chamberlain, Peter, and Ellis, Chris, British and American Tanks of World War Two, page 189. London: Cassell & Co., 2000, ISBN 0-304-35529-1.
  2. ^ Zaloga, Stephen J., M3 Infantry Halftrack, page 35. Oxford: Osprey Publications, 1994, ISBN 1-85532-467-9.
  3. ^ Rottman, Gordon L., U. S. Marine Corps Order of Battle, page 523. Westport: Greenwood Press, 2002, ISBN 0-313-31906-5.
  4. ^ Hogg, Ian V. (introduction), The American Arsenal, page 44. Mechanicsburg: Stackpole Books, 2001. この箇所はU.S. War Departmentの「Ordnance Standard Catalog」の再プリントである。他のM3 GMCについての引用データはよく提示されている。
  5. ^ Zaloga, p. 33.
  6. ^ Turning Tide by Wayne Turner, Battlefront Miniatures
  7. ^ Rottman, p. 523.
  8. ^ Chamberlain, p. 189.

外部リンク[編集]