M3 105mm榴弾砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M3 105mm榴弾砲

M3 105mm榴弾砲105mm Howitzer M3)とは、第二次世界大戦中にアメリカ軍が開発した軽量の榴弾砲である。

概要[編集]

M3榴弾砲は1941年から開発が開始され、1943年に完成した。この砲は、M2A1 105mm榴弾砲の砲身を短縮化したものをM1 75mm榴弾砲駐退復座機とM1 75mm榴弾砲用のM3開脚式砲架を組み合わせて作成された。このためM2A1榴弾砲と同一の砲弾と薬莢が使用可能でありM1 75mm榴弾砲よりは重いが火力に勝った。

M3榴弾砲は主にヨーロッパの西部戦線において空挺部隊の野戦砲兵連隊(M1 75mm榴弾砲3個大隊)に増強された1個大隊に配備されたほか、歩兵連隊の砲中隊(3個小隊に2門ずつ、計6門)に配備されて歩兵砲的な運用も行われた。太平洋戦線における運用は確認されていない。大戦終結後は韓国陸軍に供与されて、師団砲兵として運用されたが、朝鮮戦争においては、より高性能な火砲を多数保有する北朝鮮軍の砲兵隊に圧倒され、大した活躍はできなかった。

諸元・性能[編集]

諸元

  • 種別: 榴弾砲
  • 口径: 105mm
  • 砲身: 1,880mm(17.9口径)
  • 重量: 1,130kg
  • 全長: 3.94m(牽引時)
  • 全幅: 1.7m

作動機構

性能

  • 俯仰角: -9°~+30°
  • 旋回角: 左右45°
  • 砲口初速: 1,020 ft/s (311 m/s)
  • 最大射程: 7,600m(標準榴弾)
  • 発射速度: 4発/分(最大)、2発/分(連続射撃時)

砲弾・装薬

  • 弾薬: 半完全弾薬筒(105×372mmR)

運用史


関連項目[編集]