VBL装甲車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
VBL装甲車
Panhard VBL (Vèhicule Blindé Legér), French army licence registration '6054 0117' pic1.JPG
基礎データ
全長 3.87m
全幅 2.02m
全高 1.70m
重量 3.59t
乗員数 偵察型:2名
対戦車ミサイル搭載型:3名
装甲・武装
主武装 偵察型
NF-1 7.62mm機関銃×1
対戦車ミサイル搭載型
ミラン発射機×1(6発)
機動力
速度 95km/h
4.5km/h(浮航)
エンジン プジョー XD3T 直列4気筒液冷
ターボチャージドディーゼルエンジン
95hp/4,150rpm
行動距離 600km
テンプレートを表示

VBL装甲車(Véhicule Blindé Léger)は、パナール社が開発したフランス軍が使用する軽装輪装甲車

概要[編集]

かつて、イギリスと世界の覇権を争ったフランスは現在も世界中に海外領土を持ち、独立してもなお影響下にある旧植民地フランス植民地帝国)を多数抱えており、フランス軍は自国の防衛だけでなく海外領土や旧植民地への部隊派遣の任務も担っている。

そのためフランス軍は、フットワークの軽く緊急展開に適した装輪装甲車の開発に積極的であり、なかでも一番小型なのがVBL装甲車である。

1978年から開発が開始され、ルノー社とパナール社の競作となり、1985年に試作車の競合試験の結果、パナール社の車体が採用された。

装甲ジープ的な性格の装甲車両で、ホイールベースに対して車体を極力小さくまとめ、機関室を車体前部に配している。

タイプとしては、偵察型と対戦車ミサイル搭載型の2種類が存在する。

輸出を含めて約2,300両が生産され、この内およそ1,600両がフランス軍で使用されている(2006年の時点で)。

海外の性能類似車両との比較
軽装甲機動車 日本の旗 LMV イタリアの旗 VBL装甲車 フランスの旗 イーグル スイスの旗 エノク ドイツの旗 コブラ トルコの旗
画像 Komatsu LAV - 1.jpg LinceVM.jpg VBL.svg Mowag Eagle IV.jpg Light Armoured Patrol Vehicle ENOK.jpg Paradbaku98.jpg
全長 4.4m 5.50m 3.87m 5.37m 4.82m 5.23m
全幅 2.04m 2.05m 2.02m 2.16m 1.90m 2.22m
全高 1.85m 1.95m 1.70m 2.0m 1.90m 2.1m
重量 約 4.5t 約 6.5t 約 3.59t 約 8.5t 約 5.4t 約 6.2t
最高速度 100km/h 130km/h 95km/h 110km/h 96km/h 115km/h
乗員数 1+3-4名 1+3-6名 2-3名 1+4名 2-6名 1+8名

運用国[編集]

登場作品[編集]

メキシコ反乱軍とパナマ傭兵が使用。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]