AA-52

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AA-52
Motte-Picquet-ANF1.jpg
艦艇上でNF-1の射撃訓練を行う、フランス海軍の兵士
AA-52
種類 軍用機関銃
製造国 フランスの旗 フランス
設計・製造 ツール政府造兵廠
シャテルロー政府造兵廠
仕様
種別 汎用機関銃
口径 7.5x54mm French:AA-52
7.62x51mm NATO弾:NF-1
銃身長 600mm
装弾数 ベルト給弾式
作動方式 レバー遅延型ブローバック方式
全長 1,080mm
重量 9,750g
発射速度 900発/分
銃口初速 830m/秒
歴史
配備期間 1952年-
テンプレートを表示

AA-52またはAAT-52(Arme Automatique Transformable Modèle 1952)は、フランス第二次世界大戦後に開発した汎用機関銃である。現在では専ら車両搭載用として使われており、歩兵機関銃の役割はより軽量なミニミ軽機関銃に譲っている。

開発[編集]

第二次世界大戦直後のフランス軍の主な正面装備は本土がドイツに占領される前に製造されたものやアメリカイギリスから供与されたもののほか、ドイツから戦時賠償代わりに接収したものも含まれていた。しかし、フランスは自前の兵器産業の復活と1946年に始まったインドシナ戦争においてベトミンと戦っている部隊に新鋭兵器を供給する必要に迫られたため、1950年代初頭にアメリカ製のブローニングM1919重機関銃や国産のFM mle1924/29軽機関銃の後継機関銃として、そしてフランス軍の標準機関銃を目的として開発が始められ、1952年に完成した。 部品製造には同時期に開発されたMAT 49と同様プレス加工を多用するようにして生産性を向上させるように工夫されている。また、AA-52はフランス初の汎用機関銃でもある。

概要[編集]

AA-52機関銃は、FA-MAS小銃と同様に、作動機構としてレバー遅延型ブローバック方式を採用している。 同方式は、H&K社製のG3小銃やHK21機関銃ローラー遅延型と同じ系統に属する遅動ブローバック方式であり、レシーバ・ボルト・ボルトキャリアの三部品を、2本の爪を持つレバーを介して連結し、梃子の原理を利用してボルトの開放を遅延させる構造を特徴としている。

レバー遅延型ブローバック方式を採用しているため、銃身には命中精度に影響を与えるガス・ポートが存在せず、その基部だけでレシーバと結合するフローティング支持構造となっており、ガス圧作動方式の機関銃(M60MAGPKなど)のような銃身下のガス・シリンダーも存在せず、ローラー・ロック型ショート・リコイル方式のMG3MG42)のような銃身全体を覆う放熱カバーもないため、同クラスの汎用機関銃としては、かなりスマートな形状となっている。

AA-52機関銃は野戦での二脚使用時には軽量銃身を装着して軽機関銃として使用され、三脚を使用する間接照準・持続射撃時には肉厚の重銃身を装着して銃身交換を行いながら重機関銃として使用される運用が原則であるため、二脚を使用する際の銃身交換は最初から想定されていない。

ZB26やMAGと同系の銃身にキャリング・ハンドルが附属するデザインであるため、二脚使用時に銃身を交換する場合にもハンドルを用いて加熱した銃身を保持でき、銃身交換時に耐熱グローブが必要な初期型M60やMG34と違って素手で交換作業ができるが、二脚付き銃身は交換した際に薬室部へ砂や泥が入り込んで射撃不能となるトラブルを招き易く、銃身を外してしまうと本体を支える術がなくなり、射手は片手で本体を保持しながら銃身を外し、予備の銃身を差し込んで付け直す、という伏射時には不可能なほど困難な作業を要求される[1]

NF-1[編集]

ド・ゴール第五共和政下でフランスは自立国防路線[2]を取っていたため、配備当初のAA-52は独自の弾薬である7.5x54mm French弾を使用していた。しかし周囲のNATO加盟国は汎用機関銃弾薬として7.62mm NATO弾を使用していたため、他のNATO加盟国軍との合同作戦時に弾薬を共用できない不利益があり、発展途上国への輸出時にも使用弾薬がネックとなって、他の欧州諸国に遅れをとったため、1960年代から7.62mm NATO弾を使用する派生型のNF-1が製造されるようになり、フランス軍内のAA-52も逐次NF-1へ改修、または新規製造のNF-1に置き換えられて現在に至っている。

使用国[編集]

このAA-52/NF-1機関銃は、アルゼンチンカメルーンコンゴ共和国コートジボワールギニアモロッコモーリタニアセネガルチャドトーゴにおいて歩兵機関銃として採用されている他、ルクレール戦車AMX-30AMX-13軽戦車AMX-10P歩兵戦闘車AML装甲車ERC 90装甲車AMX-10RC装甲車VAB装甲車VBL装甲車などのフランス装甲戦闘車両に副武装として装備されている。

脚注[編集]

  1. ^ 実際の軽機運用に際しては、二脚を用いる野戦での移動射撃時に生じる程度の加熱であれば、頻繁な銃身交換を要求されない、という現実や、銃身を交換しながら持続射撃を行うような状況は、三脚に装着した状態での間接照準射撃時にしか生じない、という現実も存在するため、二脚を使用する伏射時に銃身交換が困難である点だけを見て、一概にAA-52機関銃のデザインを非実戦的と判断する事はできない
  2. ^ 米ソ冷戦下でフランスを中心とした欧州諸国による「第三の極」構築を主唱していたド・ゴールは、国内のNATO軍基地の回収を進め、米国の起こした1965年ドミニカ侵攻事件を契機に、米英主導の戦後欧州秩序を拒否してNATOの軍事機構から脱退し、発展途上国への武器輸出により自国の国防産業を強化し、独自の核戦力の整備を進めて1980年代には中性子爆弾(強大なソ連機甲師団への有力な対抗手段だった)の保有と実戦配備を発表するなど、自立国防路線を維持したフランスがNATOに完全復帰したのは2008年になってようやくの事である

関連項目[編集]

外部リンク[編集]