将来装輪戦闘車両

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

将来装輪戦闘車両(しょうらいそうりんせんとうしゃりょう)は、防衛省が行っていた将来の装輪式装甲戦闘車両のファミリー化に必要な共通基盤技術に関する研究事業である。技術資料を得るための研究試作および試験が行われた。

概要[編集]

基盤となる技術を共通化するファミリー化を実施することで、整備コストおよびライフサイクルコストの抑制や、運用性を向上させることを研究目的としている。研究試作された「将来装輪戦闘車両」をベース車両とし、各種車両型によるファミリー化が構想されたが、実際に開発する車両については研究試作の成果に基づき決定するとしている。

研究試作は2003年(平成15年)度から2007年(平成19年)度にかけて、試験は2005年(平成17年)から2007年(平成19年)度にかけて実施された。当初は「将来装輪戦闘車両(対空)」として対空戦闘車両を中心とした研究を検討し、2008年(平成20年)度での研究完了が予定されていた。後に、対空戦闘車両については今後の装備構想の検討状況を勘案しつつ要否を決めることが適切であると判断されたため、事業名を「将来装輪戦闘車両」に変更して研究が行われ、2007年(平成19年)度に研究は完了した。

研究試作された将来装輪戦闘車両の砲塔に搭載されたテレスコープ弾機関砲(CTA機関砲)は、防衛省技術研究本部が開発した50mmテレスコープ弾機関砲を、小型軽量化し車積性を向上させた40mmテレスコープ弾機関砲であり、研究で得た技術的な成果は「近接戦闘車用機関砲システムの研究」に適用された。

将来の装輪戦闘車両[編集]

「将来の装輪戦闘車両」とは防衛省が将来的に装備化する各種汎用装輪戦闘車両のことである。

総合取得改革推進プロジェクトチーム第9回会合(2008年3月10日)の資料(【資料5】統合運用の視点に立った装備品取得について[1])に、当初の構想図とは異なる、将来の装輪戦闘車両のファミリー化構想図が記載された。

共通の駆動装置を用いることを基本に、車両の用途に応じて共通化する項目を3つに分類している。それぞれ、(1)ハッチタイプ車両とキャビンタイプ車両の車体をタイプ別に共通化、(2)砲を搭載するハッチタイプ車両の懸架装置を共通化、(3)機関砲を搭載するハッチタイプ車両の機関砲を共通化、といった内容である。

ハッチタイプ車両 人員輸送車
指揮通信車
補給支援車
対戦車砲搭載車
迫撃砲搭載車
対地機関砲搭載車(I型)(人員輸送型)
対地機関砲搭載車(II型)(偵察型)
対空機関砲搭載車
キャビンタイプ車両 りゅう弾砲搭載車
多連装ロケット弾発射機
地雷原処理車

※各車両型の名称は「平成20年度 事後の事業評価」の政策評価書のものに変更。

この図の内、対戦車砲を搭載した車両は2008年(平成20年)度から開発中の「機動戦闘車」、対地機関砲を搭載した車両は計画中の「近接戦闘車」と同じ位置付けの車両と考えられるが、将来の装輪戦闘車両との共通化が行われるとされた「NBC偵察車」と同じ位置付けの車両が含まれていない。また、研究試作された「将来装輪戦闘車両」をベース車両とするのかという点についても記述されていない。

ゲリラ特殊部隊による攻撃等への対処や、中距離域において軽戦車を含む装甲戦闘車両の撃破に使用可能な火力として105mm砲を装備するとされており、空輸性や路上機動性を重視し重量は26t以下とされている。戦闘部隊に配備される予定。2008年(平成20年)度に開発が開始され、2015年(平成27年)度の開発完了を予定している。
砲塔には国産開発のテレスコープ弾機関砲(CTA機関砲)を装備。弾種は徹甲弾と調整破片弾の二種類のテレスコープ弾 (Cased Telescoped Ammunition) が用意され、状況に応じて迅速な弾種切替を可能にさせるという。87式偵察警戒車の後継とされる「偵察型」と、89式装甲戦闘車の後継とされる「人員輸送型」が計画されており、前者には対地センサが装備されるという。普通科部隊及び機甲科偵察部隊に配備される予定。要素研究が行われたが、開発計画については未定。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]