スーパーシャーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M51スーパーシャーマン

スーパーシャーマンSuper-Sherman)は、アメリカ合衆国が開発・生産したM4シャーマン戦車に、イスラエル国防軍(IDF)が独自の改良を加えて1950年代から1980年代にかけて使用したM1/M50/M51戦車の俗称である。

本項ではこれらの車輌に加えて、同軍のM4およびその派生車の運用についても概説する。

M4の導入[編集]

第二次世界大戦終結後、イギリス委任統治されていたパレスチナでは、ユダヤ人達が1948年5月14日付の期限切れと共にユダヤ人国家建国の準備を進めており、同時に予想された周辺アラブ国家およびパレスチナ人勢力との戦争に向けて軍事組織ハガナーを中心に軍備増強を進めていた。しかし表立った武器輸入が禁止されていたため銃火器や非武装車輌の密輸程度に留まっており、砂漠での地上戦を制するのに必要な戦車の調達が急務であった。

シャーマンM4(105 mm 榴弾砲装備型)

そこでハガナーは、引き揚げのために港町ハイファに集結していたイギリス軍からM4シャーマンおよびクロムウェル巡航戦車計6輌を盗み出した。これらの戦車は、イスラエル独立宣言と共に始まった第一次中東戦争において貴重な機甲戦力となった。一時休戦時には、ハガナーを中心にイスラエル国防軍が編成された。イスラエル国防軍は、世界中から中古のM4をスクラップなどの名目でかき集めた。これらの戦車は砲に穴が空けられるなどして、兵器として再利用できないようになっていた。軍は、当初は金属の栓で砲の穴を塞ぎ、後にはスイスで入手したクルップ社製1911年式75 mm 砲に換装するなどして、使用可能なM4戦車として復活させ、初期の機甲部隊の中核戦力とした。第一次中東戦争が終結してイスラエルが国家として認められると、完全な状態の車両や正規の部品・装備品も輸入できる様になった。

アメリカの高い自動車産業技術を背景に製造されたM4戦車は、シンプルで機械的信頼性が高く、各型の部品の互換性も高く、また、後に導入されるセンチュリオンと違い、中東の砂漠地帯における運用上の問題もなく、その後長期に渡ってイスラエル軍の戦車兵に愛される事となった。なおこれらの車輌は75 mm 砲または105 mm 榴弾砲装備型が中心であり、3インチ(76.2 mm)砲装備型やイギリス軍17ポンド砲を搭載させたファイアフライはほとんど含まれていなかったようである。そのためアラブ諸国の導入したソ連製戦車にやがて火力において劣勢を喫する事となり、更に大戦中から既に指摘されていた装甲防御力の不足も深刻な問題となっていった。後述するように、エンジンや走行系の換装をもってしても重量的に攻撃力と防御力の双方同時の強化には無理があり、やむなく火力強化のみに的を絞ったアップグレードが図られていく事となった。

M1スーパーシャーマン[編集]

M1スーパーシャーマン(VVSS)

1956年頃、当時のアラブ諸国の主力戦車T-34/85に対抗してM4の火力強化が推進され、後述のM50の開発と並行して、それまで中心であった75 mm 砲搭載車に加えて、フランスから76 mm 砲を搭載した250輛程のM4A1(鋳造車体型)および少数のM4A3(溶接車体型)を導入した。同車に搭載された76 mm 砲(M1A1/M1A2)はT-34/85に対して十分な威力を発揮し、この事から75 mm 砲搭載車との区別のために搭載砲に因んでM1スーパーシャーマンの名が与えられた。これに伴い、IDF内部では既存のシャーマンを基となった車輌の形式は無関係にM3 75 mm 砲を搭載した車輌はシャーマンM3、M4 105 mm 榴弾砲を搭載した車輌はシャーマンM4と呼んで区別するようになった。

一部の車輌は1960年代半ばには足回りをオリジナルのVVSSからHVSSサスペンションと幅広履帯に換装し、さらに1970年代にエンジンをカミンズVT-8系ディーゼルエンジンに換装され、1973年の第四次中東戦争でもドーザー車などの特殊用途に使用された。

M50スーパーシャーマン[編集]

M50スーパーシャーマン(HVSS)

M1の導入と並行して、旧75 mm 砲搭載車のアップグレードとしてフランスのAMX-13軽戦車に搭載されていた75 mm 戦車砲CN-75-50の搭載が検討され(同じ75 mm 砲でもこちらはパンター中戦車7.5 cm KwK 42 L/70戦車砲を改良した物で威力は段違いだった。なお同時に検討されたAMX-13自体の導入は自動装填装置の信頼性などから一度は見送られたが、結局後に導入されている)、M50スーパーシャーマンが生み出された。砲塔はオリジナルの75 mm 砲塔(装填手用ハッチ付きの後期型)をベースに前後を鋳造部品を溶接して延長、砲尾と後退量の大きなCN-75-50砲を搭載するスペースを確保している。装填は手動式に変更された。(なお、第二次世界大戦中にイギリスがM4シャーマンの主砲を17ポンド砲に換装したシャーマン ファイアフライでは後座スペースの確保のため砲塔後部の無線機を除き、カウンターウェイトを兼ねる装甲ボックスに入れて外付けしている)。車長用ハッチは両開き式の物と、後期の片開き式の物が混在している。又、砲塔側面には発煙弾発射機が装着されている。

ベース車体はM4A4の延長車体が最も多かった様だが、鋳造のA1を使用したものも多く、標準長の溶接車体、M4ハイブリッド車体を使用した車輌も存在している。又、M4A4、A2、A3の車体をベースとした場合には、エンジンはM4・M4A1と同じコンチネンタル製ガソリンエンジンに統一されている様である。VVSSサスペンションや転輪類、デファレンシャルカバーは新旧様々なタイプが混用されているが、履帯はほぼ全てのVVSSタイプで、T54E1が使用されている。60年代頃にはHVSSやカミンズ製ディーゼルエンジンへの換装が行われ、増幅されたフェンダー上には工具箱やジェリカン、予備転輪や履帯などの車外装備品が搭載された。又、この時期に主砲基部にサーチライトを装備する改造が行われた様である。また、カミンズ製ディーゼルエンジン装備タイプも60年代~70年代後期にかけ何段階かの改修がおこなわれており、初期には車体下部リアパネルにM4A3のような排気管が装備されていたが、70年代には排気管は車体エンジンデッキ上に移されている。なお前述のM1と後述のM51なども含めて、M4A4延長車体以外の車体ではカミンズ製ディーゼルエンジンがわずかに納まり切らず、車体後部のエンジン点検ハッチ部分が10 cm ほど増厚されている。

1956年の第二次中東戦争では、エジプト軍の使用したAMX-13の砲塔その物を装備したM4戦車などと交戦した。またレバノン内戦以降は南レバノン軍(SLA)などに供給されている。

M51スーパーシャーマン[編集]

M51スーパーシャーマン

1960年頃、アラブ諸国が導入を進めていたスターリン重戦車T-55戦車への対抗策として更に強力な105 mm 砲の導入が検討され、フランスがAMX-30用に開発したCN-105-F1砲が候補に挙がった。同砲はHEAT弾ライフリング回転による威力低下をベアリングで相殺して抑える当時としては画期的な「G弾」を使用できたのが特徴で、イスラエルとフランスとの共同研究の結果、砲身長を56口径から44口径に短縮し(それでも約4.5メートルに達した)、先端に板金溶接製の巨大なマズルブレーキを搭載して後退量を抑える事でM4の76 mm 砲塔への搭載を可能にした。(砲身長が短くなった事で砲弾初速は低下したが、化学エネルギーを利用するHEAT弾を使用する為、砲威力は殆ど低下しなかった。)

こうして1962年に同砲を搭載したM51スーパーシャーマンが生み出された。車体はM4A1鋳造後期型車体を使用(一部はA3溶接後期型車体)、砲塔は長大な砲身との重量バランスを取るために後部が延長された。生産時期の関係から、殆どの車両がHVSSサスペンション・カミンズ製ディーゼルエンジンを装備しているが、初期に製造された物の中にはコンチネンタル製ガソリンエンジンを装備している例も有る。

1967年の第三次中東戦争では、既に導入の始まっていたセンチュリオンショット)やM48パットンマガフ)と遜色無い能力を発揮し、エジプト軍機甲部隊相手に圧倒的な戦果を挙げている。なおエンジン排気管や車外装備品の配置、砲塔の機銃や迫撃砲の有無など、時期によって細部の変化が見られる(前述のM50の項も参照)。

その他の派生型[編集]

M4は特殊車輌のベースとしても多用され、イスラエルでも多くの派生型が使用されている。ここでは本家アメリカが開発・製造してイスラエルが導入した型と、イスラエルが独自にM4やM1/M50/M51を改修して製造した型とに分けて解説する。

アメリカ開発の車輌[編集]

M32戦車回収車
通常のM4と共に導入され、後に退役したM1/M50スーパーシャーマンを改造した車輌も登場している。米軍や自衛隊のM32戦車回収車は車体前部に迫撃砲を装備しており、煙幕を張る為に使用されるが、イスラエル軍仕様では戦闘室前面に筒状の発煙弾発射機が装備されている。
M10アキリーズ駆逐戦車
イギリス軍北アフリカ部隊の中古品と見られる。M50スーパーシャーマンと共にCN-75-50砲が搭載されたとも言われているが詳細は不明。
M7B1プリースト自走榴弾砲
フランスから導入。後に砲を外して装甲兵員輸送車として使用された。(M50やM51と同じくHVSS・カミンズディーゼルエンジンに換装された物が存在するとする資料も有るが、写真や実車は確認されていない模様。)
シャーマンフレイル
地雷処理用のチェーンローラーを装備した車輌。シャーマン・クラブと呼ばれる例も有る。第二次世界大戦中に主に英軍で使用された。ラトゥルン戦車博物館の現存車両では、M4A4車体、VVSSサスペンションのままエンジンをカミンズ製ディーゼルエンジンに換装し、車体側面にM50やM51に見られるような雑具箱、ジェリ缶等が装着されている。

イスラエル独自の車輌[編集]

IDFは慢性的に各種の装甲戦闘車輌が不足しそれを導入・更新するための資金も決して潤沢なものではなかったため、スーパーシャーマンはその後継であるショットマガフが導入されてからも自走砲を始めとする各種の支援車輌に改造され、1967年の第三次中東戦争や1973年の第四次中東戦争、1978年の第一次レバノン侵攻(リタニ作戦)、1982年の第二次レバノン侵攻(レバノン戦争。イスラエル側の作戦名は「ガリラヤの平和」)にも投入された。

自走砲[編集]

155 mm 自走榴弾砲M50
M4A4のエンジンを前部の補助操縦席部分に移して、オープントップの後部にフランス製M50 155mm榴弾砲を搭載している。後にHVSSとカミンズエンジンに換装されたが155 mm 自走榴弾砲L33に更新され、後述のアンビュタンクに改装された。
155 mm 自走榴弾砲L33
自走榴弾砲M50の後継として開発された。M4の車体上に密閉型の戦闘室を設けてイスラエル国産の33口径ソルタムM68 155mm榴弾砲を装備している。第四次中東戦争で運用されたが、後に前線部隊の装備はM109 155mm自走榴弾砲に更新されている。
160 mm 自走迫撃砲マクマト
退役したM50スーパーシャーマンの車体前部をオープントップ式の戦闘室に改造して、ソルタムM66 160mm迫撃砲を装備した自走迫撃砲。車体前部の装甲板は乗員の乗降や砲弾の積載に有利なように蝶番によって下部方向に展開可能。
なお、マクマト(Makmat)とはヘブライ語でMargema Kveda Mitnayaat=自走重迫撃砲の略称であり、M3ハーフトラックに120 mm 迫撃砲を搭載した自走迫撃砲もマクマトと呼ばれる。
シャーマンMRL
砲塔を外して多連装ロケットランチャーを装備した車輌。鹵獲したソ連製の多連装ロケットランチャーBM-24カチューシャ)のロケット弾をコピーした240 mm ロケット弾36連装ランチャーを搭載したMAR-240と、290 mm ロケット弾4連装ランチャーを搭載したMAR-290とが存在する。
MAR-290にはショットを基にした車輌も存在するがMLRSに更新されて現役装備から外された。
キルション
退役したM51スーパーシャーマンの車体にAGM-45シュライク対レーダーミサイルの単装ランチャーを装備した対レーダー車両。第四次中東戦争の最中にエジプトやシリアのS-125(SA-3ゴア)2K12(SA-6ゲインフル)などの新型地対空ミサイルによって多数の航空機を撃墜されたイスラエル軍が、航空機を使用せずに地対空ミサイルを無力化するために開発した。Kachlilitとも言われる。なおキルション(Kilishon)はヘブライ語でトライデントを意味する。

その他の各種支援車輌[編集]

アンビュタンク(救護戦車)
負傷者搬送用の車輌。アンビュタンク(Ambutank)とはAnbulanceとTankを組み合わせた造語である。M4A1(76)Wの砲塔を外してその下にエンジンを移して後部を救護室にしたタイプと、退役した自走榴弾砲M50の戦闘室を密閉してそのまま救護室にしたタイプの2種が存在する。
ヤール観測戦車
M1スーパーシャーマンの砲塔を外して巨大な伸縮式の観測台を備えた観測車輌。最大30メートルに達する。3台が改造され第四次中東戦争で使用された。
モンスター標的戦車
退役したM4戦車の砲塔を撤去して車体外部に斜めに傾斜した装甲板をボルト止めした車輌で、イスラエル軍では戦車部隊の移動目標砲撃訓練の仮想標的として用いられる。現代のイスラエル軍の主力戦車であるメルカバマガフショットが主砲上部にM2 12.7 mm 重機関銃を搭載して同軸機銃としている理由の一つはこのモンスター標的戦車を相手にした移動目標砲撃訓練に使用するためである。
トレイルブレーザー戦車回収車
M51スーパーシャーマンをベースにした回収車。車体右側の補助運転手兼機銃射手の席の部分に巨大なクレーンを装着し、車体前面にドーザーブレード、車体上面には平面で構成された密閉式の乗員室、車体側面にも大型の雑具箱が装着されている。ドイツ連邦軍レオパルト1戦車をベースとしたベルゲパンツァーや、陸上自衛隊78式戦車回収車に似た車体構成となっている。生産数、時期など詳細は不明。

輸出型[編集]

M50 APC
1970年代、余剰となったM50スーパーシャーマンの一部がレバノン内戦時にレバノン軍団南レバノン軍South Lebanon Army)に供与された。南レバノン軍に供与されたM50スーパーシャーマンの中には、後に、砲塔を撤去し防弾版とM2重機関銃を装備したAPC(装甲兵員輸送車)に改造された車両が存在する。また、南レバノン軍にはM50スーパーシャーマンと同時期に、M32戦車回収車も供与されている。
M60
1970年代に退役したM50/M51スーパーシャーマンの一部はチリ陸軍に供給されたが、更に1980年代にはイスラエル軍事工業社(Israel Military Industries、通称IMI)が開発した60 mm 高速砲(HVMS)を搭載し、エンジン改装などの改良が加えられてM60と改められた。現在は同砲を搭載したピラーニャ装甲車への転換が進められている。

備考[編集]

一部資料やプラモデルの商品名などで、M51スーパーシャーマンが「アイシャーマンIsherman)」と呼称されている事があるが、これはM50スーパーシャーマンとの区別のために西側メディアが勝手に付けた俗称である。さらに実際にIDFで「スーパーシャーマン」と呼ばれていたのはM1のHVSS/カミンズエンジン装備型のみであるとも言われている。

参考書籍[編集]

  • 月刊グランドパワー 2005年12月号、2006年2月号 特集「イスラエル軍のシャーマン」 ガリレオ出版

関連項目[編集]

外部リンク[編集]