K200装甲兵員輸送車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
K200装甲兵員輸送車
K200A1.jpg
K200A1
種類 歩兵戦闘車, 装甲兵員輸送車
原開発国 大韓民国の旗 大韓民国
開発史
開発者 国防科学研究所
製造業者 大宇重工業
値段 141万ドル(国内)
132万ドル(輸出)
製造期間 1985年-現役
製造数 2,383両
諸元
重量 13.2トン[1]
全長 5.49m[1]
全幅 2.85m[1]
全高 2.52m[1]
要員数 3+9人[1]

主兵装 12.7mm重機関銃M2x1[1]
副兵装 7.62mm機関銃x1[1]
エンジン MAN-斗山 D2848T
V型8気筒液冷ターボチャージドディーゼル
350馬力(261kw)、2,300rpm[1]
出力重量比 26.5馬力/トン[1]
変速機 アリソン・トランスミッション X200-5K[2]
懸架・駆動 トーションバー[1]
行動距離 480 km[1]
速度 時速70km
水上で時速6km[1]

K200は、大韓民国装甲兵員輸送車。K200KIFV(Korea Infantry Fighting Vehicle、韓国歩兵戦闘車)とも呼ばれる。大宇重工業(現斗山重工業)によって生産され、大韓民国陸軍の主力であったM113に代えて配備するために設計された。

合計で2,383台のK200系統が1985年-2006年にかけて生産され[3]、111両のK200A1がマレーシアに輸出された[4]2009年以降、新型歩兵戦闘車のK21で補われている[3]

歴史[編集]

K200の計画は、1981年韓国陸軍が将来の戦闘要件に見合う要求を出したことで開始された。国防科学研究所が開発を担当し、大宇重工業が生産元請業者となった。K200は水陸両用兵員輸送車両として設計され、狭い川の渡河が可能であり、M113を元に開発されたAIFV英語版シャシを基礎としている。

AIFVよりももっと手ごろな価格になるように開発されたが、必ずしも費用対効果の最大点を得るために機能を犠牲にしてはいない。K200の国内開発・生産において、最終的に132万-141万ドルの価格帯が達成された[3]。これは、AIFVをライセンス生産または直接輸入した際に伴ったであろう152万-283万ドルの予想価格と比べ、安価であるとされる[5]

斗山はライセンス生産契約下でマン製のD2848TエンジンをK200に組み込んでいたが、国内設備を利用して技術を吸収しており[2]リバースエンジニアリングを行ったことは次期IFVであるK21歩兵戦闘車の開発の手段から証明されている。S&Tダイナミクス英語版は、アリソン・トランスミッションのX200-5Kギアボックスをライセンス下請けしている[6]

1985年に生産に入り[7]、継続生産は2006年に終了した[3]

特徴[編集]

K200は、機械化歩兵小隊を敵の小火器から防護しつつ輸送する[1]。車体は全溶接のアルミ装甲で、加えてスペースド・ラミネート鋼装甲の層が溶接されている。この複合装甲は軽量でありながら、より高レベルの防御力を与える[2]

側面からの12.7mm口径、後方からの7.62mm口径火器に対して防御が可能であり、対人地雷の防御も可能である[1]

エンジン区画は車両の前方右に存在し、隔壁によって車両の他の部分とは分割されている。エンジン区画は消火装置を装備しており、ドライバーや車外から運用が可能である。

水陸両方での利用を可能にするため空気吸入口と空気排出口ルーバー、排気口が車両上部に取り付けられている[2]

電子光学、赤外線照準への対応策として6基の電動スモークグレネードランチャーを車体の前方に搭載している。砲塔を備えている派生型では、スモークグレネードランチャーは砲塔のそれぞれの側面に3基取り付けられている[3]

装備された12.7mm・7.62mm機関銃によって歩兵火力支援が可能である[1]20mmバルカン砲や82mm、107mm迫撃砲を装備することによって、より強い対人英語版対物火力を受け持つことも可能である。9K115-2 メチス-M英語版対戦車ミサイルの装備で対戦車能力を追加することも可能である[8]

高いモジュール性を持ち、さまざまな装備を装着した派生型は、対空防衛や車両回収など多様な戦闘支援を行うことができる[1]操縦士砲手を含めて歩兵1個分隊に当たる12人が輸送可能である[1]

派生型[編集]

K200
初期型。
K216
NBC偵察車両NBC要因の追跡システムを搭載している[1]
K221
煙幕生成車両。可視光から90分、赤外線から30分守るための2形式が作られた[1]
K242
火力支援用の4.2インチ迫撃砲搭載型[1]
K255
計画された155mm自走榴弾砲用の弾薬運搬車[1]
K263 天弓
KM167A1 20mmを搭載する自走式対空砲[1]
K277
指揮所車両。さまざまな装置が搭載される[1]
K281
火力支援用の81mm迫撃砲搭載型[1]
K288
回収車両。損傷した軍用車両の救出と修理を行う[1]
K200A1
K200を基にして、よりエンジントランスミッションを強化した向上型。NBC防護と自動消火システムが搭載されている[1]
K242A1
火力支援用の4.2インチ迫撃砲搭載型[1]
K263A1 天弓
KM167A1 20mmを搭載する自走対空砲型[1]
K263A3 天弓
K263A1の改良型。FCS、電子防護、安全性などが改善されており、A1全機が改修された[1]
K281A1
火力支援用の81mm迫撃砲搭載型[1]
K288A1
回収車両。損傷した軍用車両の救出と修理を行う[1]

運用国[編集]

  • 大韓民国の旗 大韓民国
  • マレーシアの旗 マレーシア(Malaysian Infantry Fighting Vehicle、マレーシア歩兵戦闘車、MIFVとしても知られる)

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae Doosan Defense Product: Korean Infantry Fighting Vehicle”. Doosan DST. 2010年8月閲覧。
  2. ^ a b c d Doosan Korean Infantry Fighting Vehicle (KIFV)”. Jane's. 2012年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月閲覧。
  3. ^ a b c d e The Market for Light Tracked Vehicles (2010~2019)”. ForecastInternational. 2010年8月閲覧。
  4. ^ Doosan DST History”. Doosan DST. 2010年8月閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ The Market for Light Tracked Vehicles (2009~2018)”. ForecastInternational. 2010年8月閲覧。[リンク切れ]
  6. ^ S&T Dynamics Defence Industry Mobile Equipment X200-5K”. S&T Dynamics. 2010年12月閲覧。
  7. ^ Korean Infantry Fighting Vehicle”. GlobalSecurity. 2010年8月閲覧。
  8. ^ K200 crossing river with Metis-M”. emilitarynews. 2010年8月閲覧。[リンク切れ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]