M30 107mm迫撃砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M30 107mm迫撃砲
戦争証跡博物館での展示砲。

M30迫撃砲(M30 mortar)は、アメリカ製の砲口装填式迫撃砲であり、口径は107mm(4.2インチ)である。

M30迫撃砲はM2 107mm迫撃砲の後継として開発された。朝鮮戦争中の1951年に制式採用され、ベトナム戦争にも投入された。

M30迫撃砲はM2迫撃砲と同一の砲弾を使用する(このため、M30の砲身にはライフリングが刻まれている)が、M2迫撃砲よりも砲身が長いため射程距離も延伸されたほか、砲重量がM2迫撃砲の約2倍になったため砲撃時の安定性も向上した。
底盤は円形のものが採用され、砲身および支持脚とは専用のローテーターを介して接続される。これにより、360度の全周囲旋回が可能となった。

しかし、この重量増加により設営や人力での運搬が困難になったため、移動時には分解したうえでM416A1 1/4tトレーラーに搭載し、ジープで牽引する必要がある[1]。 さらに機甲・機械化歩兵部隊向けに、M113装甲兵員輸送車の兵員室にM30迫撃砲とその砲弾を搭載したM106自走迫撃砲も製造された。

しかしアメリカ陸軍では1990年にイスラエル製ソルタムK6 120mm迫撃砲をライセンス生産したM120 120mm 迫撃砲に更新されて退役したほか、多くの国で120mm迫撃砲への更新が実行ないし計画されている。

採用国[編集]

  • アメリカ - 陸軍で運用。M106自走迫撃砲も運用する。M120/M121 120mm迫撃砲に更新され退役。
  • 大韓民国 - 陸軍及び海兵隊で使用。陸軍ではK242自走迫撃砲[2]、海兵隊ではK532自走迫撃砲(Bv.206の後部車体に搭載)[3]をそれぞれ運用する。ヒュンダイWIAHyundai Wia)にて、KM30の名でライセンス生産されている[4]
  • 中華民国(台湾) - 1969年から61兵工廠でライセンス生産され1970年に62式4.2英寸迫擊砲として正式採用。CM-22自走迫撃砲[5]にも搭載される。63式120mm迫撃砲へ更新中。
  • フィリピン
  • ギリシャ - M106A1/A2自走迫撃砲も運用。
  • ブラジル
  • パラグアイ
  • ボリビア
  • コロンビア
  • エクアドル

諸元・性能[編集]

諸元

性能

  • 有効射程: 770m~6,800m
  • 発射速度: 18発/分(最大), 3発/分(持続)

砲弾・装薬

  • 弾薬: 107mm迫撃砲弾・装薬
  • 使用弾薬: 下記の各砲弾:
    • M329A1榴弾--最大射程 5,650 m , 重量 12.3 kg
    • M329A2榴弾--最大射程 6,800 m , 重量 10 kg
    • M34A1榴弾---最大射程 4,620 m , 重量 12.2 kg


参考サイト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Youtubeの動画