斗山重工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
斗山重工業
Doosan Heavy Industries & Construction
種類 株式会社
本店所在地 韓国の旗 韓国
設立 1962
業種 総合重工業
売上高

4兆900億ウォン(単体売上高)

(2007年12月期)
従業員数 51730人(2008.3)
外部リンク 斗山重工業
テンプレートを表示
斗山重工業
各種表記
ハングル 두산중공업
漢字 斗山重工業
発音 トゥサンジュンゴンオプ
韓国式ローマ字 Dusanjunggongeop
テンプレートを表示

斗山重工業(とさんじゅうこうぎょう)は、韓国斗山グループ(財閥)に属する総合重工業企業である。

概要[編集]

発電設備やプラント設備、インフラ設備、大規模輸送機器の部品、港湾クレーン装置、などの生産を手がける。 売上高の殆どを海外から受注する企業でもある。日本でも原子力事業は有名で、加圧水型原子炉の技術を持つ。 斗山グループ内には斗山インフラコア斗山エンジンなどの企業を持つ。

発電事業[編集]

火力発電所の排熱回収ボイラー世界シェアの30%以上で1位。 蒸気発生器や加圧器などを世界各国に供給する。2009年には韓国産の原子炉を中国に輸出している。 韓国国内の原子炉20基のうち19基を建設した実績を持つ。世界最大の発電所をインドで受注している。

プラント設備[編集]

斗山重工業は特に淡水化プラント設備の受注に強い。2008年7月にはアラブ首長国連邦で8億ドル相当の超大型淡水プラントを受注した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]