SS.11 (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SS.11(AGM-22)
SS11.jpg
ホワイトサンズ・ミサイル博物館に展示されているSS.11
種類 対戦車ミサイル
製造国 フランスの旗 フランス
設計 データなし
製造 ノール・アビアシオン
性能諸元
ミサイル直径 165mm
ミサイル全長 1,190mm
ミサイル重量 30kg
射程 500~3,000m
誘導方式 MCLOS
飛翔速度 190m/秒
テンプレートを表示

SS.11は、ノール・アビアシオンが製造した有線手動指令照準線一致誘導方式(MCLOS)の対戦車ミサイルである。フランス陸軍には1956年から配備され、1980年代の生産終了までにおよそ18万発が製造された。

アメリカ軍の型式番号はAGM-22

開発[編集]

SS.10(Nord-5203)の後継機として1953年に開発が始められ、開発コードはNord-5210である。このミサイルは、SS.10の大型化および車両、艦船、ヘリコプターから射撃可能という要求仕様に基づいて開発された。フランス陸軍に採用されると、SS.11の型式が与えられた。

B型は、電子部品の一部を固形のものに改良されたミサイルである。

実績[編集]

アメリカは、1958年にSSM-A-23 「ダート」の開発が中止されるとSS.11の評価試験を始め、1961年に導入が決定した。このミサイルはUH-1Bヒューイに搭載され、運用される。

初めて戦場に投入されたのはベトナム戦争の最中の1966年である。1979年には退役し、後継機としてBGM-71 TOWが配備された。イギリス空軍では、フォークランド紛争にて少なくとも4発が発射され、アルゼンチンの砲兵隊を攻撃している。

手動による誘導のためミサイルの性能は悪く、射撃には訓練が必要とされる。フランス海軍ではSS.11 4連装発射機を搭載した高速艇ラ・コンバタントP730(La Combattante P730)を建造したが、動揺する艦上からの手動誘導は無理があり、後にエグゾセの試験艦となっている。

特徴[編集]

弾頭の交換が可能である。

  • 140AC 成形炸薬弾 600mmのスチール合金を貫通できる
  • 140AP02 榴弾
  • 140AP09 対人用弾頭
  • 140CCN 対舟艇用弾頭

発射時に1.2秒間発射薬が燃焼し、その後20秒間推進薬が燃焼することで飛行する。

誘導は噴射ガスの角度を変えて行われる。飛行中に回転することから、ミサイルと地面の位置関係を検出するジャイロスコープが搭載される。この構造はAT-3サガー対戦車ミサイルと似ている。

派生[編集]

  • SS.11 / AGM-22
    • SS.11A1 / XAGM-22A
    • SS.11B1 / XAGM-22B
    • SS.11B1 (演習弾) / XATM-22B

採用した国と地域[編集]


外部リンク[編集]