一式半装軌装甲兵車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
一式半装軌装甲兵車 ホハ
Type 1 Ho-ha.jpg
基礎データ
全長 6.10 m
全幅 2.10 m
全高 2.51 m
重量 7.00 t
乗員数 3 名+兵員12名
装甲・武装
装甲 6 mm
副武装 7.7 mm 重機関銃×3
機動力
速度 50 km/h
エンジン 日野重工DB52型 統制一〇〇型
空冷直列6気筒ディーゼル
134 hp / 2000 rpm
懸架・駆動 半装軌式
行動距離 300 km
テンプレートを表示

一式半装軌装甲兵車 ホハ(いっしきはんそうきそうこうへいしゃ ほは)とは、第二次世界大戦において大日本帝国陸軍が使用した装甲兵員輸送車。「半装軌」とは本車が半装軌車であることを示す。

概要[編集]

日本陸軍は戦前から装甲で覆われ、装軌式(無限軌道を装備)の車両を研究していた。1933年昭和8年)には九二式重装甲車の足回りを使用した試製装軌自動貨車 TCが試作され、試製装軌自動貨車 TE1934年)、試製装甲兵車 TG1935年)と続いた。

初めてモノになったのは試製九八式装軌自動貨車1938年)であった。名称こそ「試製」と試作扱いだったが性能がよく、量産されたものが部隊に引き渡された。

この成功を受け新たに開発されたのが本車である。但し部内では「装軌(全キャタピラ)」か「半装軌(ハーフトラック)」かという論争が起き、本車と同時に一式装甲兵車 ホキも開発、制式化されている。

本車は1941年皇紀2601年)に制式化された。「一式」は皇紀の下2桁を取っている。最高で50 km/hを出すことができ、最大で12 名の兵士もしくは2 t の貨物を搭載できた。

但しこの時期に開発された他の軍用車輌同様、軍部が少ない資源や人員、予算を航空機や船舶に重点的に振り分けたため、実際に量産が開始されるのは1944年(昭和19年)になってからである。生産された車輌は軍が「決戦場」と定めたフィリピン、あるいは中国大陸に送られたがとても十分な数とは言えず、途中で輸送艦ごと沈められた例も少なくない。

結局、ドイツ軍Sd Kfz 250Sd Kfz 251アメリカ軍M3が大量に使われたのとは対照的に、大戦に於ける日本軍兵士の移動手段は基本的に徒歩に拠らざるを得なかった。輸送車輌そのものが少ないという以前に、自動車免許取得者が少ないという時代だったのである。

戦後、本土決戦用に内地にとどめ置かれた本車は大部分が解体されたが、一部は生き残り、戦後復興に一役買っている。一例として東京都では本車を改造したものがゴミ収集車として使用されていた。

また、本車を製造していた日野重工では、終戦後の民需転換のために本車のエンジン・シャーシを利用して大型のトレーラー式トラックやバスを製造した。