特三式内火艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
特三式内火艇
Ka-Chi1.jpg
性能諸元
全長 10.3 m
車体長 m
全幅 3.00 m
全高 3.82 m
重量 28.25 t(含む浮舟)
速度 32 km/h(陸上)
10.5 km/h(水上)
行動距離 320 km(陸上)
140 km(浮航)
主砲 47mm戦車砲
副武装 九七式7.7mm車載重機関銃×2
装甲 10〜50 mm
エンジン 統制一〇〇型
空冷V型12気筒ディーゼル
240 馬力/2000 rpm
乗員 5〜7 名
テンプレートを表示

特三式内火艇 カチ(とくさんしきうちびてい カチ)は大日本帝国海軍海軍陸戦隊)の水陸両用戦車。1943年(昭和18年/皇紀2603年)に制式採用された(年式は皇紀による)。

九五式軽戦車の部品を流用して作られた特二式内火艇に対し、一式中戦車の部品を流用して作られたのが特三式内火艇である。

車体前後の金属浮舟はよりいっそう流線型となり、武装も47mm砲を搭載していた。浮舟を装備した水上状態でも車体(船体)のほとんどは水面下になってしまうため、砲塔からは展望塔が大きく突きだし、機関室上部にもキノコ状のシュノーケル装置が取り付けられている。

潜水艦に搭載されることも考慮されていたため、主要部には耐圧構造が施されていた。

生産は19輛にとどまり、実戦には参加しなかった。

終戦時、横須賀第十六特別陸戦隊に20輛が配備されていた。