二式砲戦車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
二式砲戦車 ホイ
Type 2 Ho-I gun tank.jpg
性能諸元
全長 5.73 m
全幅 2.33 m
全高 2.58 m
重量 自重15.4t 全備重量16.7t
懸架方式 平衡式連動懸架装置
速度 44 km/h
行動距離 200 km
主砲 九九式七糎半戦車砲×1
副武装 九七式車載重機関銃×1
(車体左前面)
装甲 50mm(車体前面)
50mm(砲塔前面)
エンジン 統制型一〇〇式
空冷4ストロークV型12気筒
ディーゼルエンジン
240 hp/2000rpm
乗員 5名
テンプレートを表示

二式砲戦車 ホイ(にしきほうせんしゃ ホイ)は、第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍砲戦車自走砲)。各戦車連隊において、中戦車の火力支援を目的に開発された。

概要[編集]

試製一式砲戦車

ホイホイ車)は、1937年(昭和12年)に開発が着手された。当初、対戦車砲陣地を破壊するための援護射撃を行う自走砲として構想されたため、主砲は歩兵連隊に大口径歩兵砲として配備されていた山砲四一式山砲を改造して搭載した。当初は対戦車戦闘は想定されておらず、本来であれば自走砲であるが、開発にあたったのが戦車開発を担当していた第4陸軍技術研究所であったため、砲兵ではなく機甲兵向けの「砲戦車」と呼称された。

1940年(昭和15年)12月、九九式七糎半戦車砲(23.9口径、75 mm )の試製砲が完成した。これは薬室容量は四一式山砲と同じだが、九四式山砲と同型式の水平鎖栓式を採用した、全く新規に開発された砲であった。よって四一式山砲用の弾薬(弾薬筒)がそのまま使用できた。しかし四一式山砲用そのままでは初速不足であることから、四一式山砲用と同じ薬莢を用いながらも、装薬を変え増量した、新規格の弾薬筒が開発された。これにより初速が360m/sから445m/sに増大した。しかしわずかしか生産されない二式砲戦車のために新規格の弾薬を生産することは非効率として、結局生産は行われず、四一式山砲用の九四式榴弾をそのまま使用することになった。

この砲を九七式中戦車 チハ(チハ車)の車体に搭載した車輌が1941年(昭和16年)春に完成し、試製一式砲戦車と命名、同年中に試験が実施されたが、移動する目標に対する射撃の困難と、装甲貫徹力の低さが指摘された。

二式砲戦車、側面

1942年(昭和17年)、一式中戦車 チヘ(チヘ車)の車体をベースに、同様の密閉式旋回砲塔の車輌が製作され、これが二式砲戦車となった。

九九式七糎半戦車砲のベースとなった四一式山砲は、対戦車砲としても用いられていたため徹甲弾が用意されていた。また大戦後期になって開発された二式穿甲榴弾というタ弾成型炸薬弾)を使用することにより、対戦車戦闘を行うことも構想されていた。このタ弾は射距離に関わらず100mmの装甲を貫徹することができた。1943年(昭和18年)8月、二式砲戦車によるタ弾の射撃試験が実施され、殺傷威力確認用のウサギを収めた標的車(中古チハ車)に対して射距離800mから射撃し全弾命中したという[1]

なお当時開発中であった試製五十七粍戦車砲(甲)は、九九式七糎半戦車砲の砲身と交換して搭載可能なよう考慮されていた[2](九九式七糎半戦車砲と試製五十七粍戦車砲は、共に放列砲車重量543kg、電気発火方式、後座長500mm、俯仰角-15度~+20度と同一であった。また試製チト1号車に搭載した溶接砲塔は二式砲戦車の搭載する物に類似していたとされる)。

本車は1944年(昭和19年)に生産開始され、量産車は三菱重工東京機器製作所にて30輌が生産された。すべての車輌が本土防衛用に温存され、実戦には投入されていない。

装甲貫徹能力[編集]

九九式七糎半戦車砲のベースになった短砲身18.4口径の四一式山砲の場合、徹甲弾の鋼板貫通限界厚は射距離100m/50mm、500m/46mm、1,000m/43mmであった[3])。九九式七糎半戦車砲は四一式山砲の弾薬と共用であるが、長砲身23.9口径であり初速が速いため、四一式山砲の鋼板貫通限界厚の数値よりも徹甲弾の貫通威力はやや大きいと思われる。

九九式七糎半戦車砲と弾薬が共用である四一式山砲用の二式穿甲榴弾(タ弾)は、装甲75~100mmを貫通可能であり、終戦時に完成品及び半途品を含めて合計55,000発以上存在していた[4]

二式穿甲榴弾と思われる成形炸薬弾は連合軍に鹵獲されており、1944年4月に実施された射撃試験によればマチルダII歩兵戦車の車体正面(装甲厚75mm)を貫通している(詳細は四一式山砲のページを参照されたし)。

脚注[編集]

  1. ^ 『機甲入門』p531
  2. ^ 佐山二郎「日本陸軍の火砲 歩兵砲 対戦車砲 他」p360
  3. ^ 佐山二郎「日本陸軍の火砲 野砲 山砲」p408。
  4. ^ 佐山二郎「日本陸軍の火砲 野砲 山砲」p406。

参考文献・その他[編集]

  • 佐山二郎『機甲入門』光人社、2002年。
  • 佐山二郎「日本陸軍の火砲 歩兵砲 対戦車砲 他」ISBN 978-4-7698-2697-2 光人社NF文庫、2011年
  • 佐山二郎「日本陸軍の火砲 野砲 山砲」 ISBN 978-4769827450 光人社NF文庫、2012年

関連項目[編集]