一式装甲兵車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
一式装甲兵車 ホキ
基礎データ
全長 4.78 m
全幅 2.19 m
全高 2.58 m
重量 6.50 t
乗員数 3 名+兵員12名
装甲・武装
装甲 6 mm
主武装 非武装
副武装 非武装
機動力
速度 42 km/h
エンジン 統制型
空冷直列6気筒ディーゼル
134 hp / 2000 rpm
懸架・駆動 装軌式
行動距離 300 km
テンプレートを表示

一式装甲兵車 ホキ(いっしきそうこうへいしゃほき)とは、第二次世界大戦に於いて日本陸軍で使用された装甲兵員輸送車

1941年皇紀2601年)に一式半装軌装甲兵車と共に制式化され、皇紀の下2桁を取って「一式」と呼ばれる。ハーフトラック形式の一式半装軌装甲兵車とは違い、全装軌式である。

生産は日野重工で行われた。ただし制式化は1941年と早いが、軍が貴重な資源や人員、予算を航空機や船舶に重点的につぎ込んだため、生産開始は1944年(昭和19年)である。量産された車両は陸軍が決戦場と定めたフィリピンに送られたが、輸送途上で潜水艦の攻撃により、沈められたものもある。

本車の大部分は海外領土の喪失や輸送手段の欠乏により、ほとんどが内地にとどめ置かれ、本土決戦用に戦車第1連隊に配備された。

本車は少なくとも200輌が生産された[1]。昭和19年度~昭和20年度の生産数は合計501輌(ホハとホキの生産比率不明)であった[2]

姉妹車に後部の架台を物資輸送用に変更した一式装軌貨車がある。

脚注[編集]

  1. ^ 『機甲入門』 541頁。
  2. ^ 『主要兵器別生産状況 昭和20年8月31日 陸軍兵器行政本部』 4頁。

参考文献・その他[編集]

  • 佐山二郎 『機甲入門』 光人社、2002年。
  • アジア歴史資料センター 『主要兵器別生産状況 昭和20年8月31日 陸軍兵器行政本部』 リファレンスコードC14011026600