特四式内火艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
特四式内火艇
基礎データ
全長 11.00 m
全幅 3.30 m
全高 2.25 m (車体)
4.05 m (防盾含む)
重量 16 t
乗員数 5 名
装甲・武装
装甲 前面 10 mm (軟鉄)
主武装 45 cm魚雷 × 2
副武装 九三式十三粍機銃 × 2
備考 積載量 4 t
機動力
速度 20 km/h (整地時)
8 km/h (水上)
エンジン 三菱 A六一二〇VDe 空冷直列6気筒ディーゼル × 1
120 hp
行動距離 300 km (水上)
テンプレートを表示

特四式内火艇 カツ(とくよんしきうちびてい/ないかてい カツ)は大日本帝国海軍海軍陸戦隊)の水陸両用装軌車1944年昭和19年/皇紀2604年)に制式採用された(年式は皇紀による)。

概要[編集]

帝国海軍は上陸作戦用にこの種の車輌を開発しており「特型内火艇」(内火艇とは海軍独特の呼び名で、内燃機関を動力源とする小型艦載艇のこと)と呼称した。基本設計は呉海軍工廠で行われた[1]

本車は、上陸作戦用の大発動艇(大発)が糧食弾薬を運搬する際、波打ち際での揚陸作業中に攻撃を受けて度々被害を出していたことへの対策として発案され、アメリカ軍のLVTの情報を参考としていた。

設計当初構想された運用方法は、夜間に沖合の潜水艦から発進し、夜が明ける前に上陸、砂浜からジャングルの葉陰に移動し隠れる事で敵の攻撃を避けるというものだった。すなわち上陸能力を与えられた運貨艇としての運用が想定されていたといえる。貨物の積載能力は4 t で、LVTと同じく車体自体に浮力を持たせており、他の特型内火艇のような着脱式の舟形フロートは不要である。車体サイズには余裕がありこれが魚雷を搭載した攻撃兵器に転用された理由だと思われる。

1944年に潜水艦部隊である第六艦隊隷下の第15潜水隊(潜水艦6隻)にマーシャル諸島のアメリカ艦隊を攻撃するという竜巻作戦が検討された。作戦の着想は、艦船兵器の整備を担当した軍令部第二部部長・黒島亀人といわれる[1]。これは魚雷を搭載した本車が環礁を形成するサンゴ礁の外側の潜水艦から発進、無限軌道で岩礁を乗り越えて環礁内に侵入、敵艦隊を魚雷攻撃するというもので、車体にも爆薬を搭載した特攻作戦であった。この作戦に向けて実験が繰り返され、魚雷発射の試験は問題がなかったものの、特二式内火艇から流用された無限軌道は岩礁に踏み込むと破損しやすく、空冷ディーゼルエンジンは騒音が激しく隠密性も低かった。作戦実行時の潜水艦長に指名されていて、実験にも参加した板倉光馬少佐によると、騒音は「まさに戦車が吼えている」感じで、走行性能は「ヒキガエルの王様」だったらしい。

潜水艦に搭載されることも考慮されていたため主要部は耐圧構造となっていた。しかし潜水艦からの発進には20分前後を必要とし、複数の潜水艦が敵前浮上して発進させるとなると肉眼はまだしもレーダーの目を逃れることはできず、大きな危険が予想された。また長時間、海中を運ばれてくる本車のエンジンが始動するか疑問であった。このため潜水艦長からは作戦に真っ向から反対され、技術陣からも作戦実行を不安視する意見具申が行われた。さらに潜航時のプロペラシャフト接合部からの油の漏洩が改善できず、位置暴露の原因になりかねなかった。

瀬戸内海広島県呉市情島の秘密基地で夜間の特訓を重ねた[1]。隊員が増えると対岸の倉橋島大迫地区に移転。約800人が実戦訓練を受けたという[1]

一時は1944年(昭和19年)4月10日[2]の決行を予定して準備が進められたものの、潜水艦による出撃は行われなかった。

潜水艦による襲撃が中止された後も将兵60余名によって構成された特攻部隊Z隊は解散されず、情島で訓練を行い、輸送船2隻に分乗して出撃したが、フィリピン沖合で1隻が撃沈され、作戦は中止された。

現存車両[編集]

本車は18輛が生産されたが[1]、最終的には50輛近くが生産されたとする資料もある。

本車のうち唯一現存する一両が、カリフォルニア州のバーストー米海兵隊補給廠(Marine Corps Logistics Base Barstow)に展示されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 朝日新聞』広島版、2011年9月5日付朝刊29面
  2. ^ 5月20日とする説もある。

参考文献[編集]

  • 堀元美 『潜水艦 その回顧と展望』 原書房、1987年、ISBN 4-562-01855-0
  • 板倉光馬 『あゝ伊号潜水艦』 光人社NF文庫、1993年、ISBN 4-7698-2005-4

外部リンク[編集]

関連項目[編集]