パッカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パッカード・スーパーエイト(1937年)

パッカードPackard )はかつてアメリカ合衆国に存在した自動車メーカー。

20世紀初頭に創業、高精度・高品質を備える優れた高級車を生産し、「その良さは持ち主に訊け」("Ask the Man Who Owns One.")というキャッチコピーと共に名声を得た。第二次世界大戦以前は同じくアメリカのキャデラック、ヨーロッパのロールス・ロイスデイムラーイスパノ・スイザメルセデス・ベンツなどと並び、世界を代表する名門高級車メーカーであった。

だが1930年代の不況期、中産階級向けの自動車にも進出し、却ってブランドイメージの低下を招き、更に後年には品質低下などの凋落を重ね、結果としてブランド・企業とも消滅の運命を辿った。

歴史[編集]

創業[編集]

ヘンリー・B・ジョイ

1899年に電気器具商だったジェームズ・ウォード・パッカードJames Ward Packard )とウィリアム・ダウド・パッカードWilliam Doud Packard )兄弟が、ジョージ・ルイス・ワイスGeorge Lewis Weis )と手を組んでオハイオ州ウォーレンにパッカード・アンド・ワイスを創業。暮れには第一号車となるオハイオをリリースし、同時に社名もオハイオ・オートモビル・カンパニーに改称した。

更に1902年10月2日社名をパッカード・モーターカー・カンパニーに変更、やがて鉄道業と不動産業で財を成したヘンリー・B・ジョイの支援を得て1904年に本拠をデトロイトに移す。

高級車[編集]

パッカード6(1913年)
パッカード12

やがて、ジョイによってアルヴァン・マコーレーが支配人に就任し経営面を取り仕切ると共に、技術部門の責任者であったジョシー・ヴィンセントが高性能のエンジンとシャーシを開発。1915年には当時ほとんど例の無かったV型12気筒エンジンを搭載した乗用車を発売し、高級車メーカーとしての名声を確固とした。

"Ask the Man Who Owns One."のコピーは当時から使われ、後年に至るまで多くのパッカードの広告やカタログにこのフレーズが記されている(戦前の日本で輸入を扱った企業2社でのカタログ翻訳は「パッカードの眞價はその所有者に就て聞かるべし」であった)。

1921年には大統領に就任したウォレン・ハーディングがパッカードで就任式典へと赴いている。アメリカ国内では、アル・ジョルソンルドルフ・ヴァレンチノといった映画スターやジョン・アスターヘンリー・ルースなどの大富豪がパッカードの愛用者となっていた。

アメリカ国外においても、ベルギーエジプトインドノルウェールーマニアサウジアラビアスウェーデンユーゴスラビアチリエルサルバドルメキシコなどで政府公用車や貴賓車として供せられた。

日本でも政府公用車として使用され、昭和戦前には皇室華族にも愛用される最高級車であった。一般にも「宮様か株屋の乗るもの」と言われ、貴賓層か、あぶく銭を得た投機家でもなければ乗ることのできない自動車と見られていた。竹久夢二による化粧品の広告コピー(1930年)にまでその車名が登場したほどで、知名度は高かった。

大恐慌後[編集]

パッカード120

しかし1920年代中期以降、ゼネラルモーターズフォード・モーターが大衆車から高級車に至るフルラインの販売戦略をとり始め、加えて世界大恐慌によってパッカードの市場であった高級車の売り上げが落ちてきた。

これに対応する形で、パッカードでは販路を広げるため、1935年に中級(中価格)車パッカード120を発売。それまでの高級感や品質の良さはそのままに価格を下げて、1月から10月までに24,995台を売り上げる成功を収めた。

しかし、パッカードが中産階級向けの車に進出したことは、従来絶対的な高級車であった「パッカード」のブランドイメージを低下させた失策とも言われている。同時期には、他の高級車メーカーやフルラインメーカーも、在来高級車より若干下位の廉価モデルを発売することで市場縮小に対処したが、その多くは在来高級車と別の車名か、サブブランドとすることで、ブランドイメージの全体維持を図った(ゼネラルモーターズがキャデラックの下位に「ラ・サール」ブランドを新設し、フォードがリンカーンの廉価版として、イメージの全く異なる「ゼファー」を発売したのがその例である)。

ともかくも経営の維持が図られ、1941年には新型車のパッカード・クリッパーを発売、しかしアメリカの第二次世界大戦参戦により軍需生産が優先され、パッカードを含む米国内各自動車メーカーの民生用乗用車生産は、1942年でいったん中止されることになる。

大戦後[編集]

生産再開期[編集]

パッカード・スーパーエイト1949年モデル(ビクトリア・コンパーチブル・クーペ)。高品質を維持したが、直列8気筒エンジンとやや鈍重なスタイリングは、当時の最新トレンドから既に一世代遅れていた
パッカード・クリッパー(1947年)

第二次世界大戦中は乗用車の生産は禁止され、パッカード社は1942年2月からイギリスの航空機用エンジンロールス・ロイス マーリンをライセンス生産した。軍需工場は受注の推移により戦況が予想できたようで、大戦終結前の1945年2月には、早くも民需生産への準備を開始した。

しかし、生産設備を野外に保管していた為、(対策を施していたにもかかわらず)湿気によるダメージを受け、生産開始前に修理が必要になり、実際の生産が本格的にスタートできたのは1946年に入ってからであった。伝統的なスタイルを持った1942年型パッカードのプレス型はすべてソビエト政府に売却したため、戦後型の生産はクリッパーのみでスタートした。

ソ連独裁者として君臨していた指導者ヨシフ・スターリンはパッカードの愛用者で、対枢軸国戦略上、スターリンの機嫌を取るため、当時のアメリカ大統領フランクリン・ルーズベルトの仲介で、大型パッカードのプレス型がソ連に売却されたものである。これを利用し、ソ連のZIS(ジス、のちのジル)工場ではパッカードそっくりのボディを持つ高級車が生産された。

クリッパーは1947年まで生産されたが、登場時は革新的なスタイルだったクリッパーもこの頃にはさすがに古さを感じさせるようになり、1948年型では大規模なマイナーチェンジで大幅なイメージチェンジを図った。実際のデザイン作業を行ったのは、大手の名門ボディメーカーであり、1941年以来パッカードのボディ製作を請け負っていたブリッグス社である。また、このモデルからステーションワゴンとコンバーチブルが新たに加わった。しかし、それでも、いち早く戦後型にモデルチェンジした他社の新型車に比べると見劣りがし、3年後の1951年型で戦後初めてフルモデルチェンジした。

1951年型は、パッカードにとって戦後初の全くの新型車である。ボディデザインはチーフスタイリストのジョン・ラインハートが担当した。経営面では1952年5月にジェイムス・J・ナンスが社長に就任、従来の大衆化路線を見直し、高級車としての権威を回復する路線に転換した。これを受け1953年型ではロングホイールベースモデルや、セミカスタムモデルが復活し、モデル名としてクリッパーの名称も復活した。

凋落期[編集]

パッカード・クリッパー(1955年)

1953年末、パッカードにとって非常に困難な事態が発生した。パッカード車のボディ製造を請け負っていたブリッグス社が、経営問題に乗じる形でライバルのクライスラーに買収され、パッカード車のボディの生産が出来なくなるという事態が生じたのである。交渉の結果1954年型の生産は継続される事になったが、それ以降は拒絶され、1955年型以降は他社に依頼するか自社で生産するかの選択を迫られた。パッカード社はブリッグス社の空いている工場を借り、ボディのみならず、最終組み立てもその工場で自社で行うと決定した。しかし、急ごしらえのラインで不慣れな工員に生産をさせたことが災いし、品質は低下、クレームが多発した。品質水準は徐々に回復したが、解決までには1年以上を要し、パッカードのイメージと信用は大いに傷ついた。

最終期のパッカードのリア部
スチュードベーカーのマークがついているため、スチュードパッカードと渾名された。

経営が悪化したパッカード社は1954年10月に中堅の中級車メーカーのスチュードベーカーを吸収合併し、スチュードベーカー=パッカード社に改組し苦境を乗り切ろうとするものの、一方のスチュードベーカーの経営状態も決して良いものではなかった。また、合併直後にスチュードベーカー側が損益分岐点(生産台数)を少なく見積もっていたという帳簿上のミスが発覚した。両社の合併に関しては、事前精査なしでフレンドリーな話し合いで契約を結ぶという経営が行われていたため、契約前に事態を把握する事が出来なかったのであるが、このような経営では事態は改善できず、また、多大な設備投資や防衛システムの受注失敗などもあり、1956年には危機的状況に陥った。

GMフォードクライスラー等に支援を要請したが断られ、最終的に1956年8月に3年の期限付きで航空機メーカーのカーチス・ライトと経営顧問契約を結ぶ事になった。しかし、カーチス社の真の目的は子会社化したスチュードベーカー=パッカード社の累積赤字を利用して業績の良いカーチス社の税金を相殺(節税)する事にあったと言われており、そのためにスチュードベーカー=パッカード社の業績は全く好転せず、契約が切れるとカーチス社は手を引きスチュードベーカー=パッカード社の業績はますます悪化した。

前後するが、1955年型ではトーションバーと電気モーターを用いた前後関連式の車高自動調整式サスペンションを用いたモデルを発売。販売は一時上向いたものの、同じ年に車名の「クリッパー」が商標権の侵害であるとしてパンアメリカン航空から訴えられ、1956年型は、後車軸のリコール問題を起こすなど、高品質を誇ったかつてのパッカードからは考えられないトラブルが頻発した。ブランドイメージ低下に加え、品質面での劣化も明らかになるなどで、市場の信頼は急速に低下し、販売は大幅に落ち込んだ。

このためパッカードに見切りを付け、他ブランド車(キャディラックリンカーンなど)に乗り換えるユーザーや、取り扱い車種を他ブランド車に鞍替えする販売店も続出した。

また、この頃になると、大メーカーの激しいモデルチェンジ攻勢についていけなくなり、デザインも時代遅れになりつつあった。販売台数の減少によりスチュードベーカーと異なる独自のシャシー、ボディを使用し続ける事がコスト的に困難になり、1957年型以降はスチュードベーカーのボディシェルを共用して豪華に飾り立てたものに成り下がってしまった。「スチュードパック(Studepack)」や「パックベーカー(Packbaker)」といった不名誉なニックネームを頂戴したのはこの頃である。

その後も他社への支援の要請や、次期型の開発などパッカード延命の努力も続けられたが、経営陣は、パッカードブランドの存続は困難との結論に達し、結局、パッカードブランドでの自動車製造は1958年に打ち切られ、ブランドは消滅した。また、1962年にスチュードベーカー=パッカード社はスチュードベーカー社に社名変更し、会社名からもパッカードの名が消され、自動車メーカーとしてのパッカードの歴史は名実共に幕を閉じた。

車種一覧[編集]

  • 110
  • 120
  • 160
  • 180
  • 200
  • 250
  • 300
  • 400
  • バルボア
  • キャバリエ
  • クリッパー(エイト)
  • ホーク
  • メイフェア
  • パトリシアン
  • リクエスト
  • スーパーエイト
  • パンサー
  • パンアメリカン

日本での販売[編集]

大正末期三柏商会[1]により輸入販売され、1931年に、三菱財閥川崎財閥等により東京の赤坂に設立された三和自動車[2](後にミツワ自動車に社名変更)が日本総代理店(朝鮮半島などの植民地も含む)[3]となった。同社はパッカードブランド車が消滅するまで代理店を務め、満州国の総代理店も務めた。

なお、日中戦争の激化と国産車の保護政策により1940年に外国車の輸入が中断されるまでの間に、多数のパッカードが日本とその植民地に輸入され、皇族華族、軍部や政財界の上層部に愛用された[4]

脚注[編集]

  1. ^ 三柏商会広告『官報』1926年3月16日(国立国会図書館デジタル化資料)
  2. ^ 三和自動車広告『官報』1936年11月9日(国立国会図書館デジタル化資料)
  3. ^ ミツワ自動車沿革
  4. ^ 三柏商会広告販売先一覧『官報』1929年5月21日(国立国会図書館デジタル化資料)

参考図書[編集]

  • ロバート・ソーベル 鈴木主税訳『大企業の絶滅』(ピアソン・エデュケーション、2001年) ISBN 4894716402
  • 『カタログで振り返るスチュードベーカーの戦後史』当摩節夫著 掲載誌SUPER CG No.48二玄社
  • 『カタログで振り返るパッカードの戦後史』当摩節夫著 掲載誌SUPER CG No.49二玄社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]