藤沢武夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ふじさわ たけお
藤沢武夫
生誕 1910年11月10日
東京都小石川
死没 1988年12月30日
東京都港区六本木
国籍 JPN
別名 六本木の伯父上
職業 実業家経営者
肩書き 副社長 最高顧問
配偶者 藤澤好子

藤沢 武夫[1](ふじさわ たけお、1910年11月10日 - 1988年12月30日)は実業家東京市出身(本籍は父の出身地である茨城県結城市[2])。本田宗一郎と共に本田技研工業(ホンダ)を世界的な大企業に育て上げた。本田宗一郎の名参謀と言われ、本田は藤沢に実印と会社経営の全権を委ね、自らは技術者に徹していた。

劇作家藤沢文翁は孫にあたる。

来歴・人物[編集]

1910年(明治43年)、東京市小石川区(現・東京都文京区)で、父秀四郎、母ゆきの間に生まれる。旧制京華中学校を卒業後、1934年(昭和9年)から「三ツ輪商会」という鋼材小売店に勤める。1939年には独立して「日本機工研究所」を設立。しかし戦争が激化したため同社をたたみ福島県に疎開する。終戦後も福島にとどまり製材業を営む。

1949年(昭和24年)8月通産省(当時)技官の竹島弘[3]の引き合わせで本田宗一郎と出会い、同年10月には製材業を引き払い上京、ホンダの常務に就任。東京営業所の開設[4]を皮切りに、ホンダの財務並びに販売を一手に取り仕切るようになる。1952年(昭和27年)には専務、1964年(昭和39年)には副社長に就任。派閥解消のための役員大部屋制や役員の子弟を入社させないといったシステムや1954年(昭和29年)に発表された本田の「マン島TTレース出場宣言」は藤沢によるもの[5]

1973年(昭和48年)、社長の本田とともに副社長を退き取締役最高顧問となる。この引退は後継育成を見極めた藤沢が決断したもので、本田はその藤沢の決断を聞いた際に藤沢の意思をくみ取り、引退を決断したと言われている[要出典]。創業25周年を前にしての両者の現役引退は、当時最高の引退劇とも評された。

1979年(昭和54年)、鈴鹿サーキット多摩テック(閉園)のマスコットキャラクター「コチラちゃん」のデザインモデルとして手塚治虫から取材を受け、同年10月に「コチラちゃん」はマスコットとして誕生した[6]

1983年(昭和58年)には取締役からも退く。その後は東京六本木で骨董店「高会堂」を開き、趣味人として余生を過ごした。影に徹した事、また経営者でありながら風流人な一面を持つ点、その卓越した経営手腕によって経営者達のファンが多い。またMBAコース等での教材として度々取り上げられる人物である。

1988年(昭和63年)12月30日心筋梗塞により死去。78歳没。

1989年(平成元年)1月24日従四位勲三等旭日中綬章受章。

エピソード[編集]

  • 日本では本田の影に隠れて、あまり広く知られていない藤沢だが、稀代の名参謀と呼ばれ、ビジネススクールでは度々取り上げられている[7]。しかし本人は「私は経営学など勉強した事がない。何冊か手にとって読んだことはあるが、結局その逆をやれば良いんだと思った。」と語っていた。「経営者とは、一歩先を照らし、二歩先を語り、三歩先を見つめるものだ。」との言葉も残している。
  • 現役時代の藤沢は、本社とは別に銀座の越後屋ビルの一室を借り、調度品にいたるまで全て黒で統一し、その部屋にこもって経営戦略を練ったという。また洒落者で知られ、着流し姿で出社することもしばしばあったという。
  • 無類の舞台好きであり、歌舞伎はもとより、世界各国のオペラ座に着物姿で観劇した。また、常磐津が玄人並の腕前で「文王」の名も持っていた。
  • 隠居後の藤沢は「自分は引退した老骨」と語り、自分から社の経営に口を出す事はしなかった。政界財界人との交流もあまりなく、むしろ先代の中村勘三郎や作家の五木寛之谷崎潤一郎などの文化芸術人との世間話を楽しむ風流人として過ごした。
  • 上記のように舞台や音楽鑑賞を趣味とした藤沢に対し、本田はゴルフなどの行動的な趣味を持っていた事から、不仲説が浮上したことがあった。しかし当人たちは、互いが当時住んでいた地名の「下落合」(本田)、「六本木」(藤沢)と呼びあうなど良好な関係だった。「いつも手をつないで一緒にいるのを仲良しとは呼ばない。私達は離れていても、今この瞬間、相手が何を考え、どうするかが、手に取るように分かる。」とも語っている。
  • 洒落た紳士的な雰囲気の一方で、仕事に対して厳しく部下の不手際を叱る際は容赦なく厳しい言葉を浴びせた。大きな目と半開きぎみの口から次々と大きな声で怒鳴る仕草から当時流行っていた怪獣映画になぞらえ「ゴジラ」とも陰で呼ばれていた。
  • 「本田神話のシナリオを書いた男」「名参謀」などの異名を持ち、「経営はアートであり、演出の基本は意外性である」と語っている。
  • 「ホンダの社長は、技術畑出身であるべき。」という言葉を残している。この方針はホンダにおいて現在まで忠実に守られており、初代の本田から現職の伊東孝紳に至るまで、歴代の社長7名全員が技術畑出身である。
  • マスコットキャラのコチラちゃんは、最初他のものにしようとしていた手塚治虫が藤沢を見て、突然完成させてしまった。大きな目と大きな体、そして大声だったので、当時の社員から「ゴジラ」とあだ名されていた事も要因である。
  • 学校法人玉川学園に多額の寄付をしており、またプールなどの施設や、構内の美術品の多くは藤沢からの贈り物である。

作行会[編集]

藤沢と本田は、ホンダの株式及びそれに伴う配当金などから得た莫大な創業者利益を元に、1961年に苦学生への研究助成を行う基金として「財団法人作行会」を設立した。同会が給付する奨学金・助成金に関しては、藤沢が考案した以下の条件があった。

  1. 奨学金の用途は問わない(遊びに使おうが、生活費に使おうが自由)。
  2. レポートは必要ない。
  3. 将来の進路も自由。
  4. 返還の必要はない。
  5. 誰が支給しているか知らせてはならない。

作行会は1983年(昭和58年)に解散するが、本田・藤沢の二人が作行会のスポンサーであったことは当時は徹底的に伏せられ、解散記念謝恩会の席で初めて二人がスポンサーであった事実が公開された。この会からの助成金を受け取った研究者の1人に毛利衛がいる。

著作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「沢」の戸籍上表記は旧字体の「」。
  2. ^ 「カイシャの世紀を開く―大家族・漢字文化と日本騎馬民族」(西東玄著、プレジデント社)199頁
  3. ^ 藤沢は戦前より竹島(当時は中島飛行機社員)を通じて本田の名前だけは知っていたという。
  4. ^ 本段ここまでの出典:IRマガジン・2006年夏号Vol.74
  5. ^ ジャストリンク特集記事「経済偉人列伝」vol.8 本田技研工業 藤沢武夫(2/2)
  6. ^ 現在、コチラちゃんはホンダ傘下のサーキット施設運営会社「モビリティランド」のマスコットキャラクターになっている。
  7. ^ Harvard Business School Honda(B) 9-384-050 by E.Tatum Christiansen, RIchard T. Pascale

関連項目[編集]