ホンダ・フリードスパイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホンダ・フリード > ホンダ・フリードスパイク
ホンダ・フリードスパイク
GB3/4/GP3型
エアロ(前期型)
Honda Freed Spike Aero.jpg
標準車(前期型)
Honda Freed Spike 1.JPG
標準車(前期型) リア
Honda Freed Spike 2.JPG
製造国 日本の旗 日本
販売期間 2010年-
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドア トールワゴン
エンジン L15A型:1.5L 直4 SOHC i-VTEC
LEA型:1.5L 直4 SOHC i-VTEC i-DSI(ハイブリッド専用)
モーター MF6型:薄型DCブラシレスモーターハイブリッドのみ)
変速機 FF:CVT
4WD:5速AT
駆動方式 FF / 4WD(4WDはガソリン車のみ)
サスペンション 前:ストラット式
後(FF):車軸式
後(4WD):ド・ディオン式
全長 4,210mm
全幅 1,695mm
全高 FF:1,715mm
4WD:1,745mm
ホイールベース 2,740mm
車両重量 FF:1,270-1,330kg
4WD:1.360-1.390kg
ハイブリッド方式 HVHonda IMAシステム
先代 ホンダ・モビリオスパイク
-自動車のスペック表-

フリードスパイク(Freed spike)は、本田技研工業が製造・発売するトールワゴン型の小型乗用車である。

本項目では、ハイブリッドカーフリードスパイク ハイブリッド(Freed spike hybrid)についても記述する。

概要[編集]

同社のミニバンフリードをベースに、3列目のシートを廃する代わりにフィット同様のダイブダウン式の2列目シートを採用し、反転式のフロアボードと(暗窓となったクオーターウインド裏面に)サイドポケットを設けることでカーゴスペースの使い勝手を追求したモデルである。名前からも分かる通り、かつて販売されていたモビリオスパイクのフリード版にあたる。

フリードが登場した際には「FLEX」という2列シートモデルが存在していたが[1]、FLEXには上記の装備がないという決定的な違いがある。なお、この違いは主として荷室高と荷室長に表れており、2列目の格納にダブルフォールディング式を採用するFLEXに対し、ダイブダウン式を採用するスパイクは荷室高では劣るが逆に荷室長では2m超と勝っており、車内泊など大人が楽に寝られるだけの長さを確保している。

また、ヘッドライトバンパーフェンダーなどといったフロント周りを専用品にすることで、フリードとのキャラクターの違いを明確にしている半面、フリードに設定されるドアミラーウインカーは、前期型においてはオプションも含めすべてのグレードで設定がなかった(中期・後期型では「G」以外に標準装備された)。リアのエンブレムは「Spike」ロゴのみが配される。

駆動方式とトランスミッションの組合せは限定されており、FF(2WD)車はCVT4WD車は5速ATとなる。また、フリードと同様に、全車「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(★★★★)」認定を取得すると共に、FF車は「平成22年度燃費基準+25%」を達成している[2]

搭載エンジン[編集]

初代 GB3/4/GP3型(2010年- )[編集]

中期型 フリードスパイクハイブリッド
ジャストセレクション
同車内(ダッシュボード
  • 2010年5月21日 - 公式ティーザーサイトが開設される。
  • 2010年6月21日 - 同サイトにて発表予定日が公表された。
  • 2010年7月8日 - 正式発表される(発売は翌7月9日)。発表時にはコールマンと共同開発し、簡易タープやインナーベッドを備えた「キャンピングステーション」やアシックスと共同開発し、簡易シャワールームやシューズケースを備えた「ランニングステーション」も披露された[3]
  • 2011年9月30日 -「フリード ハイブリッド」および「フリード スパイク ハイブリッド」のティーザーサイトがオープンされる。
  • 2011年10月27日 - マイナーチェンジが行われた(発売は翌10月28日)。運転席アームレストを新たに標準装備するとともに、「G」を除く全グレードで助手席にもアームレストを装備した。また、全車でVSA・ヒルスタートアシスト機能・3点式ELRシートベルト(全席)・ECONモードを標準装備した。グレード体系が一部変更となり、「C」と「Giエアロ」を廃止して3グレードに整理した。
    さらに、事前に予告されていたハイブリッドモデルを追加設定した。本モデルではクロームメッキ+クリアブルー塗装を施した専用フロントグリルやメッキ+クリアブルーのヘッドライトガーニッシュなどを採用したエアロフォルムの専用エクステリアデザインとしたほか、1.5L i-VTEC+IMAを組み合わせた独自のハイブリッドシステム・ECONモード・エコアシスト(エコロジカル・ドライブ・アシスト・システム)を備えたことでJC08モード走行で21.6km/Lの低燃費を実現した。さらに、フロントウィンドウに遮音機能付ガラスを採用するとともに、吸音・遮音材を追加することで静寂性も実現。また、IMAバッテリーの搭載によるフロア高の上昇を反転フロアボードの高さの見直しによって抑えたことで、フルフラットモード時ではガソリン車と同等の荷室空間を実現した。グレードは「ハイブリッド」と「ハイブリッド・ジャストセレクション」の2グレードを設定した。
  • 2012年4月5日 - 新グレードとして、ディスチャージヘッドライト(ハイ/ロービーム、オートレベリング/オートライトコントロール機構付)、リア両側パワースライドドア、Hondaスマートキーシステム(Hondaスマートキー2個付)、クルーズコントロール、15インチアルミホイールなどを標準装備した「GL」・「GエアロL」が追加された(発売は4月19日)。併せて、ハイブリッドのオプション設定にリア左側パワースライドドアなどを追加した。
  • 2012年11月22日 - 一部改良が行われた。「G・ジャストセレクション」・「ハイブリッド」・「ハイブリッド・ジャストセレクション」にディスチャージヘッドライト(ハイ/ロービーム、オートレベリング/オートライトコントロール機能付)とセキュリティアラームを、「Gエアロ」にセキュリティアラームをそれぞれ追加装備し、「ハイブリッド・ジャストセレクション」にはさらにHondaスマートキーシステム、イモビライザーも追加装備した。「G・ジャストセレクション」のFF車は「平成27年度燃費基準」を達成した。なお、グレード体系の整理により、同年4月に追加した「GL」・「GエアロL」がわずか7か月で廃止となり、前年10月のマイナーチェンジ当初のグレード体系に戻った。
  • 2013年11月7日 - 特別仕様車「G・ジャストセレクション+(プラス)」、「Gエアロ・クールエディション」、「Hybrid・ジャストセレクション+」が発表された(11月8日販売開始)。「ジャストセレクション+」は「G」と「Hybrid」の「ジャストセレクション」をベースに、スーパーUVカット・フロントドアガラスとナビ装着用スペシャルパッケージを装備(「G・ジャストセレクション+」はベース車に標準装備されている後方視界支援ミラー、センタードリンクホルダーを非装備化)し、「G・ジャストセレクション+」にはプライムスムース&スウェード調ファブリックコンビシートも特別装備。「クールエディション」は「Gエアロ」をベースに、プライムスムース&スウェード調ファブリックコンビシートとナビ装着用スペシャルパッケージを装備し、フロントグリルとリアライセンスガーニッシュにダーククロムメッキを、ステアリングホイールとセレクトレバーに本革巻をそれぞれ施した。
  • 2014年4月17日 - マイナーチェンジが行われた[4]。スーパーUVカット・フロントドアガラスとアレルクリーンシートを全タイプに、プラズマクラスター技術を備えたフルオート・エアコンディショナーを「G」を除く全タイプにそれぞれ標準装備。そのほか、フロントデザイン(グリル・バンパーガーニッシュ)を変更し、リアコンビランプのブレーキ発光面を赤に、フリードスパイクハイブリッドのフルホイールキャップを2トーンカラーのレイヤードフィンタイプにそれぞれ変更。ボディカラーには「グラマラスモーブ・パール」を追加した。

車名の由来[編集]

  • 「free(自由な)+do(行動する)」というフリードをベースに、スパイクシューズのような「タフで機能的、遊び心のあるクルマ」という意味から。

脚注[編集]

  1. ^ フリードが2011年にマイナーチェンジした際に、FLEXは廃止されて本モデルに統合された。
  2. ^ 現在は、ハイブリッド車は全車「平成27年度燃費基準+20%」を達成、ガソリン車は「G・ジャストセレクション」・「Gエアロ」のFF車は「平成27年度燃費基準」を達成している。
  3. ^ FREED Spike キャラバンカー できました!ホンダ公式サイト
  4. ^ 「フリード」シリーズをマイナーモデルチェンジし発売 - Honda ニュースリリース 2014年4月17日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]