ホンダ・アスコット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アスコット(Ascot)は、本田技研工業がかつて生産、発売していたセダン型の乗用車である。

概要[編集]

車体は4ドアセダンのみ。初代は4代目アコード姉妹車で、2代目はインスパイアプラットフォームを用いている。

初代 CB1/2/3/4型(1989-1993年)[編集]

ホンダ・アスコット(初代)
CB1/2/3/4型
前期型
1st Honda Ascot.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1989年-1993年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
エンジン F18A型:1.8L 直4 SOHC
F20A型:2.0L 直4 SOHC キャブ
F20A型:2.0L 直4 SOHC PGM-FI
F20A型:2.0L 直4 DOHC
最高出力 F18A型:105PS/6,000rpm
F20A型(SOHC キャブ):110PS/6,000rpm
F20A型(SOHC PGM-FI):130PS/5,500rpm → 135PS/5,400rpm
F20A型(DOHC):150PS/6,100rpm
最大トルク F18A型:14.6kgf·m/4,000rpm
F20A型(SOHC キャブ):16.1kgf·m/3,800rpm
F20A型(SOHC PGM-FI):18.1kgf·m/4,500rpm → 18.5kgf·m/4,300rpm
F20A型(DOHC):19.0kgf·m/5,000rpm
変速機 4速AT/5速MT
駆動方式 FF
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,680mm
全幅 1,695mm
全高 1,390mm
ホイールベース 2,720mm
車両重量 1,180-1,360kg
-自動車のスペック表-

1989年9月13日に、4代目アコードの姉妹車として登場した。アコードCAの廃止と、アコードがクリオ店の専売モデルとなったことで穴が空いたプリモ店で販売が行われた。フォーマルなムードのアコードに対して、6ライトウインドの明るい外観とラグジュアリーな演出がなされ、アコードには無い本革シートを装備したグレードも存在した。

外観以外は基本的にアコードと同一であり、一部のグレードにはメーカーオプションとして4WSも用意されていた。

エンジンもアコードと同一のアルミ合金ブロックを使用した新開発のF型で、1.8Lと2.0Lがラインナップされたが、1991年8月のマイナーチェンジで、2.0L 電子制御キャブレター仕様(110PS)が廃止された。

アコードと同じく、バブル期に登場した車の中ではひときわ販売台数は少なく、現在ではほとんどみかけることがない。この販売台数の不振から、次期型ではより上質な走りとタッチを達成するために、マルチエンジンとFFミッドシップレイアウト採用に至った。

1992年3月3日に、欧州仕様のアコード及びその兄弟車ローバー・600ハードトップ化したアスコットイノーバが登場した。


2代目 CE4/5型(1993-1997年)[編集]

ホンダ・アスコット(2代目)
CE4/5型
Honda Ascot.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1993年-1997年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
エンジン G20A型:2.0L 直5 SOHC
G25A型:2.5L 直5 SOHC
最高出力 G20A型:160PS/6,700rpm
G25A型:180PS/6,500rpm
最大トルク G20A型:19.0kgf·m/4,000rpm
G25A型:23.0kgf·m/3,800rpm
変速機 4速AT/5速MT
駆動方式 FF
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,555mm
全幅 1,695mm
全高 1,425mm
ホイールベース 2,770mm
車両重量 1,280-1,380kg
後継 ホンダ・トルネオ
-自動車のスペック表-

1993年10月14日に、アコードから独立してフルモデルチェンジがおこなわれた。新たにベルノ店専売のラファーガが姉妹車となった。プラットフォームは初代アコード・インスパイア/ビガーのものを使用している。

ボディはオーソドックスなサッシュドアを用いた4ドアセダンのみであり、ベースの初代インスパイアより全長は短かったものの、全高がたっぷりとられたことにより居住性やトランクスペースの向上につながった。しかし、室内にミッションが張り出すFFミッドシップレイアウトのため、同年デビューのオーソドックスな横置きレイアウトをとる5代目アコードと比べ、広々感では劣る。

エンジンは、初代インスパイア/ビガーの3ナンバー車に搭載されていた直列5気筒 SOHC 4Valve 2.0L及び2.5LのG20A型とG25A型であり、インスパイア/ビガーの3ナンバー車に搭載されていたバランサーを持たない改良型で、ともにレギュラーガソリン仕様だった。

主力のアメリカ市場の安全基準に伴い、3ナンバーボディを採用した5代目アコードの国内マーケットの補完と、中級乗用車のマーケット獲得を念頭に開発された。しかしバブル崩壊後に開発された飾り気のないプレーンなボディはややインパクトに欠け、またプラットフォームを共用するインスパイア/ビガーとの明確なセグメント分けが曖昧だったことも災いし、ホンダが期待するようなセールスを獲得することは適わなかった。後にダンパー、スプリング、サスペンションブッシュをややハードに仕立てたスポーティグレードの「CS」を追加したものの販売成績は好転せず、1997年に再び5ナンバーボディに回帰した6代目アコードの登場と共に生産を終了した。ラファーガと集約され、事実上の後継車は6代目アコードの姉妹車であるトルネオ


車名の由来[編集]

  • Ascot:「アスコット競馬」や「アスコット・タイ」で知られる英国の地名。この地が持つ上品で明るいイメージにちなんで名づけられた。

取扱販売店[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]