ホンダ・インスパイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

インスパイア(Inspire)は、本田技研工業がかつて生産・発売していたセダン型の乗用車である。

本項では、同一または後継車両である北米・アジア仕様アコード(7-8代目)についても記述する。

概要[編集]

レジェンドとアコードの間に位置する車種として、1989年平成元年)10月、「アコード・インスパイア」として発売された。 4代目まではアメリカ合衆国環境保護庁の区分によるミッドサイズカーの上限の大きさであったが、5代目からはフルサイズカーの下限の大きさになっている。しかし、価格帯は従来どおりのミッドサイズクラスである。

日本国内では、初代から5代目まで23年間販売されたが、北米やアジアでは4代目以降がアコードの名称で販売され、日本国内でインスパイアの販売が終了した以降も新型車両が販売され続けている。

初代 CB5/CC2/3型(1989-1995年)[編集]

ホンダ・アコードインスパイア
ホンダ・インスパイア(初代)
CB5/CC2/3型
3ナンバー車
Honda Accord Inspire 001.JPG
3ナンバー車 リア
1st gereneration Honda Inspire rear.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1989年1995年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア ハードトップ
エンジン G25A型:2.5L 直5 SOHC
G20A型:2.0L 直5 SOHC
変速機 4速AT/5速MT
駆動方式 FF
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,690-4,830mm
全幅 1,695-1,775mm
全高 1,355-1,375mm
ホイールベース 2,805mm
車両重量 1,270-1,440kg
生産工場 埼玉製作所(狭山市
-自動車のスペック表-

1989年平成元年)10月12日に「アコード・インスパイア」(5ナンバーモデル)が誕生した(型式名CB5)。グレードは上位から「AX-i」「AG-i」「AZ-i」で2.0Lのみ。姉妹車は3代目ビガーである。

ホンダはこの4年前に英国のオースチン・ローバー・グループ(ARG、現:MGローバー)とレジェンドを共同開発し販売していたが、これによりアコードとの間にラインナップ上の空きが生じ、それを埋めるための上級車種として投入され、また当時のバブル景気に多大な販売台数を誇ったトヨタ・マークII日産・ローレルクラスに当たるモデルとして、4代目アコードの登場から1か月遅れで発売された。「AX-i」と「AG-i」は内装に天童木工製の本木目パネルを採用しており、「AX-i」には北米産ミルトルの玉杢、「AG-i」には西アフリカ産ゼブラの柾目を使用していた。「AZ-i」には黒色の樹脂パネルが装着されていた。

エンジンは、専用設計された直列5気筒 SOHC 4Valve 2.0LのG20A型と2.5LのG25A型。ホンダらしく高回転、高出力を念頭に開発され、スムーズに出力する特徴を備えていた。なお、5気筒特有の1次偶力によるエンジンの振動の対策には当初バランサーを用いていた[1]。独特のFFミッドシップ・レイアウトが採用され、縦置きにしたエンジン横にディファレンシャルギアが置かれているため、駆動軸(ドライブシャフト)がオイルパンを貫通している。なお、以降登場するホンダの高級車はしばらくの間この構造が継承された。

組み合されたトランスミッションは、4速ATの他に、2.0Lのみに5速MT仕様が用意されていた。

1992年平成4年)1月に、アコードの名を名乗らず、全長を140mm、全幅を80mmとボディを拡大した「インスパイア」(3ナンバーモデル)CC2(2.5L)とCC3(2.0L)が登場する。

歴代の中で初代の販売台数が一番多く、発売後はマークIIやローレルに迫る販売台数を記録し、後に3ナンバーモデルが登場すると、さらに売れ行きを伸ばした。ボディは4ドアピラードハードトップのみで、1992年平成4年)に登場した3ナンバーモデルにも、そのまま受け継がれた。後に販売主力は3ナンバーモデルへと移り、5ナンバーモデルも1995年平成7年)のモデルチェンジまで併売されたが、グレードは「AG-i」のみに整理された。

特別仕様車には、「AG-iスペシャルエディション」や「AG-iFステージ」(インスパイアシリーズ生産累計20万台達成記念車)などが存在した。

2代目 UA1/2/3型(1995-1998年)[編集]

ホンダ・インスパイア(2代目)
UA1/2/3型
Honda Inspire.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1995年1998年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア ハードトップ
エンジン C32A型:3.2L V6 SOHC
G25A型:2.5L 直5 SOHC
G20A型:2.0L 直5 SOHC
変速機 4速AT
駆動方式 FF
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長 標準:4,840mm
32V:4,870mm
全幅 標準:1,785mm
32V:1,800mm
全高 標準:1,405mm
32V:1,415mm
ホイールベース 2,840mm
車両重量 1,360-1,430kg
生産工場 埼玉製作所(狭山市
別名 米国名:アキュラ・TL(初代)
-自動車のスペック表-

1995年平成7年)2月23日、初代の誕生から6年後にフルモデルチェンジした。姉妹車はセイバーとなる。先代で採用されたワイド&ローのシルエットはこのモデルにも踏襲されたものの、居住性アップが求められたアメリカ市場からの要望に応じて、車体の大きさは先代とほぼ同じながらも、室内は広くなり車高も上げられた。アメリカではホンダの高級車ブランド「アキュラ」にて、アキュラ・TLとして販売される。

エンジンは、先代から引き継がれた直列5気筒のG20A型とG25A型とを踏襲した。主力のG25A型は、レギュラー仕様の180PS(「25G」,「25XG」に搭載)とハイオク仕様の190PS(「25S」に搭載)の2種類があった。

1995年7月6日、レジェンドに搭載されていたV型6気筒SOHC4バルブ3.2LのC32A型の「32V」 が追加される。V6エンジン搭載にともないフロントセクションはレジェンドのシャーシを流用した専用設計となり、全長・全幅ともに多少大型化している。同時に電子アナログメーター・天然木パネルが装備されており質感が向上した。

1996年11月8日に一部変更した。運転席・助手席エアバッグABSなどの安全装備を全車標準装備と同時にカーナビVICS対応型の立体地図タイプに変更された。

折しもバブル崩壊による不景気の影響を受け、初代に比べるとコスト削減を余儀なくされたために品質低下した内装や、ファミリーカーの主役をセダンからミニバンへ移行させるきっかけとなった初代オデッセイの登場も相まって、初代ほどの成功を収めることはなかった。なお、一部が覆面パトカーとして採用された。


3代目 UA4/5型(1998-2003年)[編集]

ホンダ・インスパイア(3代目)
UA4/5型
後期型(タイプS)
3rd generation Honda Inspire.jpg
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
販売期間 1998年2003年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
エンジン J32A型:3.2L V6 SOHC VTEC
J25A型:2.5L V6 SOHC VTEC
変速機 4速/5速AT
駆動方式 FF
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,840mm
全幅 1,785mm
全高 1,420mm
ホイールベース 2,745mm
車両重量 1,490-1,520kg
製造元 ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング(HAM)
生産工場 メアリズビル工場(オハイオ州
別名 米国名:アキュラ・TL(2代目)
-自動車のスペック表-

1998年平成10年)10月15日に、先代登場から3年半という異例に早いフルモデルチェンジを迎える。

先代に引き続いて米国での販売も継続されたが、このモデルからアメリカ合衆国オハイオ州メアリーズビル工場の生産に切り換わる。この背景にはV6横置きが搭載できる車種が北米に生産が集中された事と、当時の日米貿易摩擦を緩和する狙いがあったとされる。

先代よりもパーソナルカーの色合いが濃くなったボディは、米国の衝突安全基準に対応するため、サッシュ式ドアを持つ4ドアセダンとなった。また、より室内居住性も向上した反面、先代まで採用されてきた縦置きFFミッドシップレイアウトは廃された。インテリアも運転席にラウンドしたパーソナル感が強いインテリアにボーズサウンドシステムが全車種に標準装備された。

エンジンは先代まで存在した直列5気筒が廃止され、新たに開発されたV6のJ型のみとなる。ラインナップはSOHC4バルブVTEC2.5LのJ25A型と3.2LのJ32A型との2種類であった。2001年4月4日のマイナーチェンジの際に、J32Aは30PSアップした仕様に変更したが、これは元々アキュラブランドで発売されているクーペモデル(アキュラ・CL)に載せられていたものと同じである。組み合わされるトランスミッションは、当初Sマチックが装備された4速ATであったが、前記のマイナーチェンジの際に5速に改良された。なおこの代は歴代で唯一パーキングブレーキに足踏み式を採用している。


4代目 UC1型(2003-2007年)[編集]

ホンダ・インスパイア(4代目)
UC1型
後期型(2005年11月-2007年12月)
2005-2007 Honda Inspire.jpg
後期型リア
2005-2007 Honda Inspire rear.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 2003年2007年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
エンジン J30A型:3.0L V6 SOHC i-VTEC
変速機 5速AT
駆動方式 FF
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,855mm
全幅 1,820mm
全高 1,455mm
ホイールベース 2,740mm
車両重量 1,530-1,580kg
生産工場 埼玉製作所(狭山市
別名 米国名:ホンダ・アコード(7代目)
-自動車のスペック表-

2003年平成15年)6月18日にフルモデルチェンジした。姉妹車だったセイバーとはこの代で統合された。目標月間販売台数は2,000台。先代に引き続いてサッシュドアを持つセダンボディを踏襲するものの、ボディは北米仕様のアコードのものをベースに開発された。そのため、2代続いてきたアキュラブランドとの連携はこの代からは解消された[2]。それに伴い、生産も米国オハイオ州メアリズビル工場から国内の埼玉県狭山市にある埼玉製作所に戻された。

コンセプトは先代から大きく変わらないものの、より高級車的な方向へ性格づけされ、乗り心地も若干柔らかく設定されている。この代の最大の特徴は、エンジンの「可変シリンダーシステム(VCM)」や「ドライバー支援装置(HiDS)」などの新機構が採用されていることにある。グレードは、「アバンツァーレ」,「30TL」及び「30TE」の3種に整理され、最上グレードの「アバンツァーレ」に各種新機構が搭載されている。

エンジンは先代にあった2.5Lが廃止され、SOHC i-VTEC 3.0LのJ30A型のみとなった。このエンジンに採用された「VCM」は、低負荷時に後側のバンク(3気筒)を休止させ、250PSの高出力と低燃費とを両立した。組み合わされるトランスミッションは、先代と同様の5速AT(Sマチック付き)。

また、7代目アコードにも採用された「HiDS」は、フロントに設けられたレーダーで自動的に前方の車両との車間距離を保つ「IHCC」、前方の車両との衝突を自動に回避する「CMBS」及び、フロントに設けられたC-MOSカメラ画像を基に車線を認識し車線維持をアシストする「LKAS」を統合したシステムである。この機能は、アコードやインスパイアを皮切りに、その後登場する4代目レジェンドやミニバンのオデッセイ、エリシオンSUVCR-Vなど、ホンダの上級車に随時搭載されている。

2005年11月4日にマイナーチェンジを実施し、フロントグリルの変更とリアを大幅に変更し、テール部分は横長から台形風に変更されテールランプをLED化とした。

7代目 北米・アジア仕様アコード[編集]

北米で2002年9月にデビューした。エンジンは直列4気筒DOHC i-VTEC 2.4LのK24A型とV6 SOHC i-VTEC 3.0L のJ30A型とを搭載した。なお、V6エンジンはインスパイアのそれとは異なり「VCM」非搭載版である。 2005年秋のマイナーチェンジで、リアデザインが大幅に変更された。

2004年12月に、VCM仕様のV6エンジンを搭載したアコードハイブリッドが追加されたが、販売は振るわず(総販売台数:約2万5千台)2007年6月には同年中の生産中止が決定した。

また、北米ではある程度の需要が見込めるクーペも引き続き設定された。


5代目 CP3型(2007-2012年)[編集]

ホンダ・インスパイア(5代目)
CP3型
前期型
2008 Honda Inspire 01.JPG
2008 Honda Inspire 02.JPG
製造国 日本の旗 日本
販売期間 2007年-2012年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
エンジン J35A型:3.5L V6 SOHC i-VTEC
変速機 5速AT
駆動方式 FF
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,940mm
全幅 1,845mm
全高 1,475mm
ホイールベース 2,800mm
車両重量 1,600-1,620kg
生産工場 埼玉製作所(狭山市
別名 米国名:ホンダ・アコード(8代目)
-自動車のスペック表-

2007年平成19年)12月19日に発表し、12月21日より発売した。ボディサイズは先代より一回り大きくなり、なかでも全長は4,940mmと大幅に拡大され[3]、全幅もレジェンドと同じとなった。加えてエンジンの排気量も500cc拡大され、本モデルより実質的にレジェンドと同クラスに移行し、かつレジェンドのメーカー希望小売価格が最低でも550万円に設定されていることから、従来のライバル車であるマークXやティアナだけでなく1クラス上のクラウン、フーガの廉価版モデルに対する対抗車種としての役割も担うこととなった。月間販売目標は500台と発表されている。

グレードはベースの「35TL」、ミリ波レーダー式の衝突被害軽減ブレーキ(「CMBS」+「E-プリテンショナー」)、「ACC」(アダプティブ・クルーズ・コントロール、IHCCから改名)やHDDナビを標準装備とした「35iL」の2種類。

エンジンはV6 SOHC 4Valve i-VTEC 3.5LのJ35A型で、他車種用とは異なるレギュラーガソリン仕様である。さらに、先代と同様の「VCM」であるが、切り替える気筒数が3気筒-4気筒-6気筒の3段階に改良されている。なお、国産のレギュラーガソリン仕様としては、初めて280PSの最高出力を有している。組み合わされるトランスミッションは、先代と同様の5速ATであるが、Sマチックは装備されない。

ステアリングギアボックスは「VGR」(可変ステアリングギアレシオ)が採用され、全回転角が3.2から2.6回転に減少している。ステアリングフィールをより向上させるため、パワーアシストは先代の電動から油圧に戻されている(その結果「LKAS」は装備されていない)。

当初、同一車種の車名を全世界で統一する方針のもと、これまで日本ではインスパイアとして販売されていた北米仕様アコードを日本でもアコードとして発売し、日本仕様アコードは2008年平成20年)秋に日本でのアキュラブランド発足に合わせて、アキュラブランドに移行する予定であった。しかし、日本国内でのホンダセダン販売台数の長期低迷からアキュラブランドの発足が2年先送りされ、それらが白紙撤回となったため[4]、これまで通りインスパイアとして販売されることになり、2007年平成19年)の東京モーターショーに「インスパイア プロトタイプ」として展示された[2]

2009年平成21年)8月27日に一部改良がおこなわれた。ドアやフロント周りなどに遮音材を追加し、静粛性を向上。メーカーオプションの「レザーインテリア」(本革内装)にアイボリー色を追加した。

2010年平成22年)8月26日にマイナーチェンジがおこなわれた。フロント周りや17インチアルミホイールのデザインを一新すると共に、内装には木目調パネルやシルバー調のインナードアハンドルを採用し、本革&木目調コンビステアリングホイールは新デザインのものを採用した。機能面でもHonda HDDインターナビシステムや雨滴検知ワイパーを標準装備され、リアリーディングライトを追加した。これによりモノグレード化され、前期型に比べ価格を抑えた。

2012年9月、販売を終了。インスパイアは23年の歴史に幕を閉じた。

8代目 北米・アジア仕様アコード CP1/2/3型[編集]

北米[編集]

2007年8月21日に量産仕様が発表され、アメリカでは2007年9月より販売が開始された。エンジンは先代と同様の直4 DOHC i-VTEC 2.4LのK24Z型とV6 SOHC i-VTEC 3.5LのJ35A型が搭載され、V6エンジンはインスパイアと同様の「VCM」の搭載版と非搭載版がある。ハイブリッドシステムを小型車向けに絞る方針となったことで、先代にあったハイブリッドモデルは用意されていない。 ボディタイプはセダンとクーペがあり、北米仕様のセダンの外観はリアコンビネーションランプがトランクリッドまで回り込んでいないなど、インスパイアと若干の相違点がある。ボディの大型化によりセダンモデルのみEPA基準でフルサイズカーに分類されることとなった。トランスミッションは5速ATと5速MT、クーペでは5速ATと6速MTが用意される。

直4モデルとV6 VCM仕様の5速ATモデルにはPZEV仕様(Partial Credit Zero Emission Vehicle:部分的なゼロ排出ガス車)があり、カリフォルニア州の環境基準を採用しているアメリカ15州でのみ販売されている。

2009年秋にクロスオーバーSUVの「アコードクロスツアー」(後に「クロスツアー」に改名)を販売した。セダンをベースとしたファストバックスタイルの5ドアハッチバックで、なだらかなルーフラインと大型のフロントグリルが特徴である。エンジンもセダンと同じVCM搭載版のV6 J35A型で、トランスミッションは5速ATのみ。FFとリアルタイム4WD仕様である。

2011年モデルではフェイスリフトが行われ、フロント部やリアのテールランプのデザインが小変更されたほか、空力の改善や5速ATの改良により燃費が向上した。

アジア[編集]

2007年11月にタイで発売が開始された。中国韓国をはじめとしたアジアの他オーストラリアニュージーランド等といったオセアニア地域でも販売されている。 欧州、日本仕様アコードと併売が行われる地域ではアコードV6とネーミングされている。 アジア仕様はセダンモデルのみで、エンジンは地域によりSOHC i-VTEC 2.0LのR20A型も用意される。

生産[編集]

2009年半ば、これまでオハイオ州のメアリズビル工場で生産していたV6セダンモデルの大半がアラバマ州のリンカーン工場に移管された。リンカーン工場での乗用車の生産は初となる。代わりにメアリズビル工場と同州のアンナエンジン工場で直4モデルと直4エンジンを増産し、日本の埼玉製作所からの直4モデルの輸出台数を削減した[5]。 アジアではインド、中国、タイで生産がおこなわれている。

安全性[編集]

米国道路安全保険協会(IIHS)の安全テストでは13項目で最も評価の高い「Good」を獲得している。横転テストと側面衝突でのキャビン強度の項目で「Acceptable(まあまあ)」となった[6][7] 。 米国高速道路交通安全局(NHTSA)の衝突テストのスコアは以下の通り[8]

  • Frontal Driver: 星5つのうち5つ
  • Frontal Passenger: 星5つのうち5つ
  • Side Driver: 星5つのうち5つ
  • Side Rear Passenger: 星5つのうち3つ
  • Rollover: 星5つのうち5つ

搭載エンジン[編集]

車名の由来[編集]

  • 英語で「インスピレーションやひらめきを与え、感動させる」や「奮い立たせる・刺激して~する気にさせる」という意味。

取扱販売店[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 3ナンバー仕様 登場の際には、バランサーを廃し、電子制御液体封入マウントで対処していた。
  2. ^ プラットフォームは共通化されてはいるものの、アキュラ・TLには専用のボディが与えられ、新たに日欧向けのアコードが北米ではアキュラブランドに追加された
  3. ^ この数値は上位車種の4代目レジェンド前期型よりも10mm大きい。翌2008年(平成20年)、レジェンドのマイナーチェンジによる全長拡大(4,930mm→4,985mm)が行われるまでの間、下位クラスの車種が上位クラスの車種よりも車体寸法が大きいという逆転現象が生じていた。
  4. ^ 世界金融危機 (2007年-)により、2008年12月にアキュラの日本導入計画の白紙撤回を発表[1]
  5. ^ Honda Enhances Flexible Manufacturing Network in North America - Production of V6 Accord will begin in Alabama
  6. ^ IIHS-HLDI: Honda Accord”. Iihs.org (2008年11月25日). 2009年4月28日閲覧。
  7. ^ IIHS-HLDI: Honda Accord”. Iihs.org (2008年11月25日). 2009年4月28日閲覧。
  8. ^ Safercar.gov”. Safercar.gov. 2009年4月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]