偶力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
古典力学
歴史

偶力(ぐうりょく、英語:couple)とは、作用線が平行で、互いに大きさが等しく、方向が反対向きの2つのF,-F)のことである。偶力が働くと物体は回転をはじめるが、並進運動をさせる効果はない。

二つの力によるモーメントは、それぞれの力の作用する点の間を位置ベクトルrで表すとすると、

 \mathbf{N} = \mathbf{r} \times \mathbf{F}

となる。Nは偶力のモーメント、Fは力(偶力)、×は外積を意味する。

剛体にはたらく任意の力は、1組の偶力と、剛体の重心を並進させる力とに分解することができる。

関連項目[編集]