分配法則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

集合 S に対して、積 × と和 + が定義されている時に、

  1. a \times (b + c) = a \times b + a \times c
  2. (a+b) \times c = a \times c + b \times c

が任意の元 a,b,c について成り立てば、この積は和に対して分配法則 (: Distributive property) を満たすという。同じことを、積は和に対して分配的であるともいう。特に 1 を右分配法則、2 を左分配法則という。もちろん、× が交換法則を満たすときには、1, 2 の区別はない。

分配法則は次のようなもので成り立つ。

  • 実数のかけ算は足し算に対して分配法則を満たす。
  • 行列のかけ算は足し算に対して分配法則を満たす。
  • 集合の共通部分に対して分配的であり、共通部分は和に対して分配的である。また、共通部分は対称差に対して分配的である。
  • 論理記号の論理和 (or) は論理積 (and) に対して分配的であり、論理積は論理和に対して分配的である。また、論理積は排他的論理和 (xor) に対して分配的である。

二つの二項演算の定義された集合を考えるとき、一方の他方に対する分配法則を仮定することが多い。例えば、を参照。

関連記事[編集]