動力学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
古典力学
歴史

動力学(どうりきがく、英語: dynamics)は、物理学における古典物理学の一つの分野で、物体動作におけるの影響を扱うものである。

もとは力学 の一部から力の要因を考慮するものとしないもの(運動学、kinematics)とに区別され、後に力の要因を考慮する力学から平衡状態を扱う静力学(statics)と非平衡状態をあつかう動力学へ区別された。量子力学においては、動力学は量子電磁力学量子色力学のように、どのように力が量子化されているか、という形で取り扱われている。

分野[編集]

基本原理[編集]

その他の基本的な工学的事項[編集]

外部リンク[編集]