応用力学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
古典力学
歴史

応用力学(おうようりきがく、英語:applied mechanics)は、質量保存運動量角運動量万有引力などの数少ない基本法則をもとに、論理的な推論によって、対象とした系の挙動を解析し、予測する学問である。その適用対象は広範多岐にわたり、スケールも原子分子のオーダーから宇宙規模にも及んでいる。また、これらの法則は、共通の記述言語である数学を用いて表現され、対象系を構成する材料や系全体の特性も数理的に記述される。これにより的確な共通理解が得られることになる。

応用力学の各分野[編集]

物理数学力学問題[編集]

逆問題[編集]

逆問題も参照。

  • 振動システム診断
  • 逆散乱
  • トモグラフィー
  • 熱画像
  • 非破壊評価
  • 残留応力推定
  • 波浪推算
  • 降雨・流出システム同定
  • 情報化施工
  • 施工管理
  • 物性値評価
  • 空間相互作用推定
  • 交通ネットワーク制御
  • 逆解析手法
  • 適切化手法

計算力学[編集]

非線形力学[編集]

離散体の力学[編集]

  • 粒状体
  • 複合体
  • 混相体
  • 非均質材料
  • 地盤材料
  • 岩盤材料
  • 固液境界の力学
  • 土石流
  • 土砂流
  • 生体力学
  • 液状化
  • 離散体の変形
  • 離散体の破壊
  • 離散体の流動
  • 離散体の振動・波動伝播
  • ランダム系の力学
  • 離散要素モデルとシミュレーション解析
  • 離散体の微視力学
  • 離散体の連続体モデル

地震防災・耐震の数理と力学[編集]

  • 耐震設計
  • 構造動解析
  • 強震動シミュレーション
  • 地盤─構造系動的相互作用
  • 液状化/塑性化シミュレーション
  • 災害シミュレーション
  • リスク評価手法
  • 津波
  • 活断層
  • 地殻活動
  • 震源過程
  • 波動伝播
  • 耐震構造

流体力学[編集]

流体力学も参照。

メインテナンスの力学問題[編集]

相互作用系力学[編集]

  • 線形相互作用
  • 非線形相互作用系
  • ひずみ依存性相互作用系
  • 振動数依存性相互作用系
  • 速度依存相互作用系

外部リンク[編集]