シメオン・ドニ・ポアソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シメオン・ドニ・ポアソン
人物情報
生誕 1781年6月21日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国 ピティヴィエ
死没 1840年4月25日(満58歳没)
フランスの旗 フランス王国 ソー
出身校 エコール・ポリテクニーク
学問
研究分野 数学地理学物理学
研究機関 エコール・ポリテクニーク
サン・シール陸軍士官学校
博士課程
指導教員
ジョゼフ=ルイ・ラグランジュ
ピエール=シモン・ラプラス
博士課程
指導学生
ペーター・グスタフ・ディリクレ
ジョゼフ・リウヴィル
他の指導学生 ニコラ・レオナール・サディ・カルノー
主な業績 ポアソン方程式
ポアソン分布
ポアソン括弧
アラゴスポット
ポアソン比
主な受賞歴 コプリ・メダル(1832年)
署名
テンプレートを表示

シメオン・ドニ・ポアソンSiméon Denis Poisson1781年6月21日 - 1840年4月25日)は、ポアソン分布ポアソン方程式などで知られるフランス数学者地理学者物理学者

ピティヴィエで生まれた。はじめは父の意向で医学を志したが、不器用であることや医学に関心を持たなかったことから数学へ転向した。パリエコール・サントラルを経て[要出典]1798年エコール・ポリテクニークに入学、ラグランジュラプラスらに代数学などを学ぶ。1802年フーリエの後任としてエコール・ポリテクニーク教授に就任し、1806年まで在籍した。

1808年1809年にポアソンは、主要業績とされる幾つかの論文をフランス科学アカデミー会報に発表した。1808年の Sur les inégalités des moyens mouvement des planètes では惑星の運動を取り扱い、ラプラスとラグランジェの提出した問題への解答を試みた。続く1809年には Sur le mouvement de rotation de la terre および Sur la variation des constantes arbitraires dans les questions de méchanique において、ポアソンはこれを発展させた。また1811年にはエコール・ポリテクニークでの講義録を2巻の書籍として出版した。 1818年にロンドン王立協会のフェローに選出され[1]、1832年にはコプリ・メダルを贈られている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Poisson; Simeon Denis (1781 - 1840)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2011年12月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]