ピティヴィエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pithiviers
Blason ville fr Pithiviers (Loiret).svg
Pithiviers place du Martroi 2.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) サントル地域圏
(département) ロワレ県
(arrondissement) ピティヴィエ郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 45252
郵便番号 45300
市長任期 マリー=テレーズ・ボンノー
2008年 - 2014年
人口動態
人口 8 839人
2006年
人口密度 人/km²
住民の呼称 Pithivériens[1]
地理
座標 北緯48度10分21秒 東経2度15分09秒 / 北緯48.1725度 東経2.2525度 / 48.1725; 2.2525座標: 北緯48度10分21秒 東経2度15分09秒 / 北緯48.1725度 東経2.2525度 / 48.1725; 2.2525
標高 平均:m
最低:97m
最高:130 m
面積 6.94km² (694ha)
Pithiviersの位置(フランス内)
Pithiviers
Pithiviers
公式サイト www.ville-pithiviers.fr
テンプレートを表示

ピティヴィエPithiviers)は、フランスサントル地域圏ロワレ県コミューン

地理[編集]

エソンヌ県に接する。かつて湖であったボース湖の石灰岩基盤上にある。オルレアンの北約43km、パリの南約84kmにある。自然区分上の地方であるガティネボースの中間にある。

歴史[編集]

クーロンヌ通り
サン=ジョルジュ参事会教会

ピティヴィエはガロ=ローマ時代の村であった。

第八次ユグノー戦争中の1598年、ピティヴィエはアンリ3世とアンリ・ド・ナヴァール(のちのアンリ4世)の両者に占領された[2]

第二次世界大戦中、ピティヴィエには捕虜収容所と通過収容所が置かれており、ここから強制収容所へ移送された人々が多かった。

みどころ[編集]

  • サン=ジョルジュ参事会教会 - 13世紀完成。ロマネスク様式とゴシック様式
  • サン=サロモン・エ・サン=グレゴワール教会
  • ピティヴィエ交通博物館 - 蒸気機関車、路面電車の展示

姉妹都市[編集]

出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Gentilés des communes du Loiret”. 2010年9月9日閲覧。
  2. ^ Guerres de religion-Miquel p 353.