ヨトゥンヘイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨトゥンヘイム[1]ヨートゥンヘイム[2]ヨーツンヘイム[3]ヨツンヘイム[4]とも。古ノルド語: Jötunheimr。巨人の国)は北欧神話に登場する「ヨトゥン」と呼ばれる霜の巨人族と丘の巨人族が住む国である。

古エッダ』や『スノッリのエッダ』に散見される記述では、ヨトゥンヘイムは東に位置するとされている[5]。また、人々の住むミズガルズ神々の住むアースガルズの脅威となっている。 アースガルズとヨトゥンヘイムの間にはイヴィング川が流れている[6]

主要都市としてはウートガルザ・ロキの治めるウートガルズがあり、ほかにメングラッドのすむガストロープニル、そしてスィアチの住むスリュムヘイムがある。ヨトゥンヘイムを支配する王はスリュムという。

古エッダ』の『巫女の予言』によれば、この国から「忌まわしき3人の巨人の娘」が来るまでは、神々は黄金でできたもので欠けた物はなかったという[7]。また、ラグナロクの到来時には、神々や妖精だけではなくヨトゥンヘイム全土もどよめくという[8]

なお、ノルウェーにはスカンディナヴィア山脈に属するヨートゥンハイメン山地(Jotunheimen)が実在し、これはスカンディナヴィア半島でもっとも高い山であるガルフピッゲンGaldhøpiggen, 標高2469メートル)を含んでいる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『巫女の予言 エッダ詩校訂本』(シーグルズル・ノルダル著、菅原邦城訳、東海大学出版会、1993年、ISBN 978-4-486-01225-2)などにみられる表記。
  2. ^ 『北欧神話・宇宙論の基礎構造』などにみられる表記。
  3. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』(V.G.ネッケル他編、谷口幸男訳、新潮社、1973年、ISBN 978-4-10-313701-6)などにみられる表記。
  4. ^ 『北欧の神話 神々と巨人のたたかい』(山室静著、筑摩書房〈世界の神話 8〉、1982年ISBN 978-4-480-32908-0)などにみられる表記。
  5. ^ 『北欧神話・宇宙論の基礎構造』324-325頁。
  6. ^ 『北欧神話物語』18頁。
  7. ^ 『北欧神話・宇宙論の基礎構造』41-42頁。
  8. ^ 『北欧神話・宇宙論の基礎構造』95頁。

参考文献[編集]