スカルド詩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スカルド詩(スカルドし、吟唱詩とも)とは、9世紀から13世紀ごろの北欧(特にスカンディナヴィアアイスランド)で読まれた古ノルド語韻文詩のことである。宮廷律、ヘイティ、ケニングの多用などの特徴をもつ。神話や古代の英雄を謳ったエッダ詩とは対照的に、その詩が詠まれた当時の戦士を主題として取り上げたものが多い。また概してエッダ詩より複雑な技法が用いられている。サガや石に刻まれたルーン文字の碑文などにみられる。

スカルド[編集]

スカルド

スカルド詩を詠んだ人々をスカルドskald吟唱詩人スカルド詩人とも)という。彼らの多くは宮廷に仕え、王が出征するときもそれに同行し、その場で王の活躍をスカルド詩に詠んだ。

作者不明であることが多いエッダ詩とは異なり、ほとんどの詩をいずれかの作者に帰することができる。現在ではおよそ240人のスカルドの名前が残っており、なかには女性のスカルドもいたという。『詩人一覧(スカールダタル)』(1260年頃)の中には146名のスカルドの名が連ねられている[1]

特徴[編集]

宮廷律[編集]

宮廷律dróttkvætt吟唱韻律とも)とは、スカルド詩に見られる韻律の形態である。1つの詩は通常8行からなる。各行は6つの音節をもち、そのうち3音節に強勢が置かれる。強勢が置かれた音節は揚格と呼ばれ、そうでない音節は抑格と呼ばれる。奇数行の揚格の内2つと偶数行の最初の揚格に頭韻が置かれる。また行内韻も用いられる。奇数行に用いられるものを半韻(子音のみ一致)、偶数行に用いられるものを完全韻(母音とそれに続く子音が一致)と呼ぶ。行末の2音節はトロケ(toroké、揚格・抑格の順に並ぶ韻脚)を構成する。

ヘイティ[編集]

ヘイティ (heiti) とは、スカルド詩のみに用いられる特殊な単語のことである。日常使われる単語に特別な意味を持たせることもヘイティに含まれる。古ノルド語で「名」あるいは「呼称」という意味をもつ[2]

ケニング[編集]

ケニングkenning婉曲代称法とも)とは、一種の比喩であり、ある概念を複数の単語を用いて言い換えることである。たとえば「傷つける枝」という言葉は「剣」を指す、といった具合である。この語は「名づける」あるいは「認める」という意味をもつ[3]

内容[編集]

スカルド詩は王の栄光や戦士の武勇を主題とすることがほとんどである。そのため、スカルド詩において北欧神話の要素はケニングなどの形でしか表れないことが多い。北欧神話の物語に直接言及している詩は『長き秋』『ソール頌歌』『ラグナル頌歌』『家の頌歌』など、少数の作品しか現存していない[4]

代表的なスカルド詩[編集]

また『スカルド詩人のサガ』では「スカルド詩人のサガ」としてスカルドが登場するサガが6つ挙げられている[6]

代表的なスカルド[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『スカルド詩人のサガ』p168。
  2. ^ 『スカルド詩人のサガ』p172。
  3. ^ 『スカルド詩人のサガ』p173。
  4. ^ ジョン・マッキネル(伊藤盡訳)「原典資料」『ユリイカ』第39巻第12号(2007年10月)、pp.107-120。
  5. ^ 『北欧の文学』p60。
  6. ^ 『スカルド詩人のサガ』p168-169。

参考文献[編集]

  • 森信嘉『スカルド詩人のサガ コルマクのサガ/ハルフレズのサガ』東海大学出版会ISBN 978-4486016960、2005年9月5日発行、初版第1刷、p167-175。
  • ペーテル・ハルベリ(岡崎晋訳)『北欧の文学 古代・中世編』鷹書房、ISBN 978-4803403732、1990年9月30日発行、初版、p24-27,53-62。

関連項目[編集]