ヴィーンゴールヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィーンゴールヴ古ノルド語: Vingólf)は、北欧神話に出てくる宮殿のことである。

ギュルヴィたぶらかし』には、次のような事が書いてある。

  • は人間に息を与えるという最大のことをした。肉体が腐って土に返っても、焼かれて灰になっても、人間は生き続け、滅びることない。礼節をわきまえた人間は、生きたままギムレー、またはヴィーンゴールヴというところで、神々と暮らすのである。だが悪い人間はヘル(ヘルヘイム)へ行くのだ[1]
  • 万物の父(オーディン)は、アースガルズが作られた後、神殿を作った。それがグラズヘイムだ。さらに彼らはもう1つの館を作った。それは女神の神殿で非常に美しく、ヴィーンゴールヴと名付けられた[2]
  • アルファズル(万物の父。オーディン)はまたヴァルファズル(戦死者の父)とも呼ばれる。それは、戦死者が1人残らず彼の養子となるからだ。オーディンは彼らをヴァルハラとヴィーンゴールヴに送る。彼らはそこでエインヘリャル(エインヘルヤル)と呼ばれる[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』226頁。
  2. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』234頁。
  3. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』241-242頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]