シェヴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シェヴン古ノルド語: Sjöfn)は北欧神話に登場する女神Ásynjurの一人。スノッリ・ストゥルルソンの『スノッリのエッダ』第一部『ギュルヴィたぶらかし』では次のように述べられている[1]

Sjaunda er Sjöfn, hon gætir mjök til at snúa hugum manna til ásta, kvenna ok karla, ok af hennar nafni er elskuginn kallaðr sjafni. [1]
Ásynjurの7人目がシェヴン。彼女は女性と男性の心に愛をもたらそうと努力する。そのため彼女の名をとって、恋人のことをsjafniと呼ぶ。

シェヴンの名前は『スノッリのエッダ』の中ではここ以外に触れられるところはなく、『古エッダ』の中には全く出てこない。一方ケニングとして、一般的な女神を表すのに使われる(例えば、Sjöfn seimsは「金の女神」すなわち「女性」を意味する)。シェヴンをフリッグフレイヤと同一視する説もある[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』252頁。
  2. ^ 『西洋神名事典』111頁。

参考文献[編集]