シギュン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シギュンとロキ

シギュン古ノルド語: Sigyn)は、北欧神話の悪神ロキ

sigynはsiga(滴る)に関係があり[1]、また、いましめを緩めるものとも呼ばれる。

古エッダ』の『ロキの口論』では子供にナリナルヴィ[2]、『スノッリのエッダ』ではナリ(別名をナルヴィという)とヴァーリの2人[3]がいるとされる。

ロキはバルドルを死に追いやった(『バルドルの死』)、また神々を誹謗した(『ロキの口論』)報いとして捕縛され(『ロキの捕縛』)に変わったナリので拘束される。その際、スカジがロキの頭上に毒蛇を配した。したたり落ちる毒蛇の液をシギュンは洗桶を支えて受ける[2]

だが、桶がいっぱいになるとシギュンはそれを捨てにその場を離れなくてはならず、離れている合間に顔へ毒液を受けるとロキは苦痛で猛烈にもがき、それが地震になるのだという[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』23頁。
  2. ^ a b c 『エッダ 古代北欧歌謡集』87頁。
  3. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』248頁。

参考文献[編集]