エルディル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エルディル古ノルド語: Eldir)は、北欧神話に登場する召使いの名前である。「火夫[1]」、「給仕[要出典]」という意味がある。

概要[編集]

エルディルは『古エッダ』の『ロキの口論』に登場する[2]

エーギルの召使いとして、フィマフェングらとともに、神々を招待した酒宴の準備をしていた。

フィマフェングがロキに殺されたので、怒った神々が彼を追い出した。しかしロキは酒宴をぶちこわそうと企み、会場に戻ってきた。エルディルはロキを見て、「中にいる神々と妖精の誰も、おまえのことを良く言っていない」と、ロキを中に入れまいとした。しかしロキはエルディルを無視して会場に入っていって、口論を始めた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Orchard (1997:37).
  2. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』80-81頁。

関連項目[編集]

参考文献[編集]