ブローズグホーヴィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブローズグホーヴィ古ノルド語Blóðughófi。Blodughofiとも)は、スールルに名前が列挙されるの1頭の名である。この馬は、北欧神話の豊穣神フレイのものとされている。

スノッリのエッダ』第二部『詩語法[1]において、詩に次の馬の名が挙げられていると紹介された中に、ブローズグホーヴィまたはブローズホーヴという名前で登場する。

  • 『ソルグリームの歌』 - 「ブローズグホーヴィという馬がいて、強力なアトリジ(=フレイ)が乗る」
  • 『カールヴの歌』- 「ベリの殺し手(=フレイ)はブローズホーヴを御す」

しかしこのブローズグホーヴィが、『古エッダ』の『スキールニルの旅』に登場する(※第一部『ギュルヴィたぶらかし』37章には登場しない)、フレイが召使いのスキールニルに与えた馬[2]と同一の馬なのかは明示されていない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『「詩語法」訳注』93頁。
  2. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』63-64頁。

参考文献[編集]

  • V.G.ネッケル他編『エッダ 古代北欧歌謡集』谷口幸男訳、新潮社、1973年、ISBN 978-4-10-313701-6
  • 谷口幸男「スノリ『エッダ』「詩語法」訳注」『広島大学文学部紀要』第43巻No.特輯号3、1983年。