スールル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スールル古ノルド語: Þulur英語: thulur)は、アイスランドに古来から伝わる簡素な物語風の歌である。

固有名詞を口承で伝えるための詩であり、憶えやすいように頭韻脚韻が用いられている。

そうした固有名詞には、巨人、人、物品といったさまざまな種類がある。

スノッリ・ストゥルルソンの『散文エッダ』の中にも『名の諳誦(ナヴナスールル)』と呼ばれるスールルが残されているが、スノッリの独創的な作品に後から加えられたと考えられて、いわゆる『エッダ』の版に必ず含まれるものではない。

しかし、『古エッダ』の『アルヴィースの言葉』や『リーグルの詩』はスールルが元になっていると考えられる。 また、『巫女の予言』や『グリームニルの言葉』には、スールルのように固有名詞を列挙する節がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]