ヴァーラスキャールヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴァーラスキャールヴ古ノルド語: Valaskjálf)は、北欧神話に出てくる、オーディンの暮らす宮殿のことである[1]

概要[編集]

ギュルヴィたぶらかし』には、次のような事が書かれている[2]

  • 天には素晴らしい場所がたくさんある。ヴァーラスキャールヴという大きなところがオーディンのおわすところで、神々が作ったものであるが、輝くに覆われている。
  • 高御座のフリズスキャールヴはここの広間にある。万物の父(オーディン)がこの御座から全世界を見わたすことができる。

グリームニルの言葉』第6節には、次のような事が書かれている[3]

  • 親切な神々が、第3の館ヴァーラスキャールヴを銀で葺いた。ここは、その昔アース神族がはかりごと(詳細は不明)で手に入れた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』58頁。
  2. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』239、240頁。
  3. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』53頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]