グナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Carl Emil Doeplerが描いた、グナーとその馬ホーヴヴァルプニル、フリッグと侍女達。(1882年)

グナーGnáは、北欧神話に登場する女神で、アース神族の一員である。

スノッリのエッダ』第一部『ギュルヴィたぶらかし』第35章で14柱の女神が列挙されるが、グナーは14番目に挙げられている。 彼女は、5番目に挙がったフッラ(en:Fulla)と12番目に挙がったフリーンとともに、女神フリッグに仕えているとされる。 フリッグに命じられてさまざまに国へ使いに出される。 その際にグナーは、空も海も駆けることができるホーヴヴァルプニルという馬にまたがる。 空の高みを駆けるグナーに由来して、高く駆ける者がグネーヴァルと呼ばれるという。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • V.G.ネッケル他編『エッダ 古代北欧歌謡集』谷口幸男訳、新潮社、1973年、252-253頁。