フヴェルゲルミル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フヴェルゲルミルHvergelmir古ノルド語で「沸き立つ鍋」[1]、「叫ぶ大釜」の意)は、北欧神話においてニヴルヘイムに存在するとされる[2]

スノッリのエッダ』第一部『ギュルヴィたぶらかし』によると、ユグドラシルの根の下にある3つの泉の1つ(他の2つはミーミルの泉ウルズの泉)で、ニーズヘッグが棲んでいるとされる[3]。フヴェルゲルミルはグンスラー、フィヨルム、フィンブルスル、フリーズ、スリーズ、ユルグ、スュルグ、ヴィーズ、レイプト、ギョッルという11の川の源となっており[2]、これらの川は総称でエーリヴァーガルと呼ばれる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』59頁。
  2. ^ a b 『エッダ 古代北欧歌謡集』227頁。
  3. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』236頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]