ケルムトとエルムト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神々がビフレストを渡るいっぽう、ケルムトとエルムトの川を徒渉するトール。ローレンツ・フローリク英語版による。

ケルムト古ノルド語: Körmt)とエルムト古ノルド語: Örmt)は、北欧神話に登場するの名前である。名前の意味は、前者は「守り」[1]、後者は「支流(枝)に分かれるもの」[1]と考えられている。

解説[編集]

この川は、アース神族雷神トールが、ユグドラシルのそばの「裁きの場」に行くときに毎日渡っている。その際にはアース神の橋(ビフレスト[注釈 1])が炎を上げること、川の水が煮えることが語られている。

同節には「ケルラウグの2本の川」も語られている。この「Kerlaug」の意味は「行水」[1]と推定されている。

この出典は、『古エッダ』の『グリームニルの言葉』第29節である。それはまた『スノッリのエッダ』第一部『ギュルヴィたぶらかし』第15章に引用されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『ギュルヴィたぶらかし』第15章において、この節の引用の後、ギュルヴィ王が「ビフレストの上で炎が燃えるのか?」と尋ねている。

出典[編集]

  1. ^ a b c 『エッダ 古代北欧歌謡集』60頁。

参考文献[編集]