セーフリームニル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セーフリームニル古ノルド語Sæhrímnir)は、北欧神話に出てくるイノシシのことである。名前の意味は「煤けた海棲動物」である[1]。『グリームニルの言葉』第18[2]に言及されており、『ギュルヴィたぶらかし』ではその部分が引用され、補足が加えられている。

『ギュルヴィたぶらかし』第38章によると、セーフリームニルの肉はどんなにたくさんの人(エインヘリャル)がヴァルハラにいても食い尽くされることはなく、また毎日料理をしても、夕方にはまた元に戻る。その肉はアンドフリームニルという料理人によって、エルドフリームニルという鍋で煮られるのだという[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』59頁。
  2. ^ ネッケル編・谷口訳『エッダ』に従った。
  3. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』255頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]