フィンブルの冬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フィンブルの冬[1](フィンブルのふゆ。古ノルド語: Fimbulvetr英語: Fimbulwinter)は、北欧神話における世界の終わりである「ラグナロク」 が差し迫った、その前兆となる出来事である。フィンブルヴェトフィムブルヴェト[2]とも。

神話におけるフィンブルの冬[編集]

スノッリのエッダ』第一部『ギュルヴィたぶらかし』第51章によると、フィンブルの冬は、夏が少しも間に挟まれることなく3度の冬(風の冬、剣の冬、狼の冬)が続き、しかもあらゆる方向から雪が吹き付ける。この間に、数えきれない戦乱があり、兄弟同士が殺し合う[3]

接頭辞 fimbul は、「大いなる」「大きな」("the great/big")を意味する。 したがって、語の適切な訳語は「大いなる冬」("the great winter")である[4]

気候史からみたフィンブルの冬[編集]

神話のこの独特な部分が、紀元前650年頃、北欧青銅器時代(en:Nordic Bronze Age)の終わりに北欧地域を襲った気候変動に関連を持つかどうか、一般に知られたいくつかの推測がある。 この気候変動の前の北欧地域は、今よりもかなり暖かかった[5]

スウェーデンデンマークノルウェーや他の北欧の国では、fimbulvinter という語はまた、口語で時々、異常に寒く厳しい冬を言い表すのに使われている[4]

脚注[編集]

  1. ^ 『北欧の神話 神々と巨人のたたかい』(山室静著、筑摩書房〈世界の神話 8〉、1982年、ISBN 978-4-480-32908-0)などにみられる表記。
  2. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』などにみられる表記。
  3. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』275頁。
  4. ^ a b Svenska Akademiens Ordbok, Fimbulvinterに関する見出し語 [1]
  5. ^ Ström, Folke, Nordisk Hedendom, Studentlitteratur, Lund 2005年, ISBN 978-91-44-00551-5(初版1961年)において、特に気候変動に言及している。

関連項目[編集]

参考文献[編集]