ミズガルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミズガルズ古ノルド語: Miðgarðr、 簡略表記Midgardミッドガルド)は、「中央の囲い」を意味する北欧神話に登場する人間の住む領域。ミッドガードは英語読み。日本語訳は中つ国

ミズガルズはユグドラシルの中央周辺にあると描写されており天上のアースガルズと地下のヘルヘイムに挟まれ、ミズガルズとアースガルズは虹の橋ビフレストによってつながっている。

ミズガルズの周囲は水または海洋で囲まれており、その外側にはヨトゥンヘイムが存在する。 巨大な蛇ヨルムンガンドはミズガルズに収まりきらず海洋の中でミズガルズをぐるりと取り囲んで、己の頭で己の尾をくわえている。

アースガルズ外側には魔的存在が住むウートガルズがある。

関連項目[編集]