ヴァーリ (オーディンの息子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
17世紀のアイスランドの写本『AM 738 4to』に描かれたヴァーリ。

ヴァーリヴァリとも)(ValiVáli)は、北欧神話に登場する司法神の一人。

『エッダ』[編集]

古エッダ』の『巫女の予言[1]および『バルドルの夢[2]によると、バルドルロキにだまされたヘズ(ホズとも)に殺された後、父オーディン巨人の女[注釈 1]の予言に従って、復讐者となる息子ヴァーリを女性リンドに産ませた。ヴァーリは一夜にして成人し、腹違いの兄であるヘズを殺した。

ヴァフスルーズニルの言葉[3]および『スノッリのエッダ』第一部『ギュルヴィたぶらかし[4]によれば、ヴィーザルとともにラグナロクを生き延びるとされる。伝承では、再生したバルドルとヘズとも出会うといわれている。

なお『詩語法』ではヴァーリを表すケニングとして、「オーディンとリンドの子」、「バルドルの復讐者のアース」、「ホズの敵で殺し手」などを紹介している[5]

『デンマーク人の事績』[編集]

サクソ・グラマティクスが著した歴史書『デンマーク人の事績』では、オーティヌス(オーディン)とリンダ(リンド)の息子・ボーウス[6](またはボウ[7])として登場し、最終的にホテルス(ヘズ)と相討ちになる[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ロキとの間に魔物を産んだアングルボザであろう。

出典[編集]

  1. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』12頁。
  2. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』200頁。
  3. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』49頁。
  4. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』279-280頁。
  5. ^ 谷口幸男「スノリ『エッダ』「詩語法」訳注」『広島大学文学部紀要』第43巻No.特輯号3、1983年、23頁。
  6. ^ 『北欧神話』(菅原邦城著、東京書籍、1984年、ISBN 978-4-487-75047-4)で確認できる表記。
  7. ^ 『デンマーク人の事績』(谷口)で確認できる表記。
  8. ^ 『デンマーク人の事績』95-110頁。(第三の書4章)

参考文献[編集]